掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年11月16日
ライトテスター
久しぶりの更新となります。

書かなかった間にもいろいろと仕事をしてきわわけですが
2年前の悪夢の事件から悩みに悩んで
とうとう最新のヘッドライトテスターを購入しました。
現在、車検場ではロービーム検査にて不合格になった場合
特例として救済処置といっていいのかハイビーム検査にて
適合ならばライト検査は合格となります。
車検場で並んでいると前列に並んでいる検査車両の多数の車両は
ロービームで不合格となっています。
当社でも2年前から既存所有の古い反射式のテスターで調整しながら
検査に挑んでなんとか100%合格しておりますが
基本的に自分のところで整備した車の責任ということで考えれば
ただ検査場で合格したからいいのではなく
これから2年、問題無く乗ってもらう為にも自分のところで
調整してから納車したいのですね。
そんな思いも込めてライトテスターを購入してしまったのです。

当社の車検検査ラインはブレーキテスター、スピードテスター
トーイン検査、排気ガス検査と車検時における検査ができる機器を
所有しております。
年月も経っておりますが、今回のテスターの入れ替えは
マジに悩んだのですが、いずれ特例が廃止された場合は全て
ロービーム検査になるんですな。そのための布石ともいえるのです。
BANZAI製のHT-5〇〇最新の手動式テスター
田舎の外れでちっぽけな認証工場のくせになんたる勇気
大きな工場でも使ってないよコレ

さて先日さっそくそれで検査した車両を持ち込みました。
結果は合格!
されど検査官に合格数字を聞いてみると下過ぎで左に寄り過ぎといった
結果数字!???
あれれエ???
それぞれの機械の癖というか検査場のテスターの問題もあるのだろう?
なにせ普通車と軽自動車の検査協会のテスター数字が左右入れ替わってるぐらいだもの?
そんなことでココんとこ古い機械と新しい機械とでデーター取りしている始末

今日、持ち込んだミニクーパーの車検
結果は当社テスターでの数字と検査場のテスター数字がまたコレ違い過ぎる。
特に酷いのが左ライトで右26.5cmとか?しかも光度がやたら低い
一応合格となりましたが、工場に帰ってからもう一度検査。

わかりましたよ車検場のテスターがおかしいんです。
車検場のテスターは新光源に弱いのか!
それと自動化に成り過ぎてる問題もあり!
HIDライトだとエルボーの立ち上がり高さが低いからテスターが勘違いして
中心から右へ流れているグレア光の終点をエルボーとして認識してるんです。
そんなことでいいのか!車検場!
仮に落ちてもハイビームだと受かるだろうかもしれないけど
それはそれでテスターの方がロービームも同時点灯してる車両だと
そっちへ機械が判断して流れてしまうこともある。

いずれいしてもまだまだ新しいテスタの癖を取るためのデーター取りと
調整は時間がかかりそうです。
ちなみに新しいHT-5〇〇の欠点として高さの取り方に問題あり
下位モデルになるクロスレーザーがなんで無いんだよ。
すごく具合が悪い!
[ 投稿者:moto-m at 18:20 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月24日
文化祭巡り
あっという間に秋も深まったというかおいしい季節です。
久しぶりの更新ですがいろいろとありましたね。

長男が中学3年生で来年は受験というかどこへ進学するのかと悩んでいます。
親としてはどこでもいいとは思いますが家業が自動車屋ですから
そういったところがいいなあと思いつつ
自分の経験で普通高校でたほうがいいのか?なんて思ったりしています。

最近の週末は工業高校の文化祭が連続でありましたので嫁と次男、三男と暇なのでついつい行ってきました。
(長男は反抗期ですから行きません…行ってもわからないだろうけど…)

久しぶりに我が母校の長野工業(長工)へ行きました。
最近は春というか初夏にやっていたのですが今年は秋ということらしいです。
驚いた!だいぶ雰囲気が変わった!
当時は不良ばかりいた学校だったのに…と
現役時代には入らなかった違う科を覗いたりして今更ながら感動したり
卒業後に新設された科を見たりとすごい充実した学校なんだね。
当時と同じ校舎や機械化練みたりでちょっと感動
同級生が先生をやっているということなので気になっていたのですが偶然に会うことができ、ちょっと話をしました。
なかなか先生としての子供達の将来が心配?みたいなこと
やはり先生としては巣立って行く子が気になるようです。
いい先生だなあ武〇!
やはり長工は秋の文化祭がいいよ!

