掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2013年01月26日
仕事内容は高収入に比例するか?
よくうまい話に裏があるといいます

それと同じように高収入の裏には重労働

そんな話もよく聞きます


あながち間違ってもいませんが

それが当てはまらない職業ももちろんあります


例えば不労収益なんかは

働かずしてお金が手に入るという在宅ワークです

まああまりまっとうな稼ぎ方ではありませんが…


ほかにはトラックドライバー助手なんてのもありますね

これはトラックの運転手が車を離れる際に

留守番的な役割で車に残る仕事です

時給1200円と結構高時給なんですが

留守番の時間以外は寝ててもいいという

なんとも気楽でのんびりとした仕事なんですね



このように重労働でなくても

高収入になれる職業はいくつか存在します

女性向けの仕事ならば見学レディなどになりますね

これは文字通り見てるだけという仕事ですし


世の中には探せば不思議な高時給バイトが

けっこうあったりするんですよ
[ 投稿者:トット at 18:48 | お仕事雑談 ]

2013年01月10日
訪問介護女性スタッフの体験談
最近は求人誌を開いても

介護職や歯科医師業など医療・介護が熱いですね

というわけで今回はホームヘルパーの体験談です


大阪市在住訪問介護員の女性Hさん(40代)の体験談です



お年寄りで変わる仕事環境


私はホームヘルパーの資格を20歳の時に取得して

それから20数年間ずっと介護職を続けています

その間かなりの数のお年寄りのお宅を訪問しましたが

皆様共通して言えることは寂しそうということでした

家族がいても誰も顔を出してこない家も珍しくありませんし

食事の用意がしてあっても冷めたままだったり…

見かねて簡単なお料理を作るととても喜ばれた事があり

なんとなく時代といいますか、こちらまで寂しい思いになりました


また、お年寄りは慎ましい生活をされている方が多いので

真夏でもクーラーを付けなかったり

掃除機が古く、非常に重いタイプだったりと

便利な生活に慣れた人間だと少々辛いと思うことも多かったですね


とはいえ、それ以上に

お年寄りの笑顔や感謝の気持ちをいただけることが

働きがいとなり、明日も頑張ろう!という気持ちを抱くことができ

現在も仕事を続けることができてるのだと思います



最後に、この仕事は腰痛持ちの方だと

少々きついものがありますからご注意ください



-----------

最後はほっこりするお話でしたね

介護というのは人のお世話をする仕事

それはつまり、感謝してもらえる仕事ということです


喜ばれるのが好きな方には

ピッタリの仕事ではないでしょうか?
[ 投稿者:トット at 18:16 | 女性の職業体験談 ]

2013年01月04日
短期サクラバイト男性の体験談
今回はちょっと変わった仕事の従事した男性の体験談です

なんか世間の裏側って感じですね〜


心斎橋在住の男性Gさん(10代)の体験談です



試食するだけでお金が…

これははじめ求人を見つけたときびっくりしました

まさか本当にこんな求人があるなんて、と思ったんです


というのも、それはデパートなどの試食販売で

おいしそうに商品を食べて購入するという仕事

一応「エキストラ」という名目で募集されてましたが

あれはどう考えても

「サクラ」だったのではないかと思うのです…


商品を購入する時はプリペイドカードや商品代金を渡されるので

出費などはほとんどありませんが

やっぱり良心が痛むというか、あまりやりたくないですね


でもほかのバイトさんはベテランの方が多く

「こんなんで稼げるなんてラッキーだよ」と

割り切ってる人が多かったように思います



-----------

いやーブラックですね

昔某ファストフード店でも同様の疑惑が出て騒ぎになりましたが

もしかしたら飲食業では定番なのかもしれません
[ 投稿者:トット at 12:57 | 男性の職業体験談 ]

