掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年05月29日
続・しらけ餅音頭・誕生・秘話
さあて・・・

 そう、曲はできた。
  おいらにしては、いつになく、マトモなものが、できた。

 この、ヘンな自信が、おいらの命取り、または、行動力の原点。

で・・・・
 SBC 長野県がだめなら・・・
  ようし、BSN 新潟県に、売り込め!!!
   って、勝手に、決めた。

さあ、ここからだ。
 企画書 作んないと・・・
  なんて、おいらは、やらねえんだ。

即、手紙を、書いた。
 相手は、BSNラジオ
  看板番組の ミュージック・ポストの
   当時の美人のアシスタント・・・

あのさあ・・・ 新潟美人たって、そんなに、あっちこっちに、
 いないんだよ。
  新潟県生まれのおいらが言うんだから、まちがいない。
   古町通りなんか、何も、おきずに、歩いてしまう。
    どこかのコマーシャルにあった、振り返ってみるなんせことは、ねえの!!!

あっ、いけね。 また、横道に、いっちまったな。

その、ミュージック・ポストってのは、
 BSNラジオの看板番組で・・・
  パーソナリティーは、大倉修吾・じじ
なんと、おいらの生まれた、五泉市生まれのじじ。
 で、特に、おいらが聞いていても、ときどき、わかんなくなっちまう、
  新潟弁・五泉弁で、しょっかねえ!で、そのまんま、放送するんだよ。
 下ネタ大好きだから、格調高いんだか、低いんだか、
   ぜんぜん、わっかんねえ、人情味あふれる、いや、
     溢れすぎなパーソナリティーなんだ。

それに引きかえ、われらが、SBCの武田徹パーソナリティーは、早稲田のハイ・ソサエティー・・・
 ぜんぜん、こっちも、違うんだよ。

だから、おいら、この長野と新潟の対極のパーソナリティーさまたちを、
 相手に、もの考えていると、へんになっちまう!!

で、どこまで、せったか、せうと・・・
 せったせうんか、せわねせうんか、せったか、せわねか、せってみろー???
 ???これ、長野の早口言葉???

あっ、そうだ、アシスタントに、手紙!!
 そうだ、おいらは、あろうことか、
  米の本場の新潟に、長野県の幻の米売り込んだのだ。
 ・・・ で、しらけ餅の元締め、上伊那農民組合の組合長さんが、
  ラジオ出演することになった。
 もちろん、しらけ餅音頭も、流れることになった。

 キャッチ・フレーズ
 アハハ、歌詞の中にあった。
  そうそう、朱鷺だ。
   朱鷺のような絶滅寸前の米!せーい。


   朱鷺のような米だから、幻になるかも
    絶滅寸前もう一歩、みんなで助けてよ
      朱鷺には、無力のあなたでも、
        こんどは、大丈夫
     あなたがおいしく食べるだけ、
          おいしく食べるだけ


で、万事、うまくいって、いざ、放送。
 しかし、ここで、おいらの予想もしなかったことが、おきた。
  ・・・それは、話し好きの爺どもの話が、はずみすぎて、
   おいらのしらけ餅音頭が、かかんなかったんだ!

えっ、って、いうことは、BSN 新潟でも、不発弾。


あれから、8年!!!
 しらけ餅は、このあたりのスーパー、みやげ物店、
  産直店など、どこにでも見るほど、ポピュラーになった。 http://www.janis.or.jp/users/miijima/
  また、朱鷺も、テレビ・ニュースのとおり。

   ・・・ってことは、まだ、陽の目をみねえのは、
      おいらの歌だけじゃん・・・ トホホ



だから、これが、本当に、世界・初公開!

じゃ、しみじみ聴いてください!
 絶滅寸前・音頭???

http://www.voiceblog.jp/papageno/578114.html 



にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。ほら吹きブログじゃ、だめかな?