そして翌週には長野高専へ
学校は綺麗、広い。そして雰囲気はやはり高校とは違うといった感じ。
優秀な子たちが集まる学校だから楽しい雰囲気ですね。外国人もいるようです。さすが国立。
ゆっくりと時間をかけて学習するにはいい環境と設備ですね
長男の頭じゃいけないけど、やる気のある子は最初から狙うんだろうな。

そして先週には須坂の創生へ
商業科も来年からは違う校舎へ移動ということでこれが最後なのかな旧須坂商業キャンパスを見学し園芸の方へ移動
雨が酷い日だったので学生にはかわいそうだったけど満喫しましたね。
特に驚いたのが新設の工業化
すごい設備!しかも新しい!そして3年間のカリキュラムをみるとオイオイ他の工業系の学校のイイトコドリじゃねえかと
家が3軒も建つようなマシーンが入ってたりで3年間で学ぶにはできすぎかと
これちょっとマジに優秀な先生や生徒が入れば他校は脅威ですよ!
新設だからこそいろいろなモノにチャレンジしてほしいです。

今回久しぶりに秋の文化祭巡りをしてしまいましたが
充実した一日を過ごすことができました。

個人的に工業系人間ですから楽しかったのですが家族はまあまあみたいだったようです。
小さな三男君は工業へ行くんだと騒いでおりました。
そんときゃそんときです。



[ 投稿者:moto-m at 13:03 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月11日
マウンテンバイクの大会とスノボ
久しぶりになってしまうブログ
中々、仕事が忙しい日々が続いておりまして…
我が家の三男君、夏の白馬でのマウンテンバイクの合宿のあと
自転車に対してちょっとやる気が続いており
なぜに週末となると二人でちょっとしたツーリングに行っておりました。
私自身も体の健康の為と一緒に走っておりましたが
練習をまともにしておりませんから大会で走るのはさすがに無理です。

三男のやる気もありましたのでついつい
今月の3日には白馬岩岳で行われたマウンテンバイクの大会と
先日9日にも行われた白樺湖の大会にもエントリーをしてしまったわけです。
結果は、まあ走ってなんぼの世界ですし、小学3年生となればクラス分けでも
比較的にエントリー料も安いですからレースやるならココまでですね。
それ以上となると本気の世界で練習してきている子供達が戦ってきますから
その世界でやって勝つとなると親も子供も本気で関東一円の大会に
毎週エントリーして機材も金を掛け、練習もハードにこなさないといけませんし
いずれかのチームに入って本格的な練習しないといけません。
趣味でレースとなると2時間ぐらいの耐久レースに家族で出走というのが
ベストかと思います。
順位関係なく気持ちよく走れたって感じが気持ちいいのですね。
なにより整備されたコースだと面白いですから。

3日の岩岳の大会はアキコーポレーションの主催の大会で
大会としては大きな大会です。イベント出店の企業も多く来ていて賑やかでした。
ついつい安かったシューズとかバックやステムを買ってしまいました。
マビックの方とちょっと話をしてたりして楽しかったですな。
OGKの出店もあり最新のヘルメットを被ってみたり恒例のパラソルを
買ってみたりでレースより買い物が私にとっては実はメインだったのです。
子供のレースはまあまあの成績でしたがエントリーが遅かったため、
そのまま出走順位に反映ですから周回で挽回できるわけでもなくこんなものかなと。

9日の白樺湖では第二回の小さな大会ということでしたが、中々手作り感というか
ユルイ部分もあり我が家にとっては気持ちのいい大会でした。
会場が分からなく電話で教えてもらったりで、ギリギリい着いたために
試走があまりできなく、体も温まらなかった状態で出走しましたけれど
なんとか入賞でき景品までいただき子供にとってはうれしかったようです。
会場でいただいた茅野名産の寒天のゼリーやトマトもいただき最高でした。
来年は4年生になってしまいますので、レースでの入賞は無理かなとおもいますが
あの雰囲気は好きです。そのあとの2時間耐久なんかも面白そうですね。
シクロクロスで走る方が多く、ちょっと新鮮でした。