2012年12月28日
男性と女性の仕事
以前にも同じ内容の記事を

更新しているかもしれません



男性と女性では性別による

仕事の考え方が異なるものです



男性は自分を中心に誰が上で下なのか

ということを意識して人付き合いを

行います



つまり立場や序列を

優先しがちといえます



女性の場合、自分を中心とした、

心理的な意識をする傾向に

あるようですね



子どもを育てるために、

家庭を守ろうとする心理状況から、

仕事に求めるものは、

居心地の良さなどの

雰囲気を重視しています



仕事の内容によって、

男性的な仕事の見方や

女性の見方をした方がいい場面

というのも確実にあると思います



居心地の悪い仕事場であっても、

他の面でモチベーションが

上がるようなことを見出すことができれば、

長期の勤務にも向きますしね
[ 投稿者:トット at 19:40 | お仕事雑談 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年12月20日
高収入だという噂のナイトワークの求人
よく街中などで見かけることの多い、

ナイトワークの求人情報ですが、

どれも高収入なものばかりだと思います



今日はそのお話を少ししましょう


多くは、女性の求人になります



その魅力はなんと言っても

高収入だということではないでしょうか



OLなどで働く一ヶ月のお給料とは

比較にならないほどに稼ぐことができますよ




大阪キタの梅田は高時給なバイトなどの募集をしており、

非常に人気が高いお仕事の一つとなっています



特に人気の高いものは、

ソフトワークと呼ばれるオシゴトですね



ナイトワークの中でも最近できた業種のようです



女の子の負担が少なく、

日給保証や個室待機がある

ことからも有名みたいですね



夜の仕事ということで、

抵抗を感じることが多いかもしれませんが、

世間の意識も変わってきている

ということでしょうか

[ 投稿者:トット at 17:50 | お仕事雑談 ]

2012年12月15日
面接の時、社員さんの性別でチェックが変わる?
最近はいつの季節も就職活動が盛んにさえ思われますが

ここでひとつ、就活の時の社員さんのチェックポイントについて

いくつかお話しましょうか


さて、販売業やオフィス業問わず面接の場合は

社員さんや管理職の方が面接を行います

その時にその方の性別で

多少見るところが違うことがあるんですね

もちろん全部そうだと言い切れるわけではないですが

まあ簡単な目安程度に思ってくださいね^^


まず女性の場合、あまり濃い化粧や

ブランドもののハンドバッグ、スーツは好まれません

特に社員と応募者が同性だった場合、時折火花が散ることも…

嘘のような話ですが、あります・・;

あと男性社員の場合は

香水など香りのきついものが苦手という方が多いです

お化粧品でもこすぎると匂いがきつくなってしまうので

これもまたマイナス要素となってしまいます><

ナチュラルメイク、無香料を心がけましょう


また、応募者が男性の場合は清潔感を重視しましょう

髭などはきりんと剃り、洗顔のあとは

メンズ化粧水などで肌を整えておきましょう

しかし面接官がお年を召した男性の場合は

あまり小ぎれいすぎると「女々しい」と反感を買うことも…

非常に難しい問題ですが、上記程度では気にされません^^



このように性別、年齢、性格によって変わるポイント…

全てに対応するのは非常に困難を極めますが

きちんと身だしなみを整えておけば

ある程度は状況に合わせられるものですよ^^
[ 投稿者:トット at 15:48 | お仕事雑談 ]

2012年12月10日
ホステスさんの体験談
今回は夜の仕事、水商売の体験談です

なかなか興味深いお話ですねえ


大阪勤務のホステスDさん(20代)の体験談です


お客様の話題についていくには

私は大阪でホステスをはじめて1年ほどになります

はじめは夜の仕事に抵抗はありましたが

借金で家計がどうしようもなくなってしまい

やむなくナイトワークを始めました


しかし、今ではこの仕事を選んでよかったと思います

普通の仕事やアルバイトでは見えない世界を見れて

日々新鮮な体験でいっぱいだからです

おそらく始めの頃より人間的に成長していると思います(笑)


このお仕事ではお客様との会話が大切です

いくら美人でもトーク下手だと指名がもらえず

お茶っぴき(指名が一人も取れないこと)なんてことに…

水商売以外のナイトワークではそういった事態に備えて

日給保証があるようですが私の働くお店ではありません^^;


なのでホステスさんたちは毎日新聞やニュースをチェックし

流行も追いかけて話題についていけるようにしているのです

お客様がポッとお話された事柄もこっそりメモをとるなどして

覚えておき、さりげなく「この前お話してた〜」というような

話題を振ると親密な雰囲気を演出できて人気が出て

指名が増えて高収入…という感じです

こんなトントン拍子にいけば万々歳ですけどね^^



-----------

いや〜実に興味深く、また行けないものを見た気分です(笑)