[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 06:47 | 歌手 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月27日
しらけ餅音頭・誕生・秘話
なんで、おいらが、しらけ餅なんだあ?って、
 思っている人も、多いと思うので、
  ここに、誕生・秘話を、書いてみるよ。

そして、ある意味、これから、歌手をめざしている人の
 参考にでもなれば、おじさんは、うれしい。

まず、おいらとしらけ餅には、接着剤が必要。
 で、その、接着剤は、誰あろう・・・
  あの、SBCラジオのつれづれ散歩道の
   武田徹さんだ。

で、もどること、10数年。
 武田さんの講演会が、伊那市の合同庁舎で、あった。
  おいらは、聞きに行ったのだ。
   ・・・で、話が、つまらなければ、そのまんま、
    帰ってくるつもりで、いた。
 が!
  おもしろかったんだ。
   おいら、いつも、書いているけれど、
    ただの評論家みたいな人って、大嫌い!
 で、彼の息子と行った、アフリカの旅を、
  聞いた後、おいらは、しゃにむに、突撃!

 ふところに、隠し持っていた、ナイフ???
  その直前に、新潟の友人と、
   宮田のパブリック・レコードで、
     600枚ほど、作ったばかりの、
  おいらのCD 「溢歓自在」 を、みやげに・・・
     こんななもの、みやげ???
       まあ、いいや、・・・
    とにかく、強引に、手渡したってわけ。

 その後、そのころ、彼のやっていた、
  SBCラジオ「中年どまんなか」に、
    1996年01月14日の木曜日、
  出演することになり、おいらは、出かけていった。

 おいら、初めて、SBCの中、
  しかも、あこがれの Gスタジオに、入った。
   この番組、リクエスト曲とか、いろいろ、
    かかるのだが、・・・
 曲の流れている間の、舞台裏の会話。

 今日は、ヘンな曲ばかり、かかるねえー。
 なにしろ、琴でやった、ヴィヴァルデイの四季とか、
  オリンピックのファンファーレだとか・・・

 それを、聞いていたおいら、
  ???あげくの果てに、おいらの迷曲集???
        CD 「溢歓自在」
   まずい、とんでもねえもの、もってきちゃった!
    ・・・って、思ったが、あとの祭り。
 武田さんに・・・ おそるおそる、大丈夫???
  って、聞いたら、笑っていた!

 で、好き勝手、話して、ついでに、オーディオの
  話なんかもして、長野県にも、こんな馬鹿が、
   いるんだと、めいっぱいアピールして、
    番組は、あっという間に、終了。

そのあと、どれくらい、たってからか
 武田さんから、電話。
  ・・・ なんでも、伊那に幻の米があって、
   収穫祭を、やるから、おいで!!

 なんだあ?  幻の米?
  なんで、餅なんだとか、思いながら・・・
   おいらは、たまたま、近くに住んでいる、
    武田さんの先輩アナの伊藤満洲夫さんと、
  いや、車のないおいらは、伊藤さんを、
   早い話が、アッシー君に使って・・・出かけた。

 伊那市のますみが丘、鳩吹公園で、
  武田さんに、再会!
   武田さん! うるせえ、年寄り連れてきたぜえ
     って、伊藤さんを、逢わせて・・・
 それから、上伊那農民組合の面々、そして、
  他のお客さんたちと、出逢った。
   たしか、亀まんの平澤さんも、いたよ。

 で、収穫祭だから、しらけもち米の稲を、稲刈り。
  そして、餅つき、
   ・・・ その時、食べたあんころ餅は、本当に、
    うまかった。
  田楽座の南京玉すだれなんかも、見た。

  青い空に、白い雲・・・ 最高の伊那晴れ。

 そして、一週間、ほどしたときだ。
  おいらの中で、いっぺんに、このしらけ餅音頭が、
   できた。

 さっそく、SBCに送ったんだけれど・・・
   たぶん、しらけ餅ばっかり、
    放送するわけにもいかないんだろうし、
  きっと、おいらみたいな、へたくそのやつの曲
   またまた、流したら・・・
    俺の、私のと、他の地元の連中が、
      押しよせるだろうから・・・  か、
  この曲、未だに、SBCから、流れていない。

  そうだ、しらけ餅音頭は、長野県では、
   不発弾!
    いや、発表すら、してなかったんだ。

 ・・・ さあて、このまんまじゃ、おさまらない
       おいらの武勇伝は、後半に・・・ 

   こう、ご期待!!!

