掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリンク



2008年07月16日
そろそろ反転近いか
軟調な中国株ですが、
そろそろ反転近いと
予測しております。

ハンセン指数、H株指数の一目均衡表の雲切れが
今週中にあるからです。
ただ週足ベースでは9月に雲切れとなっており、
まだ先行き不透明な部分もありますが、
そろそろ打診買い程度で出動してみても良いかもしれません。

ちなみにハンセン銘柄のエスプリ00330は
ちょうど雲切れがあり、見事に反転しております。
毎年順調に業績を伸ばす同社。
配当利回りも4%と魅力的な株価水準ですので
狙い目ではないでしょうか?


今後の中国株相場の展開に期待です。


[ 投稿者:株株株 at 22:55 | 中国株関連情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月18日
急落株
注目していた長江ライフサイエンスが
暴落しています。

そして2007年12月本決算がでましたが、
純利益前年比+15%となりました。

今まで大幅増益でしたが、ここにきて普通に増益となったいます。

かなりの期待はずれでした。
業績からみると投資妙味が薄れます。

チャートでは
本日も暴落していますが、出来高が大幅に増えています。
セリングクライマックスになったように見えますが、
今後の展開はどうなるのか見もの。

投資対象からははずれますが、
明日以降の動向も一応チェックしておこうと思います。
[ 投稿者:株株株 at 23:44 | 中国株関連情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月16日
投資戦略
世界市場が株安となっており
中国株も例外ではありません。

もっと下がるのではないか?
という不安が先にでますが、
投資は暴落時こそ最大のチャンスですので
しっかりと相場を見つめたいと思います。

次の買いチャンスは私のブログインド株!歩き方「めざせ金持ち」にもありますように
サブプライムローン問題の完全解決した時だと思います。



ちょっと気になる動き
長江ライフサイエンス8222の動きが気になっています。
長江グループに属しており、バックボーンはしっかりしている会社です。
今まではPER1000倍越えるなどあまり投資対象にはなりませんでしたが、
近年は大幅増益が続いているため、
PER44倍(参考資料が古いかもしれません)まで下がっており、
また自己資本率も良好な状況です。
また、先週末は下落したものの出来高が急増していることや、
テクニカルでも割安水準に入っていることなどで
注目しています。

まだ世界市場が底入れしていないことから
さらなる下落も考えられますが、
反発した局面では
投資対象に考えても良いかもしれません。
(投資判断は自己責任でお願いいたします)
[ 投稿者:株株株 at 21:43 | 中国株推奨銘柄 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月21日
暴落している世界市場
本日の世界市場はとてつもなく暴落しております。
米国市場ではブッシュ大統領の景気刺激策も
好感されずに下落しています。
それを受けて世界市場が暴落しています。

そして、ハンセン指数が当初の予定どおり
買い検討するところまで下落してきており、
射程圏内に入ってきました。
しかし、米国市場が本日休場なため、
まだ下落する可能性があります。

やはり安全策ととって、
米国市場をはじめとした世界市場が
底入れ感が鮮明になってきてからの投資が良いかも知れませんね。
ただ、打診買いくらいは今週検討してみても良さそうです。
[ 投稿者:株株株 at 22:23 | 本日の香港株相場 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月16日
面白い展開となってきました
米シティーが予想を上回る損失を出して
米国市場は大幅安となりました。
これにより本日の中国株も連れ安で
大幅安となりました。
本日のハンセン指数が24,450で引けています。

これで買いのチャンスが到来してきたかと思っています。
ハンセン指数では23000〜24000付近に
強力なサポートラインがありますので
ここでの打診買いを検討しています。

一方、米国市場NYダウが12000に下値抵抗ラインがありますので
ここを死守できるかが注目となります。
多少のオーバーシュートは誤算の内と考えますが
ここをさらに下回ってくるようだと
長期的な上昇トレンドが崩れることとなり、
世界市場の動向も危ぶまれます。


ここは底値を拾おうとせずに
しっかり底値を固めたのを確認してからの
投資が安全と思います。

上記の節目を意識しながら
今後の投資判断をしたいと思います。



投資判断は自己責任でお願いいたします。

[ 投稿者:株株株 at 22:09 | 中国株関連情報 | コメント(0) | トラックバック(1) ]