夜の仕事で働く方々も大変なんですね

女性の高時給アルバイトとして名高いナイトワークですが

やはり高給料をいただくようになるには

それなりの努力が必要なようですね
[ 投稿者:トット at 17:04 | 女性の職業体験談 ]

2012年12月07日
男性ネット監視員の体験談
今回は一風変わったというか、現代的な職業の体験談です

紹介するのは男性ネット監視員(20代)の体験談です


ネット巡回中の雑談

僕はネット掲示板の監視員をやっています

この仕事は違法な書き込みや誹謗中傷がないかを

見て回り、見つけたら削除するという仕事なんですが

スタッフ自体は同じ場所でパソコンとにらめっこをする感じです



ここで面白いのがスタッフ同士の雑談というか、審議ですね

「この書き込みはアウトかどうか?」

「この言い方は見ようによっては…」

「でも親しい仲だったらこれぐらい言うかも…」

最近は言い回しもいろいろありますし、個人の価値観もあります

なのでボーダーラインがだんだん曖昧になってきてるんですね

基本的に個人作業でマニュアルもありますが、やはり

曖昧な時はみんなで頭を寄せ合って考えますね

これが結構白熱したりして面白かったりします
(少々不謹慎ですが…)

とはいえ、見るからにアウトな書き込みももちろんあります

その場合は有無を言わさず削除しますよ


ここで注目すべきは男女の視線の差でしょうか

男性が普通に言うネタも女性からすれば「侮蔑している」

というふうに受け取れますし

女性からの書き込みがあまりにも生々しいと感じる男性もいるなど

本当に性別で普段の生活から違うものなんだなあと

今回の仕事をしていてしみじみ思いましたね…



-----------

今回はお悩み相談ではなく、体験談です>v・

いや〜やっぱり生活様式が違うと色々見方も変わりますよね

女性も男性も、ある点ではお互い知りえない世界がありますし…
[ 投稿者:トット at 18:05 | 男性の職業体験談 ]

2012年12月04日
メイドさん?家政婦さん?
もう漫画でしか見られなくなった女性の職業…

小間使い、召使と様々な名称がありますが

一般的(?)な呼称はやはりメイドさんではないでしょうか

というわけで今回はメイドさんの話です

厳密にはカフェスタッフでしょうか^^;


日本橋の飲食店に女性スタッフとして勤務するEさん(20代)

彼女のお店はいわゆるメイド喫茶と呼ばれるカフェで

ウエイトレスさんはすべてメイド姿で接客し

お客様とじゃんけんをしたりコーヒーを混ぜてあげたり

オムライスにケチャップで字を書くなど

見ているこっちが恥ずかしくなってしまうサービスを行います


この仕事ではメイドさんたちのプロフィールなどもあるのですが

多くは異星人だったり永遠の18歳だったりします(笑)

そういった雰囲気を楽しむお店なのに、

中には野暮な方もいるらしく

本名などをしつこく聞いてくる方がいるんだとか

それが彼女たちの悩みの種なんだそうです


こういった悩みはナイトワークでも見られます

夜の仕事では源氏名と店年齢を公開していますが

やはりここでも本名や実年齢を探る野暮な方がいらっしゃる様子



どちらも女性向け高収入アルバイトとして人気ですが

大変なことも結構あるようですね

しかしそこで人のあしらい方などを覚えたり

コミュニケーションスキルを磨くたくましい女性が多いようです
[ 投稿者:トット at 15:27 | 女性の職業体験談 ]

2012年12月01日
お医者さんは男性?女性?
皆様は一度はお医者さんにかかったことがあると思います

その時、先生が男性か女性かで

診療に対するイメージが変わることはありませんか?