じゃ、しみじみ聴いてください!
 絶滅寸前・音頭???

http://www.voiceblog.jp/papageno/578114.html 



にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。ほら吹きブログじゃ、だめかな?


[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 09:24 | 歌手 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月25日
長野県から全世界へ・おいらの世界デビュー・成功??? 
おいらの世界デビュー・成功???

長野は雪、他、たくさん、聴いて!
 LP一枚分、自作曲、載せたよ!

ケロログに、おいらの幻の名作、
 長野は雪 他、投稿した。

わさび田のパパゲーノ・作曲。
 リンクに、登録した以下のアドレスから。

56歳の歌手・世界デビュー 
http://www.voiceblog.jp/papageno/


56歳歌手世界デビュー

今のままじゃ、遺作集にもならない。
 だって、どこにも、発表してない曲ばかり。
おいら、楽譜書くのも嫌いだし、
 うーん、何かないものかなあ?  って
思っていたところに・・・ あったよ、ケロログ。

そのまんま、投稿するだけで、いい。 
そして、それは、そのまんま、世界デビュー。
アメリカのおじさん。
 スウェーデンの、メル友。 
 そして、海外の多くの友達に、 
 
 届け!おいらの歌のメッセージ。


  
  さあて、おいらの次の、ホラ吹き。
   実は、おいらの頭の中に、あと、200曲以上。

  なかには、交響曲・南アルプスとか、
   ヴァイオリン・協奏曲、
    JAZZのヴォーカル など、
     なんでも、そのまんま、存在。

  それを、ひきずりおろしてこないと!!!


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。ほら吹きブログじゃ、だめかな?


[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 08:35 | 歌手 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年05月20日
おいらの世界デビュー??? しらけ餅音頭、お聴きください。
ケロログに、おいらの幻の名作、
 しらけ餅音頭、投稿しました。

わさび田のパパゲーノ・作詞・作曲・歌です。
 お気に入りに、登録した以下のアドレスから。
 
http://www.voiceblog.jp/papageno/

白毛もち音頭

 1/ 白毛もち、食べたいな! とっても、食べたいな
     1000年以来、上伊那に、伝わるもちだから。
      農民組合のみなさまが、汗して育てた!
       幻のお米で、作ったもちだから。

 2/ 伊那の「グルメ」の名物は みんなが、知っている
     元祖 萬里の「ローメン」と 高遠の「亀まん」さーぁ
      そこに強敵、「白毛もち」、われらの「白毛もち」
       「はちのこ」、「ざざむし」、「いなご」だと-ぉ
        そんなものばっかし、じゃ、ねい。

 3/ 白毛もち、ころがしたぁ、「あんころもち」は、ねーぇ
     ふっくり、ほっくり、やわらかい、故郷の味なのーぉ
      あんまぁり、甘くって、うれしくって、いつしかぁ、あなたにーぃ
       あたしも、ころころ、甘えてたーぁ、
            あん!あん!!甘えてたーぁ!

 4/ 伊那の名物、くるみもち、香りの、くるみもち
     いちど、食べてみてごらん、ほっぺたが、おっちゃった
      遠く見守る「仙丈」も、やさしく、笑っている
       「井月さん」も食べたかな そんな「句」あったかなーぁ。

 5/ おれの代で、絶やしたら、じいさまに、すまねえなあ。
     先祖が残した宝物、1000年の宝物
      白い毛でひょろながく ちょっと作りにくいけど
       いついつまでも、守るんだー、白毛のもち米をー

 6/ 白毛もち米、実ったよ、おいらの、たんぼにー
     豊年満作、めでたいな、天の、贈り物
      鎌の切れ味、素晴らしく、あなたと、見交わす
       青い空に、駒ヶ岳、どっしり、構えてる。

 7/ 雪のように白い肌、あなたが、噛んだから
   あなたの歯のあと、くっついて、しっかり、くっついて
    勘違いしないでねーぇ、あなたも悪い人
     白毛餅のことなのにーぃ・・・
       白毛餅のことーぉ 

   さあて、これで、どうだ!!!!??