せっかく白樺湖にきたということで前々から行ってみたかったお蕎麦屋さんに
帰りに寄り、そこでダッタン蕎麦をいただきました。
そこのお店はスノーボードでオリンピックに出たりして活躍している娘さんの
お父さんが夏場に営業しているお店。
娘さんがとっても綺麗な方で、マウンテンバイクのチャンプの山本選手と同じ
妙高のスポーツ専門学校を卒業しているということもあり、
地元長野県の選手ということもあり気になっておりました。
そんな事をお店で話をしたら、丁度遠征から帰って来ているということで奥から本人登場!
マジに綺麗な娘さんですわ。藤森由香さんです。
山本選手の事を話をしたら知らないみたいで、ちょっとびっくりです。
同じ世代でオリンピックで活躍してるから知っていると思いきや…
今度聞いてみるなんて言ってましたが方や夏のスポーツ、こっちは冬ですからねエ?
夏の合宿の時にサプライズで白馬に登場した山本幸平選手のサインが子供のヘルメットに
書かれていますので、思わずお願いしていただきました。
競技を変更したようですが頑張ってください。応援してます。
よかったらMTBも趣味でやればいいな。同じスキー場のゲレンデ使っているとこが多いし。

先日の白馬での大会の時に講習があり以前にオリンピック女子のロードで活躍された
女子は毎日200キロ走っていたそうです。
競技でもトップの選手ってのは日頃の練習の積み重ねが大事とも言ってました。
それでも200キロって凄すぎ


峰の原のマウンテンバイクの大会復活しないかな〜
ああいった地元の方の努力のレースって楽しいです。



[ 投稿者:moto-m at 20:35 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年08月07日
白馬のマウンテンバイクの大会 久々
今春、小学3年生の三男の仲間達。
4月の小学校の交通安全教室が終わった当日から
大手を振って一人で自転車に乗れるからと
お仲間達が大挙して三男を誘いにやってきて
むちゃくちゃに道路を乗りまくっておりました
危ないと思いつつもほったらかし状態…

三男の兄二人は幼稚園からMTBの乗り方を教えていたので
トップチューブに股を置いてのスタートダッシュができたのですが
これが中々できない三男はしょうがないやという気持ちだったのですが
冷めた次男のレースの為に買っておいたIRCのミブロ24の新品タイヤがもったいなく
ついでに過去のレース機材もあり、せっかくだからと、
久々に白馬のマウンテンバイクの合宿に高いお金を払って三男を出してしまいました。

一週間、全国からやってきた明日のプロを目指す子供達と
実際のプロで活躍している選手やすごいコーチ陣と共に
自転車の乗り方やレースコースを走っての練習です。
高いけどイイ刺激にもなる合宿なんです。

練習の成果として昨日行われた大会にも出場させたのですが
結果はチェーントラブルに見舞われ、成績を残せませんでしたが
初レース?みたいなものですから本人はケロっとしています。
(実は年中時は2位で年長時は熱中症になり辞退していた)
3年振りに大会に足を運びましたが当時凄かった長男と一緒の子供達が
更に磨き上げられ近くに寄ることすら怖い体格になっており本格的にやっていた子は凄いと…
(長男と同級生なんだよな…)

我が家の三男、合宿が楽しかったようで兄がいるせいなのか
上級生たちにかわいがられていたみたいで
大会前日の試走では5年生や4年生に誘われ、コースを走り続けておりました。
先日の金曜日には山本幸平選手のサプライズとかもあったみたいで
知らない興味ない三男だったのですがサイン貰ったりとか、活躍を
聞いたりしてかなり刺激を受けたようです。

今回合宿やレース会場で見て驚いたのは子供達のレース機材
今やMTBの主流は27.5インチになったというのは否めない事実ですが
まさか3年生の子供達の機材ですら体が小さいのに26や27.5インチを乗っている
26なんてのは実際販売してても割と価格の安い初心者向けモデルですが
それでもフル改造してそこまでやるかって感じ
まさか3年生の子供が?27.5のXTRのホイール使ってるってちょっと凄すぎです。
変速機とかもフロントシングルでリヤをワイド化させてるってのも
シマノのシャドーの性能ってことなんですかね?
う〜ん?
ほんの3年レースから離れていただけで親御さんの子供達に掛けるお金の
金額が倍以上になっているという感想。こりゃあやり切れないわ…