昔は女医さんというのは珍しく、あまり多くありませんでした

それゆえに医者の先生=男性というイメージが

定着していましたが、最近は少々事情が違います


というのも、心療内科など心の病を専門に治療する先生の場合は

男性より女性の方が人気があるそうです

おそらく女性が持っている母性が患者を安心させるのでしょう

事実、ある心療内科には女医さんと男性のお医者さんがいますが

女医さんの方が圧倒的に患者数が多いそうです


とはいえ、男性の先生はいけないとかそういう訳ではありません

どうしても一般的なイメージとして

男性は固く、ぶっきらぼうなイメージがついてまわるもの

特に医療という現場ではそれが誇張されます

また、内科や外科では

聴診器や触診などで衣服を脱ぐこともあり

ここでも女性の先生を望む方が多いようです


柔らかいイメージを持つ女性に診療してもらうことを望むのは

病気で弱った心が安らぎを求めている現れかもしれません
[ 投稿者:トット at 16:24 | お仕事雑談 ]

2012年11月26日
女性向けのお仕事、男性向けのお仕事
世の中には男性向け、女性向けのお仕事があります

性別によって働きぶりが違うとかそういうことは

あまり望ましくありませんが、やはり現実では

多少なりとも差は出てしまいますし、雇用状況によっては

男女で部門、担当が違うことも多々あります


例えばナイトワークの場合、女性は

ホステスやキャスト、コンパニオンなど

サービスのメイン業務のスタッフとして雇用され

男性はボーイ(黒服)やドライバー、店長候補や店長など

店舗スタッフや管理職として雇用されます


就労条件も異なり、女性は自由出勤や個室待機などがありますが

男性の場合は社員雇用、登用される確率が高いため

割とハードスケジュールの業務内容となります


賃金もコンパニオンは日給30000円以上といった

日払いで高収入アルバイトという感じです

男性スタッフは月給40万円以上で、最低でも25万円以上は

最低保証金額と呼ばれ、保証されています

これは日給保証されている女性スタッフと同じですね


夜の仕事は一番性別による差が大きいですが

ある意味では性別の垣根を乗り越えやすい職種でもあります

たとえば、ニューハーフとか…(笑)
[ 投稿者:トット at 17:16 | お仕事雑談 ]

2012年11月24日
データ入力女性スタッフの体験談
今回は大阪勤務のデータ入力女性スタッフである

Rさん(20代)の体験談です

オフィスワークの悩みですね〜


仕事中のおやつの食べかすが気になる…

私はIT関係の職場でデータ入力のアルバイトをしています

この職場では毎日当番制で掃除をするのですが

ある社員さんのおやつの食べ方が汚くて悩んでます…


というのも、机も床もカスだらけゴミだらけなんです

いくら掃除してもすぐに散らかってしまいますし

夏になると虫が湧きやすくなるし…

社員さんが何度か注意しているんですが

馬の耳に念仏という感じです


どうにかなりませんでしょうか?



-----------

いるんですよね〜こういう人^^;

女性はどうしても気になってしまうものです


男性は「掃除すればいいじゃないか」と思いがちですが

普段から家事などを担うことの多い女性としては

常にオフィスは清潔に保って欲しいんですよね

もちろん男性の全てが不潔というわけではありません

ただ、むとんちゃくな割合がちょっぴり高いんですね・・;


この場合はそうですね…

ちょっと感じの悪い対処法ですが

「○○さんったら子供みたい!^^」と

子供扱いしてからかってしまいましょう

そうすると大抵プライドを傷つけられた男性は

その悪い癖をピタッとやめるものです

ピタッとはいかなくても、努力して直すものです


仕事というのはなかなか難しい問題が多いですが

みなさんも頑張りましょう!
[ 投稿者:トット at 18:34 | 女性の職業体験談 ]

2012年11月23日
CAD男性オペレーターの体験談
今回は兵庫県在住の

男性CADオペレーターYさん(50代)の体験談です

この方の年齢には珍しいタイプ故に悩まれているようですね


:弁当を作って持参しているだけなのだけど

僕はもう20年ほど今の会社に勤めています

その間、毎日自分で弁当を作り持参しているのですが

この前女子社員の子たちに

「奥さんが可愛そう」と講義されてしまいました

別に嫁の弁当が食べたくないわけではなく

自分で作りたいから作ってるだけなんですが…

女子社員との上手な付き合い方が知りたいです…



-----------

50代の男性で料理が好きというのは珍しいですね

私としては非常に好感が持てるのですが*^^*

しかし若い女の子からすると

奥さんを立ててあげなきゃいけないということですね


ここは一度、奥さんにお弁当を作ってもらいましょう!