 8/ 朱鷺のような米だから、幻になるかも
    絶滅寸前もう一歩、みんなで助けてよ
      朱鷺には、無力のあなたでも、
        こんどは、大丈夫
    あなたがおいしく食べるだけ、
          おいしく食べるだけ


 今、白毛餅は、みごとに復活し、
  このあたりのみやげ物店・スーパー
   どこででも、見るようになりました。

 おいらのこの歌は、今だに、お蔵入り。
   絶滅寸前もう一歩、みんなで助けてよ。
    でも、 まあ、いいか。




にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。ほら吹きブログじゃ、だめかな?


[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 20:01 | 作曲 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

わさび田のパパゲーノの商売のコツ???
ここには、なんでもあるわけではない。

 レコードにしろ、オーディオにしろ、おいらの好きなものしかない。

 オーディオ屋始めた時は、レコードやってなかった。

そりゃー、そうさあ・・・

 みんなが、てんで、われわれに、欲しがるものなんか、
 始めてみろ???
  収拾が、つかなくなる。

だから、レコード提供するのが、すごく、抵抗があった。

 しかし・・・

  あっちのたとえば、甲斐の国をぬけて、
   江戸までいった、やからが、売ってイねえから、

 おいらのかけているようなやつ、よこせ!!!

  で、しかたなく、そう、しかたなく、
   レコードも、提供することにした。

 だから、おいら、強いんだ。
   えっ、なにが・・・

   アハハ、殿様バッタ・・・ いや、商売。

買えるもんなら、買ってみろ!!!
 最近は、もう、静かに、見ている。

  今、手に持った、その横に、いいのがある・・・
   なんて、ぜったい、いわねえ事にした。

商売のコツ教えるよ。
 おいらより、あたまのいいやつを、仕入先にして、
  おいらより、あたまのいいやつを、客にする。
    それだけ。

 値段 ・・・ そんなもの、客につけさせろ。

 あとは、勝手に、まわる。

  基本的に、いいレコードしか、来ないから、
   店主は、バカでいい。 15点でいい。

 月・火・水休み で、ほとんど、働かない。

  働かなくっていいように、仕事しないと・・・

 たとえば、品質管理部なんて組織が、
  どこの会社にも、あると思う。

 おいらにいわせりゃー、
  そのセクションの仕事は、そのセクションを、
   なくすことなんだ。

 設計や、技術が、へんなもの、設計して、
  アホな工場が、不良、山ほど作るから、
   頭、下げに行かなきゃー、なんねえの!!!

 しかしだよ。
  いいものしか、できなくすりゃー、
   そんなセクション、いらないの。

 おいら、日本中、こんないらない組織が、
  組織の存続のための、仕事ばかり、
   しているような気がしてなんねえぞ。

 今は、いくらか、良くなったかも知れないが、
  とくに、官公庁とか、JR、郵便局、ひどかったな。

 えばってんだもの!!!
  客が行くと、なにしに来たの???
   私の仕事、増やさないでよ って、
    言いはしないものの、おいらにゃー、
     そんなふうに、見えた。

  まあ、いいや、横道は、これぐらいで・・・

ちなみに、おいらのところじゃー、
 アメリカなどから、荷物が届く。
 
 日本とちがって、やさしくなんか、運ばれてこない。
  だいたい、アメリカでるときには、立方体だった
   ・・・ らしい、箱が・・・
   おいらのところに来た時には、
    サッカー・ボールのように、なってくる。

そう、かの国の、運送屋は、ぶんなげるのだ。

  ・・・ ってことは、運ぶだけでなく、
    衝撃試験が、オプションで、タダで、付いている。

だから、ここにきて、そのまま、動くやつは、
 たいがい、長持ちするんだよ。

 おかげで、おいら、品質保証がらく。

  車が、ないから、納品に、行ったこともないし、
   客先に、行ったこともない。

 おいらの常連客たちが、どこに住んでいるかも、知らない。

 しかし、たいがい、木曜日に、顔を出してくれる。
  理由、 休み明けだから、
   なにか、はいっているからさ。



最近、アホなことばかり、書いていたら、
 ベーコンに、ぬかれちまった・・・
  今日のも、減点候補かあ・・・????

