掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2014年07月24日
薄毛に悩む人の人口
薄毛に悩む人の人口は年々増加しているといわれており、現在では少なく見積もっても数百万人程度の男性が抜け毛などの悩みを抱えているといわれています。

とりわけ、首都圏内では人口が多いこともあって、薄毛などの治療を専門的に行っているクリニックが街の至る所に点在しています。こうしたクリニックでは、内服薬や外用薬などの処方が行われており、一人ひとりの薄毛の原因や頭皮の状態などに適した治療が進められています。

インターネット上では、薄毛に悩む人の人口について、様々なホームページを通じて情報が拡散されており、大勢の男性にとって今や重要なテーマとなりつつあります。抜け毛が増えることによって、頭頂部の頭皮が露出したり、生え際が後退するなどの現象が起こるために、見栄えが悪くなってしまうケースがあります。こうしたことからコンプレックスを抱えてしまう男性も少なくないとされており、くれぐれも早めに治療に取り組むことが求められています。

なお、最近ではかつらメーカーで最も歴史のあるアートネイチャーから販売された
ラボモというスカルプシャンプーが人気のようで、AGAのセルフケア利用商品として
売上が急上昇しているようです。
[ 投稿者:hatu at 15:35 | aga | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月24日
ハゲの歴史について
ハゲの歴史は非常に古く、紀元前1000年にまで遡ります。歴史上、紀元前1000年のエジプトの古文書にはハゲに関する治療法が記載されていて、それほど古くからハゲに悩まされて来た人がいるということが分かります。

ハゲに対する有効な手段の一つとしてカツラが挙げられ、事実、古代オリエントやエジプトではカツラを着けたミイラが数多く見つかっています。カツラは長い歴史、ハゲに対する有効な手段として用いられてきました。
しかし、西洋ではカツラは威厳を表すものや装飾として用いられるようになります。
日本における歴史も古く、約1100年間も遡ります。日本では醍醐天皇の第四皇子である蝉丸公が、盲目であるために剃髪僧侶となりましたが、その時に侍女の髪を使ってカツラを作り使用したと記録に残っています。
江戸時代にはちょんまげ用のカツラが作られ、その後歌舞伎や演劇などで商売道具としてカツラが使用されます。

国民に広く知れ渡り、実用化されたのが大正後半から昭和に入ってからのことで、戦後の1955年頃からはおしゃれ用として広く使われるようになります。
そして現在ではおしゃれのみならず、ハゲ対策や薄毛対策として多くの方が使用しています。
[ 投稿者:hatu at 16:42 | aga | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年08月23日
ハゲの語源
ハゲや薄毛、AGAなど広告やCMなどで良く見かけるようになり、市民権を得るように感じてきています。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:hatu at 16:00 | aga | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年06月02日
女性の薄毛時代
江戸時代の女性は髪を洗うのが週1回!?

続きを読む ...
 
[ 投稿者:hatu at 18:03 | aga | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年10月25日
薄毛の歴史

紀元前400年頃に、AGA脱毛症を発言したのは、紀元前460年頃にギリシャのコス島で
生まれたギリシャの哲学者そして医師として活躍していたヒポクラテスでした。

それまでは、迷信、呪術などの人ではない神々の仕業によって病になると考えられて
いましたが、このヒポクラテスが初めてそれらを否定しました。

また、イオニア自然学での空気・水・火・土を四大元素とする哲学的傾向や、
アルクマイオンのように熱・冷・乾・湿をそれぞれ対抗する力とらえ、病気の原因や
治療をそこから説こうとする傾向を医学から排除しようとし、現代以外に近い考え方を
最も早く身に着けていました。

そして「宦官に痛風とハゲはない」と今の薄毛やAGAの原因に最も近付いたのも
この人でした。

宦官とは、宮廷に仕えた男児の奴隷で、宮廷に上がる前に、睾丸を取られた者を
言います。どういうことかと言うと、「睾丸がない男性はハゲない」ということであり、ハゲる原因は睾丸にあるということを発見し、ホルモンと薄毛の因果関係に最も
近付いたといえます。


その後時間が空くこと数百年。。。


米国の皮膚科医ハミルトンが男性ホルモンの実験を行い、毛嚢のテストステロン
感受性によるらしい」と発表し脂やストレスなどで禿るといったの通説を
打ち崩しました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:hatu at 19:57 | aga ]

2012年10月21日
薄毛時代
実は江戸時代には薄毛に悩むひとが、現在よりもずっと少ないってことは
ご存じでしたか??

特にストレスが少ないことや、脂の多い食事を取っていないという事もありますが、
その分栄養のある食事もとれていませんでしたので、環境的に有利・不利があるかと
いうと、江戸時代の方が不利だったと考えられます。

それは「武士のちょんまげ」とAGAが大きく要因しています。

なぜ「武士のちょんまげ」が要因かと言いますと、元服にはマゲを結った時に
見栄えを良くするために、月代(さかやき)といわれる額から頭頂部にかけて
毛を剃る儀式が重要になっていました。

そしてAGAですが、これは頭頂部5αリダクターゼ(5-alpha-reductase)は遊離テストステロンをDHTへと変換する酵素であり、主にその受容体が頭頂部から前頭部にかけて、
集中的に存在しており、そのためその部分が薄くなっていきます。

こうして、AGAで薄くなっても月代といわれる額から、毛を剃る儀式があったことで、
薄くなることに気付かずに人生が終わってしまっている訳です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:hatu at 16:08 | aga ]