奥さんに断られてしまった場合は

普段と少し違ったレイアウト(?)にして

奥さんが作ったようにカモフラージュしちゃいましょう


そして「今日は嫁さんが作ってくれたんだ」

というようなことをさりげなく女子社員の子達にアピールします

もちろん、美味しいというアピールも忘れずに!


女性としてはやはり、家事を任されていることが多いので

あまり仕事を取られたくないという意識があります

休みの日に料理を作ったりしてるぐらいはいいとしても

あまりお弁当などを自分で作ってることは

公にせず、愛妻弁当と言ったほうがいいですね・v・
[ 投稿者:トット at 18:36 | 男性の職業体験談 ]

2012年11月22日
オフィス勤務女性の体験談
今回は難波勤務の事務員女性Oさん(40代)の体験談です

これは昔から悩まされる問題ですね…


:分煙化を徹底したら…

私は難波のオフィスで事務員として雇用され、早10年になります

昔からタバコを吸わないのですが、入社当時は

男性社員の喫煙に非常に悩まされていました

休憩所に行けばほぼ全員がタバコを吸って煙が充満…

勤務中にオフィスでもタバコを吸うので

仕事も休憩も気が休まりません…

服に匂いも付きますし、体にもいいとは思えません


そういった声を聞いて、会社は分煙化を推し進め

ついに去年から完全分煙化されたのですが

今度は仕事中にしょっちゅうタバコを吸いに行く社員さんが増え

仕事が滞りがちになっているんです

今度はそういった後始末で困っているのですが

男性の喫煙はどうにかならないのでしょうか?



-----------

喫煙者、非喫煙者はどうしても相容れないものなんですよね

特に事務作業など座り仕事の場合、多くの社員さんは

タバコを吸います。私の勤めている職場も

オフィスワークなので喫煙室はいつも満員なんですね


しかしタバコを吸いに行っていて業務が遅れるのは困りますね

その場合はまず、会社にそのことを申し出てみましょう

あまりヤイヤイ言い回っても角が立ってしまいます

特に男性社員は30代以降の女性を気難しいと敬遠しがちです

会社での立ち位置が悪くならないようにも、

あまり自分自身で動かないようにするのが得策ですね…
[ 投稿者:トット at 17:03 | 女性の職業体験談 ]

2012年11月19日
ビデオショップ男性従業員の体験談
今回は兵庫在住の

ビデオショップスタッフの男性Tさん(30代)の体験談です

ちょっぴり怖いですね…


:女性店長とアルバイトの確執が…

僕は淀川の近くにあるビデオショップで働いているのですが

この前入社したアルバイトの女の子と

店長の女性との確執が怖くて仕事に集中できません…


どうやら店長は、採用当初からその子が気に入らないらしく

わざとシフトを極端に減らしたり、服の色が違うと

業務をさせることなく追い返したりと

少々目に余る行為を繰り返していました


女の子ははじめは理不尽な対応にも耐えていたのですが

だんだん耐え切れなくなったのか、反抗的になってきたんです

店長が呼びかけても気のない返事や無視をしたり

挨拶などもほとんど交わさなくなりました

そばで見ている身としても気まずいので

なんとか仲直りしてもらいたいのですが…



-----------

なるほど…

これはなんというか、

なぜ店長がその子を採用したのかから疑問ですね…

はじめからいびるのが目的だったのでしょうか?

話を聞いている限り、最初の段階から女の子には

そんなに非はないように思えます

服装の件も、ちゃんと教えなかった可能性がありますね


この場合は、経営企業へ連絡するべきではないでしょうか?