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、
 上のバナーのクリックを、お願いいたします。  

[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 07:10 | オーディオ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年05月18日
わさび田のパパゲーノの音楽蜘蛛の糸???
音楽難民!救済しなきゃ!

世界には、国家、食料いろいろな理由で
難民となっている人々がいます。

日本では、そこまでは行きませんが、仕事がなく
ホームレスになっている人もいる。

こうした、現実の目に見える国や職を求める難民の他に

おいらには、実は、わかりやすくたとえて言えば
ちょっと、表現が、
適切ではないかもしれないが、
心の難民のような人、すなわち、音楽生活の難民のような人が、
たくさんいることが、気懸かりだ。

そして、こちらは、自覚症状のない人のほうが圧倒的に多い!
 というわけで、余計なおせっかいと思う人も、
  いるかもしれないけれど。

実は、おいらが、音楽難民!だった。
日本にいて、社会にいて、だからこそ
おいらも、音楽の難民だった!

毎日 夜10時や、11時まで働くサラリーマン生活!
レコードは、買えても、片面30分の
そのレコードを聴く時間が、まったくとれなかった!

レコードを、聴くためには、どうしたって時間が必要!

一日に、10時間以上働いて、2〜3時間の通勤
働くだけで、自分の時間のない生活!


心の時代、精神生活などといわれる時代に
まったく、文化的生活が、したくともできない状態だった。

音楽を聴こうとするエネルギーがあるのに、
聴けないっていうのは、苦痛だった!

そんな生活から、どうにかして、音楽が聴ける生活をしたい!
って、いつしか思うようになった。

仕事をして、ただ、働いて、お金をもらうことだけが
人生の目的ではない!って
思うようになった。

本によれば、縄文人、ブッシュマン、インディアンたちの
ほうが、よっぽど、時間があったらしい。

あるとき、白人が、インディアンに働け!って
言ったらしい!

しかし、彼らの答えは、NO

あたりまえだ!
一週間のうち、皆が食べられるだけの食料を、狩などで
必要量だけ、集めてくればいいのだから。
現代人のように、のべつまくなしに働く必要がないのだ。

どうして、こんなにも、自分の時間のない生活に
なっちまったんだろう?

長野高専を卒業したおいらが、就職し
手にしたのは、水晶腕時計を、安く大量に作ることだった。

初めは、32万円とか、16万円した腕時計が、いつしか
100円ショップで、全部、買えるようになった!
これってすなわち、仕事をした結果、自分たちの利益分まで
食いつぶす結果となったのだ!

しかし、時間は、逆戻りしない!
今さら、機械時計には、戻れないのだ!

今!たたいているコンピューターなんかも、そうだ!
毎年、新技術が、導入され、高機能になって、低コストになる!
これって、仕事量が増えて、利益が減ることを意味し、
仕事を、すればするほど、さらに忙しさを加速することになる!

このように、もう、止まらない列車に、集団で
乗り込んでいるようなものなのだ!

そんな、からくりから逃れないことには、音楽は、聴けない!

音楽難民!からの脱出

音楽が聴ける生活を、求めたおいらには、
ひとつの道しかなかった。

そう、列車から、降りることである!

こうして、20年間のサラリーマン生活を、卒業した。


音楽を聴くための準備 
    レコードに針をおろす前に!

モーツァルトの音楽を聴くには?
音楽を聴くには!
とにかく、聴こうとする気持ちがないことには始まらない!

しかし、あわただしい毎日に慣れていると、なかなか、
心が切り替わらないもの。

心を少し止めて!
座禅でも、組みに行きましょうか?
それとも、旅にでも
そして、音楽の世界への旅を、めざそうか?

とにかく、音楽が聴きたい一心から、すべてが始まる!

とは、言っても
たくさん、百科事典的に聴いていたら良いって世界でもない!
とにかく、のべつまくなしに、音楽を聴こうってのではない。

音楽は、ちまたに、たくさんあふれているが、
そんな中から、どう、音楽を選んでいくか?
どう、未知との音楽に、出逢っていくか?
自分のための名曲探しの旅に出かけたい!

音楽を聴こうとしても、すぐ、何かに気が散ってしまったら
結局、聴いていない!
そこで、音楽に、集中する心構えも重要だ!