たまたま立っていたら近くのオジサンの所にあるお母さんが
「すいません、子供がハンドルが曲がってるので見てください」と
小学2年生ぐらいなんだろ?のシート高さの自転車持ってきて
オジサンが「どれどれ?曲がっていないみたいだよ?…」と機材の全体チェック
お母さんが離れた後で、周りにいた数人のおっさん連中と
「凄いなあ、あの自転車」「大人より高い自転車乗ってる」
「あれだけで20万はいくな」「あのフォークカーボンじゃん」
とかなんとか数年前までなら考えられない内容?

以前に書きましたが、小学生のレースだから遊びみたいなものでしょうが
それでもレース機材の上限ってのはある程度までは決めたほうが
いいんじゃねえか?
カーボンフレームは禁止とか、最低重量とか決めてある程度の
線引きしないと公平にならないんじゃないかと?
スタンドやキャリヤ付けたままの人もいたしねえ?

でもあるお父さん曰く
「だいたいココに出てくる子って親がやらせているからなあ、
親が勝ってに行き過ぎてるかんじだけど、中学生とかになると他に
興味がいっちゃうから辞めちゃう子多いんだよな」

そうなんだよね…だからこそ上限は欲しいと思う
だってもったいないじゃんか…

自転車は金が掛かりますよ




[ 投稿者:moto-m at 12:48 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年07月16日
めんどいな一週間
久方ぶりの更新です。

先週はマジに忙しかったです。

いろいろな事をやっておりますので、
終わった仕事はお客さんに納車したら
ハイさよならという感じで脳みそから記憶が飛んで行ってしまいます。
情けないことですが記憶容量が少ないんですわ…

先週のおさらいとして車検数台の他に
やたらと一般整備の仕事が多かった一週間でした。
その一般整備も突然持ち込まれる仕事が多く
アウトランダーのウインドウレギュレータの交換からはじまって
オーリスのブレーキブースターの交換(これ保証延長されてるけど終わってる)
そしてインプレッサのダイレクトイグニションコイルとプラグの交換
ミニの板金整備後の補器類の取り付け等
極め付けはキャリーのアイドル不良という面倒なお仕事
他に自転車の修理でロードレーサの整備とマウンテンバイクの整備
限られた時間の中でいろいろな仕事と並行して行う作業が多いため
マジにきつかったです。

今日も今日とて朝5時から子供の用事でお出かけし
なんだかんだで10時からシェンタのブレーキパッドの交換してたら
自転車の修理で3台も持ち込まれる始末
今日中にやらなければいけないとおもっていたキャリーのISCVの不具合の関係の点検の
作業ができなく夕方になって、やっとできたのはいいけど宿題ができたしまった状況…
明日も休みですがこれはマジにECU分解になるかもしれませんな?
ISCVの抵抗値が片側がヤバイ抵抗値なのでいろいろと
調査をしないとな…ECU分解してアースに落とすトランジスタの点検と
代わりになるトランジスターがあるかどうかとか…

ついでに追い打ちをかけるように携帯電話のマイク部が壊れたみたいで
こっちの方も…

明日も、仕事しなくちゃです。
[ 投稿者:moto-m at 20:19 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月02日
小さな子供が乗る自転車

本日納車の自転車
ブリヂストンのワイルドベリー20インチ
小学1年生の女の子の乗る自転車
先週の日曜日にご家族で来店され決めていただいた自転車
アルミフレームなので軽いよね。
これでハンドルとかシートステーもアルミだったらもっといいのにと
思うけどコスト的に無理なんだろうな。

昨日の晩に箱から開けて組み立てを行いました。
さすがに小さな子供が乗る自転車なので真剣です。
ある程度くみ上げた状態からの細かな調整

特にブレーキの調整は面倒でも一番大事な個所。
おおよそ来店したときに測った手の大きさに合わせブレーキレバーの調整。
そうするとブレーキシューとリムとの隙間が狭くなるんですよ。
ブレーキのアーチの加工、リムの振れ取りもキチンと出すと
その隙間はおおよそ左右0.5mm
おおメンドイぞ。