女性同士の争いというのは怖いものです

男性よりねちねちとした嫌がらせになりますから

傍から見ていたらストレスになるかもしれませんね^^;

こういう場合はお偉いさんに任せるしかないのです

あまり役に立たないアドバイスで申し訳ありませんが…
[ 投稿者:トット at 18:53 | 男性の職業体験談 ]

家電量販店の女性スタッフの体験談
今回は梅田勤務の女性Eさん(20代)の体験談です

かなり大型の量販店に勤務なさってるようですね


:女性は2年が限界だと…

私は大学卒業後、大手家電量販店へ就職しました

販売スタッフとしての日々はとても忙しいですが

その分働きがいもたっぷりあります

私は続けられる限り続けたいと思っているのですが

ほかのベテラン社員さんから言われるのは

「女性は2年以上はもたないから…」という言葉ばかり

なんというか、少し馬鹿にされている気分です

気にしすぎでしょうか?

ちなみに今年で1年目です



-----------

確かに大手企業のお店というのは

仕事内容がなかなかハードですよね

そういった販売店で働く時、どうしても

「女性は体力がないから」と思われがちです

これは今までの就労形態に関係しているのでしょう


今までは女性の仕事といえば、レジ打ちやキーパンチャー

受付嬢といった一部の場所にとどまるものが多く

走り回る仕事は少なかったんですね

なのでまだまだ女性はそういった仕事しかできないと

思っている男性は多いんですね


しかし看護師さんはそれ以上の忙しさでも何年も続けています

ホームヘルパーの方々も50歳を過ぎても

お年寄りの入浴を手伝うといった体力仕事をこなします


ですから、あなたもそんな言葉を気にするのではなく

元気に働いて2年どころか3年4年と続けて

社員さんたちを見返してあげましょう!
[ 投稿者:トット at 16:12 | 女性の職業体験談 ]

2012年11月17日
IT企業の男性社員の体験談
今回は梅田勤務の男性Fさん(20代)の体験談です

少し深刻ですね…


:日々残業で体がもちません…

僕は今年の春、新卒で某企業に就職することができ

それからプログラミングなどの仕事を任されているのですが

入社後2ヶ月頃から残業の日々が続き、

現在は定時で帰るどころか、終電に間に合うかどうかというほど

残業をさせられています…

たまに会社に泊まり込んで徹夜することも

女性社員の方々はあまり遅くなると夜道が危ないし、

体力的にも辛いものがあるというこで

定時で帰れるようです…

これはある意味男女差別な気がするのですが…



-----------

IT業界はもともと残業が当たり前の業界ですが

これは少しひどいですね…

しかも女性社員は定時で帰らせてもらっているというのが

Fさんの心をよけいにかき乱すようです


オフィス勤務の場合、世間の声では

女性からは「定時で帰れるのが当たり前」だという声が多く

男性からは「残業して稼いで高収入になる」という声が多いです

特に、最近は不況なこともあり会社も人件費を削減して

なるべく社員の数を減らして業務を遂行するので

必然的に残業を強いられる機会は増えています


この時にどうしても残業を負わされるのは男性社員のようです

もしあなたがこれ以上耐えられない場合は

転職する事も視野に入れておいたほうがいいでしょう…
[ 投稿者:トット at 19:04 | 男性の職業体験談 ]

店舗作業スタッフ女性の体験談【休暇】
今回は難波在住の女性Iさん(10代)からの体験談です

今回は性別というより、年齢の話でしょうか…


:休み希望が先輩とかぶってしまい…

私は定時制高校に通いながら

スーパーで品出し業務の仕事をしています

勤務先のお店はシフトが1ヶ月ごとに出るのですが

月末に休み希望を各自出します

そしたら私の希望と、先輩パートのTさん(50代)の

希望日が一日だけかぶってしまったんです

そしたら私だけが上司(40代男性)に呼び出され、

休みを変更してくれと言われました

しかし、その日は家族でお墓参りに行く日なので外せません

先輩も子供の授業参観に行くそうで

どちらも変更は難しい状況…しかし上司に言われた言葉は

「Iさんは家庭にいなくても支障はないけど

 Tさんは家庭で必要な存在なんだから…」

とてもショックを受けました

いくら私が学生だからとは言え、そんな言い方はないと思います


-----------

これは完璧に上司の方が悪いですね

上司の方は結婚して家族もいるそうですが、どうやら

長年一家の大黒柱として家庭を支えているうちに

「子供はなにもできない」

というイメージを持ってしまっているのでしょう


男性の方というのは、こういった家庭的なつながりを

少々ないがしろにする傾向にある方が多いようです

もちろん全てがそうではありませんが、女性よりは

多いのが現状です。かくいう私の父もそのタイプでした


また、先輩パートさんは50代ということもあり

上司とは言え下手に刺激はできないんですね

お年を召した女性を怒らせると

後が怖いといいますからね(笑)