車を廃車にしたら!

極端に言ったら、
歩く速さで音楽を求めることも必要ではないか?

一度、車に乗っていた人間が、車を捨てることの意味!
車を、捨てるくらいの余裕が心の中にないと?

また、聴きすぎてもダメだから、音楽を聴くために
適当な 「飢えた状態」 をつくることも必要か!

たとえば、ここの場合だと、レコードがたくさんあるから
どうしても、聴きすぎてしまう!

これは、食べ物にも、言えることだろうが
いつも、満腹状態では、どんなにうまいものも、おいしくなくなる。

結局は、一曲を、聴き取るための、心の準備が欲しい!

一服のお茶を、もてなすための準備が、必要なように
ただ、針をおろせば、レコードが鳴りだしてしまう便利さに、
覚悟が、大切だと思うのだ。

そんなことを書いていたら?

なんと、自分自体が、風邪をひいてしまった!
おとといと、昨日、起き上がれなかった!

あーあ、このまま、不治の病で、死んでしまうんじゃないか?
なんて思ったとたんに・・・
普段、なにげなく、使っている時間が、惜しくなった!

今まで、これだけしかやっていないじゃないか!
そう思ったとたんに、時間が、夢が、望みが
いっぺんに、襲ってきた。(@_@)

あっそうか!
音楽なんかも、健康で、なんでもない時は、
こんなにも、せつなげに、聴きたいとは思わないけれど
いざ、もう、この時しかない!って感じたら

そう、絶望とか、失恋とか、もう、消えてしまいたいとか
そんなふうに思った時に、
いっぺんに、その価値を、示してくるものなのだ。

もう、時間がない!
そんな時に、かけていたい曲は、なんだろう?

オーディオとレコードを、提供しているのが
おいらの仕事だから・・・
そんな自分の、本当のリクエストに、答えることって!

そして、ハッと思った!
失礼ながら、みなさま、絶望してください!って

音楽が必要な時

就職した時、結婚した時、家を建てた時
子供が生まれた時、何かの記念日
そして、自分で音楽に目覚めた時

音楽室を、創りましょう!

自分ひとりで、集中できるスペース!
もちろん、家族と一緒でもいいのだけれど、音楽を聴くという
個人の趣味を、まっとうするには、どうしても
自分だけの部屋が、必要だ。

みんなが、車を一台づつ、持っているように
音楽室を、一部屋づつ、所有したい!

車を何台も持っていたって・・・
どんなに立派な家があったって・・・
音楽のひとつも流れてこないんじゃ、さびしいなあ。(>_<)

レコードを探す旅
オーディオシステム選び
音楽室づくり、書斎、自分の城
     
現実に提供しているお薦めは!  
 モーツァルトを聴くためのオーディオ・システム

 あと、鈴木鎮一さんの本
  愛に生きる・才能はうまれつきでない は、
   おいらの心の励まし。

 よかったら、あなたも、読んでみて。
[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 20:08 | 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

風変わりな子供 それは、誰?
風変わりな子供

夕方になっても帰ってこないアル!を心配して
探していたお母さんは、
鳥小屋の中でガチョウの卵をあたためている
アルを見つけました。

(お母さん) アル!何をしているの? (英語で)

(アル) うん、卵をかえしているんだよ!

???

また、アルは、周囲の人々にいろいろな なぜ? を
あびせかけて、困らせていました!

たとえば
なぜ? 皿は落とすと割れるの?
なぜ? 木の船は沈まないの?
なぜ? トンボの目は頭の上にあるの?
なぜ?
なぜ?
???

周囲の人々は、アルは頭がでっかいから
あんなへんな質問ばかりするのだろうって言いました!
みなから、バカよばわりされて
学校の先生にさえ、サジをなげられてしまうアル!

しかし、アルのお母さんだけは、そんなアルを

いいえ、あの子は何でも考えてみることと
自分でためしてみることが好きなのですよ。
あの子は、かしこい子です!

って、かばいました。

この風変わりな子供、アルこそ、のちの発明王!(特許取得1000件)

トーマス・アルバ・エジソン です。



 蓄音機・レコードは誰の発明?