しかも今回の車体はリヤのオリジナルサーボブレーキから
隙間を狭くすると出てくる内部の歪によるシャーシャー音
今回は思いきってリヤのホイール外してブレーキ分解して
やすりで削りながらの調整をしました。
SBSH0931

こんなところまでの調整は普通はやりません。
組み立て作業の時間で利益を考えるとアホくさいですよ。
量販店じゃやらないだろ。
でもやりました。本人の顔見てるんだもの。


だいたい町中で走ってる子供のはホームセンターとか量販店
またはおもちゃ屋さんのでしょう?
(ほとんど見ればブレーキの調整なんてしてありませんね)
親御さんは安全より価格ですからね。
時々修理で持ち込まれるものは調整してあげてるけど
親御さんの意識の問題は変わることないですよ。
ですから当社でこういったぐらいの子供車って売れないもの
正直売れた時って心の中で
(ああメンドイ…時間利益率…でも喜ぶ顔が…安全に乗ってね…)

ところで今回のフレーム
SBSH0934
こんなところまでヤスリを入れてしまいました。

納車の時はお母さんと娘さん出てきて
大喜びでした。
もちろんハンドルの高さやブレーキレバーの角度
サドルの高さなどはあらためてのその場でです。

安全運転で乗ってくださいね。
[ 投稿者:moto-m at 19:38 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月29日
太郎山
SBSH0915

2月から休みなくひたすら、とうとう五月末。
その間様々な出来事が、仕事があったのですが
やっとこ、ちょこっと暇かな〜という時期になりつつあります。
長男次男とも反抗期真っ盛りで、救いは三男の小学三年生。
今年は地区の役員改正で面倒な役が三役勢いで受けてしまった関係上。
先週の土曜日に地域の山である太郎山登山をしてしまいました。
しかし…一週間前に長男のボーイスカウトのお手伝いで恒例のナイトハイク
さすがに夕方から翌朝まで50K以上を歩くのは応えるので半分から歩いたのですが
それでも思いっきり疲れ果てて足裏に三つも水ぶくれができ
登山はあきらめようと考えたのですが、やると言った手前上
一人で登るのは寂しいので三男に一緒に行くかあ?と
聞いたら、二つ返事で行くと!あ〜あ〜登るのか。と

結局、土曜日は朝早くから地元の太郎山登山してきました。
正直書きますと、最高!でした?
もちろん痛み止めを…

地域の催しでしたのでおおよそ70人ぐらいでの登山。
三男の同級生も四人、家族で参加していましたので、
話相手もいて結構楽しい登山でした。

ちょうど一年前に三男に、この時期だけ生えてる「カラスのエンドウ」の
草笛の作り方を教えたばかりに、歩いている道中、
道端に生えているエンドウを大量に取ってポケットに入れて
ずっと「ブーブー」うるさく鳴らしながら歩ていました。
上級生やら同級生やらが気になったらしく
教えてくれとやってきて、一緒に交じって「ブーブー」
うるさかったわーーー。

道中、山菜とかもあったけど気にせず、ひたすら歩き登り
ちょうど昼頃に太郎山頂上、そしておにぎりを食べて
写真を撮って、そして地元でも有名な甑岩にて休憩とセスナによる撮影時間。
そこからはひたすら下りですね。

途中、綺麗な花だらけの所とか猪のヌタ場を過ぎました。

そのヌタ場ですが、ちょうど列が分かれ、
自分と子供二人の三人でヌタ場で「ココはな猪が体を洗うとこだよ」なんて講釈して
子供達と凄いなーなんて感心して歩き始めた矢先!
「グーーーーー」って動物の鳴き声が!!!

マジかあ!慌てて3人で走り逃げました!!