そういう場合は店長や次長(副店長、店長代理)に

このような発言をされて非常にショックを受けたという

ことを報告してみましょう

もしくは休憩時間などに仲のいい先輩などに相談してみましょう

スーパーのパートタイマーのほとんどは50代、60代女性です

入社直後から子供と同い年で愛着があるという風に

若い子は可愛がられやすい傾向にあるので

打ち明けてみるとおばちゃんパワーで

どうにかしてくれることもありますよ(笑)
[ 投稿者:トット at 15:17 | 女性の職業体験談 ]

2012年11月15日
販売員男性の体験談【会話の話題】
今回は神戸在住の販売員の男性Aさん(30代)の体験談から

男性の目線を見てみましょう…



:会話内容がセクハラだと言われてしまい…

僕は現在、量販店で売り場チーフをしているのですが

この前お昼休みにこんなことがありました

その日の昼休みは割と人が多く、同席する方が多かったのですが

その中に若い女性従業員がいました

やはり男性としては、

そういう可愛らしい女性と会話をしたいものです

ほかの同僚も同じような考えらしく、同じ机に集まり

色々話をしていたのですが、

後日店長から

その女性社員が

僕たち男性社員からセクハラをされて困っている

と言っているらしいという話をされ

非常にショックを受けました

僕たちはそんなつもりで話していなかったのに…


-----------

うーん…これは難しいですね

やはり男性と女性は微妙に心理や感覚の差があり

お互いに感情に引っかかる事柄は違います


特に女性…このように若い女性だと

「彼氏いるの?」
「結婚する予定はないの?」
「休みの日は何してるの?」


このような質問を不快に思うことがあります

プライベートまで詮索しないでくれということですね

しかし男性側としてはそんなつもりではなく

あくまで話題の一つとして振ったのだと思います



どうしても女性は男性に対し、異性を意識した質問をされると

「いやらしい」「不潔だ」

という感情が働きます


対策としては

なるべくそういったプライベートな質問は控えましょう

無難な話題…例えば好きな音楽やテレビ番組など

共有しやすい話題を振ってみてはどうでしょうか?

相手の情報ばかり引き出すのはフェアではありませんよ
[ 投稿者:トット at 17:21 | 男性の職業体験談 ]

2012年11月13日
事務職の女性の体験談【お茶くみ】
今回は事務職の女性Nさん(40代)の体験談から

女性の目線を見ていきましょう…



:お茶くみは本来自分でするべき?

私が入社した頃、まだ企業では女性は

お茶くみ」をするのが当たり前でしたが、

やはりあまりいいものではありません

人によってぬるめ、熱めと注文もうるさくて…

それはともかく、この年にもなるとさすがに

誰も頼まなくなりました(年下の社員さんが増えたのもあります)

でもこの前、新人の男の子がフロアの方々に

お茶を淹れていたんですね。私は感心したのですが

別の若い女子社員の子は「女の子みたいで情けない」と

陰口をたたいていたのです。自分がさせられたら怒るくせに…


結局は自分の飲み物は自分で用意するのが

一番無難なのかなあと思いました


-----------

最近は各自で缶コーヒーを飲んだりするので

あまり目にすることのないことかもしれませんね

昔は女子社員はお茶くみ、コピー紙をもらってくるなど

雑務を任されることが当たり前でしたが

近年はそういう性別での業務差別的なことは減ったようですね


しかし女性は男性がお茶を入れたりするという

いわゆる男性が行う女性的な行為

違和感を覚えるようです…

これはある種の性差別と言えるでしょう

この男の子としては好意で淹れたのに…


やはり自分で自分の飲み物は用意した方がいいんでしょうね

ちなみに私の父も業務中は

自分のコーヒーは自分で淹れているので

ポットと机の往復が大変だそうです(笑)
[ 投稿者:トット at 17:17 | 女性の職業体験談 ]