その、エジソンの発明の中でも、今のおいらたちにとって
なくてはならないものが、音を記録する装置の発明だ。

音声、楽器の音、音楽が再生できる大発明!
だって、BASIC AUDIOの原点!
アナログ・レコードのルーツであるわけだから!

かりにだよ!
もし、エジソンのお母さんまでもが、
みんなの仲間入りをしてエジソンの生きる希望を
失わせていたならば、みにくいアヒルの子のままで、
最悪、今ごろ、まだ、なかったかもしれないからね。(>_<)

形は違っていても、フロッピーディスクや、CD等の
記憶装置の原点でもアル。 §^。^§

それでは、我々も、そんな原点に行ってみよう。 §^。^§
おいらたちも、アルになってしまうんだ!
だーれ、すでに、アル中だって人!(@_@)
そんな人は、おいて行くよ〜 (-_-メ)


さあて!音の記録

音楽は、演奏されて、すぐ、消えていってしまう。
えっ、そんな音をどう記録すればいいんだろう?

我々は、すでに発明されているものを知っているから
とっても簡単そうに思えることなんだけど
まだ、そういうものが身近になかったときに
そのことを、考えたのだから、すごい。

普通だったら、思いもしないことだったろう!

しかし、たった100年ちょっと前の1877年なんだから!
人類の長い歴史の中では、まばたきするくらいの時間でしかない。

原理は、音が振動だということ。
空気中を伝わる振動だということ。
だから、移動する板の上に、針で音を刻みつければ良い!
現物は円筒のロウ管を回転させている。

おかげで、ブラームスの肉声が今!聞ける。

時代は流れても、基本的な原理はこれだ。

もちろん、たくさんの、応用技術で進歩して今に至る!

*     *     *

円筒では複製が難しかったから、円盤にして
量産化できるようにしたのは、ベルリナーだ。

オープン・テープの頃から、テープ・レコーダーも使っているけど
レコードは、一発で、どの場所でも頭だしができるけれど
テープは、その場所まで、送るしかない。

[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 19:46 | レコード | コメント(0) | トラックバック(0) ]

おいらの15点人生。
なんとも、情けないタイトルであるが、事実だから、
 ごまかしようがない。

 とにかく、なさけないほど、社会性が、ないんだ、おいら。

一番、だめなのは、一週間後に、テストあるのが、
 わかっていても、
  なにも、しないんだから。
   当然、15点なわけ。

 ここに、同級生と、ホームページ上で、
  現在、同級会やっているんだけれど、
   そこの掲示板にのせた、やりとり。

1/いとしの15点!

●わさび田のパパゲーノ    題名:「15点の真相」 

「試験用紙を、前にして、・・・以下の、よたごと、考えてたのさ。」
「なんで、今、試験受けてんだろうかなあ。/
 なんで、今、やらなきゃいけないのかなあ。/
 なんで、おいら、今、ここにいるんだろう。」
・・・なんて、本、一冊分、考えちゃったんだ。
先生、この、消えていった「思考した分」採点してくんないかなあ。・・・
 だども、黒々書いて、15点のやつと、いっしょにしてほしくないなあ。
おいらんのは、だるまさんの、15点。
  ・・・真相究明シリーズ・・・そこでは、何が、起こっていたか。

 あろうことか、山のはずれた、1時間。
  おいら、だるまさんの絵描くか、
   作曲していたんだな。
    暇で・・・

 だから、試験って、その時点のおいらには、
  なんだったんだろう????

で、一番、言いたいのは・・・
 いいじゃん、一週間後のテスト、15点だって、
  そんなおいらだって、
   16年もやれば、オーディオ・レコード店が、
    できるってこと。

 音楽の世界じゃ、指揮者の60なんて、
  ひよっこ だって。

だから、あんまり、はげましにはなんねえけれど・・・
 劣等生の諸君。
  諸君たちは、学校では、劣等生でも、
   おいらの強力な予備軍である。

そうだ、今の世の中、進学校でて、優秀でも、
 おいらの目からみたら、MOZARTもまともに、
  聴いていない、音楽野蛮人ばかり・・・

そうか、おいらは、醜いアヒルの子だった。
 で・・・ 今は、白鳥さあ。

  だから、再び、言う。

 そう、ただひたすら、わが道を、行こう!!!