下の休憩場所の城ノ峰の春山城跡で今回のリーダーの年配の方に聞いたら
猪は夜行性だから寝てたんじゃねえかって軽く言われました。
ドッキリです。そう?そうなんですねって!??
まあ猪に追いかけられなくて良かったですよ。(ヒヤ
怖かったけれど…すごい貴重な思い出ができましたね!
(後続の人達をまじめに心配しました…)

なんだかんだで、それからもひたすら下山で全員無事ゴールでした。
(貴重な体験したのはどうも三人だけみたいでした)

アア、とっても疲れています。今も…。

三男、帰ったあとに地元のサッカー教室にそのまま直行していきました。
久しぶりに覗いたら同じく登山してブーブー鳴らしていた五年生も
サッカーやっていました。(この子もわりとわんぱくな子?)
さすが小学生、元気があって、疲れ知らずでうらやましいですわい。

(たまたまエンドウがポケットにあったので、その子に終了後にあげたら
ブーブー鳴らしたもんだから他のアホ面した知ってるガキが
「おっさん!俺にもブーブーやらせろ!」
「はあ?ふざけんな!自分で探せ!あ?そこにあるわ、おまえ鳴らせるかアホが!」
しばらくして「ほれ、ブーブー鳴ってるだろ。ハア。どうだおっさん!」
やりとりが面白かった)よ。


ちなみに個人的に翌日の日曜日は美化委員なので千曲川の
河川清掃に朝から出席でした。
それが…最後の最後にどっかのアホが河原に大量に自分ちのゴミを
棄てていやがって…(アホなんだろ、郵便物や通帳まで…しかも仕事先も?)

疲れております…現在…
今日は今日とて整備振興会の研修でした…
続きは後日
足が、ふくらはぎが…痛い…歩けません…


[ 投稿者:moto-m at 22:21 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月06日
入学前日の
SBSH0875

4月に入って本日6日
今日から子供達はやっと学校へ
次男は今日が中学の入学式
小さな体で更に小さな子供
入場するとき、背の順だったので先頭でした。
卒業するときはどんなに大きくなっているのかな?

去年から地元の中学校は全員自転車通学がOKとなりました。
おかげ様で次男の同級生のお子様たくさん自転車を購入いただき
ありがとうございました。
田舎ですのでお付き合いってのもあるのでしょう。
でも通学途中ってのでなにかあればってことで
購入していただいておりますお客様もいらっしゃいますので
キチンと対応いたします。
通学車には全車TSマークを無料で貼り付けておりますよ。
もちろん組み立てはしっかりと行いましたよ。

ところで次男の自転車。
長男の時もそうでしたが、しっかりしたフレームがあれば
それを再生ってことで、ちょうどブリヂストンのちょっと古い
スーパーメタル1000のダイキャストフレームの中古自転車。
これを子供と一緒に全部バラしての組み立て
さすがにホイールの内部のベアリングまでは時間的にも無理だったので
ホイールは触れ取りぐらいですが、なかなか良い中古だったのですが
いきおいフレームまでバラしての組み立てを行いました。
元々が長野市の放置リサイクルの時に買っておいたものですが
まずは小さな次男のために26インチ、キャリヤ無しのスタッガードフレーム
とにかくフレームが綺麗だったから購入し使ったのですが
やはり状態は良い車体。
あまり乗らなかったのかな?
チェーンやギヤの痛みが無いんです?
放置自転車の車両置き場で雨風太陽とあたり痛んだようなもの
でも今回のは特殊部品も多いので新車を買うよりお金が掛かっておりまする。

次男のフレームを持った写真。
「軽い軽い!」とフレームを逆さに持った瞬間。
シートチューブから水がドバッ!
リサイクル場というか自転車置き場ではサドルが抜かれた状態だったため
雨水がしっかり内部に溜まっておりました。
まあ、いいか!って感じでフレームを洗った後、ドライヤーで
フレームを乾かしていたらバックステーのエンド付近からも汚い水が
ドバツ、ジュルジュルとか出てきました。
しょうがないですね?
今時このスーパーメタル1000フレームは新車ではありませんから
気にしないことにします。

現在シートポストの当社在庫が切れちゃったので
あとはサドルだけ取り付ければ完成なのですが

明日から歩いて学校へ行けよ!次男
明日から違う学校の雰囲気。わくわくするね。
[ 投稿者:moto-m at 18:08 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月31日
例年の如く
3月31日は中野土ひな祭りでした。
この日のためになんとか休日としました。
ちょうど金曜日ということもありつつも
3月は決算とかもあっての仕事納めの日なんですね。
前日まではちょっと大変でしたね。