  夢を見よう、夢を追おう!!!





にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、
 上のバナーのクリックを、お願いいたします。  

[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 08:12 | 才能教育 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月17日
700万円のオーディオシステム
700万円のオーディオシステム

同じようなものが、オーディオとなるととたんに高くなる。
 アンプ一台、何100万円なんてのは、ザラ。

 しかしねえ、部品代、計算したって、いくらでもない。
  不思議。

かくいうおいらも、ヴィンテージではあるが、
 EMT JENSEN MCINTOSH など、
  700万円のオーディオシステムを、提供している。
 この店を、始めた頃に売っていたものは、
  だいたい、200〜 300万円のものだった。

だけれど、これだと、本当に、買える人が限られる。
 だって、オーディオ買ってしまったら、
  レコードを、買う分が残らない。

それじゃ、車は買ったがいいが、ガソリンが買えないのと
 いっしょ。

おいらが、オーディオ店を、16年間、やった成果は、
 100万円もあれば、まともな音楽を聴ける
  システムを、届けられるようになった ということ。

これは、大きい。
 多いに、感謝してもらっている。

オーディオは、泥沼だというけれど、
 本当は、選ぶ 目 さえあれば、そんなことはない。

不幸にして、泥沼となった例は、以下のページ。
http://www.sky.sannet.ne.jp/basic-audio/newpage80.htm



にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、
 上のバナーのクリックを、お願いいたします。  

[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 17:28 | オーディオ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

モーツァルトの青春 交響曲29番イ長調
モーツァルトの青春 交響曲29番イ長調

 この曲、さりげなく、小さな音で、部屋に、流しておいてください。
  きっと、へたくそな、カーテンの交換より、いいと思う。

 子供の心が、やさしくなる。
  おとなたちだって、ほっとする。
   料理は、うまく感じる。
    ワインは、ひときは・・・

 顔つきが、大黒様のように、にこやかになる・・・
   
   はずである・・・

    保証は、しませんが。


交響曲29番イ長調 
    春霞に香る青春の息吹!

モーツァルトの青春

青春のいぶきに溢れた、春霞のただようような曲。
 モーツァルトのイ長調の曲は、ほとんど好きだ。
  クラリネット5重奏曲、クラリネット協奏曲
   ピアノ協奏曲23番・・・などなど。
交響曲29番イ長調K.201は、そんな中でも
 特に好きだ。
  いつも聴いているのは、マリナー・アカデミーのアーゴ盤。
   あとの、フィリップスの入れ直しでは、はつらつさがない。
    青春の、真っ只中のように、生き生きしている。
 春霞の中の、南アルプス仙丈ヶ岳、中央アルプス。
  光の帯のような天龍川・・・桜も近い。(^_-)

今までに、何枚!買ったのだろう?
いろんな指揮者、演奏団体で!
カザルス、ワルター、フリッチャイ、クレンペラー
ペーター・マーク、バーンスタイン、などなど

学校を卒業して、社会人として、世界に
とび出した頃に、聴いていた。
おいらの人生のBGMの大切な一曲。

おいらのオーディオ・ルーム、
 ここ、オーディオ店の、とっておきの、必殺仕事盤。
  ・・・あっ、いけね。 また、企業秘密が・・・


交響曲29番イ長調

この曲は、本当に、春霞のように、淡い曲!
とっても、演奏が、むずかしいんではないだろうか?
ちょっとでも、おそく、重々しくしたら
まったく、かろやかさが、消えてしまう!
はつらつとして、若々しく!

そんなレコードを、再生するための
オーディオシステムも大切だ!
デリケートかつダイナミックで、音楽の表情を
みごとに、再生するだけの実力のあるシステム!

能率100dbを、超えるような、繊細かつ
ダイナミックなスピーカーを、良質なアンプで、動作!
プレーヤーにも、とことん、こだわろう!
そんなオーディオシステムを、めいっぱい調整して
美しいモーツァルトのしなやかさを、再現したい。

[ 投稿者:わさび田のパパゲーノ at 13:12 | 音楽 MOZART | コメント(0) | トラックバック(0) ]