今回の土雛の数と来場者の数はおおよそ2倍。
だいたい確率は50%

なんと今回は夫婦二人と子供一人で3人当たりました。
しかし順番は12番と15番と17番
大変に遅い並びです。

嫁さんのお母さんも当たったので今回はラッキーでした。
去年は全てカスリましたからね。ラッキーでした。

お昼の時間に重なって昼食を食べてからの購入時間でしたので
どこで昼食をとるかと散歩しながら話し合い
おもわず北信病院の食堂へ
いいですねエ。もろココは穴場です。
でもさすが病院なので味は薄味?

ココは並んで混雑する場所ではありませんな。
穴場ですよ北信病院の食堂は!

そして今回購入できたのは奈良さんの息子さんの一品。
嫁は西原さんの一品。

17番目はさすがに遅いので知り合いに良かったらと。
あまり遅い時間の購入だと高いものとか人気が無いとか?
なかなか難しいとこなんです。

毎年の事ですが全国土雛の販売もすごいひとだかりでしたね。
終了際に行ってみたところ、なんで?これが売れ残ってるの?
2万円もする雛人形なんですが、なんでだろう?
造りも良いし装飾もいいのに…

分からない?
条件が揃っていれば…
とっても良いものが売れ残っておりましたな。
雛人形だけに条件なんだろうな?
真面目にいい一品がありました…


中野市っていう地方の小さな市の小さいながらも伝統のある
行事の一つの小さな催しの中でも需要がなければ売れ残る一品

分かる人でなければ分からないであろう一品。
条件が揃えば最高の一品。

あれが2万円ではなく5千円だったら迷わず買っていただろうな?
値付けって難しいですね?

でもあれは条件が揃えば5万円でもいいと思う一品だね。
[ 投稿者:moto-m at 21:45 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月28日
エアバック?
3月もあとわずか
今日はキューブの車検に明日はムーブと
それで今月はお終い!
さすがに月末に車検場に行くのは気持ちが萎えます。
とにかく混んでるから、これで検査で落ちたら目も当てられない。
今日のキューブは自社の検査機械で測定調整し
ライトもバッチリ、トーインもバッチリでブレーキもちょっと左右の制動バランスが不安?
だったけどなんなく合格でした。
普通車の抹消登録も一台ありますので振興会に頼んできました。
こちらは更に尋常でない忙しさってところでした。
検査官によると先週末の車検は凄かったそうで今週は新車の検査が多いみたいでです。

明日はムーブの車検の持ち込みなんだけど
これが大変に困った車両。

距離は10万キロオーバーで前輪のブレーキのローターとパッド交換
ちょいちょいの修理の予定が、初めての入庫車両
いったい今までどこで整備していたのか?
後輪のブレーキは分解した形跡が無い。
しかもココには書けない箇所がボロボロ
今まで車検で受かってたのが不思議?
しかも極め付けはエアバックのライトが点かない!!
メーター外してみたらLEDが光る個所のシートにブチルゴムを埋めて
ライトが点かないよう細工がしてある?
調べてみたらコンピューターのコネクタが外れているばかりではなく
診断機で調べるとエアバックユニット2つの結線がされていないようだ?
こりゃあ、一度開いているんだな?
わああ、マジですか…

ちょうどお客さんが寄ったので説明して、「エアバックは作動しないよ」と
仮に結線したところ予期せぬところで開いてしまう恐れがあるよ?
「じゃあ、なんだ?エアバックは効かないの?」とお客さん
どこで買ったのかとくだらない話しをいていたのはいいけど
困ったよ…明日はどうしよう?
2月から計器のチェックライトの状態も検査項目に入ってしまってるのよ…?

なんとかしないと受かりません…?

なんとかしました。

しかし、あれだな?安いとかなんとかってのは問題ありすぎだね。

自分とこは持ち込み車検やってるけど
こういった事例があると他はどうしてるんだろう?

ムーブのカギ
これもガタガタの状態
今、修理しています。
[ 投稿者:moto-m at 20:03 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]