掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

皆が健康な笑顔で元気,心身美容,幸福,信頼,挫折,絶望,退転,希望,愛,勇気,夢,誠実,感謝.  
o3_33 fuurin2    本物はウソをつきません。痛く無く、優しく気持ち良く癒し安全です。皆さま安心して御来院なさってます。    midori01_siawasehakobitai  midori07_yotuba  h1,1 整体で改善する病気や怪我は、肩こり・腰痛・不眠・ストレス・疲れ・心身の不調・痛み等。女性・外国人も安心安全に受療でき癒されます。 一回10,000円・高級ブランド治療のベテラン先生が診療、充実した施術内容なのに一回5,000円にサービスしてますから、必ず皆さまに御満足いただけます。 今年は創業97周年に成りますが、二代目の私は青年の気概で頑張ります。 ですから皆さまに御満足いただき「ありがとう」と言われる医療技術の匠(たくみ)として、なお一層、心技体と倫理の向上を目指しますので、宜しく御引き立てのほど御願い申し上げます。    "If you got well right away,what would you do first ?"「直ぐに治ったら、あなたは真っ先に何をしたいですか?」  "Of course,naturally,I just like to 〜!”「勿論、とうぜん直ぐに〜したいさ!」  ”Let's Change the Future!!"「さあ、一緒に幸福に成りましょうね!!」  "Never too late,never too early."「これからでも決して遅くない、今がチャンスだよね。」  "The future is yours. Never give up."「きっと良く為るよ。あきらめちゃダメだ。」   "Yes,we can!!"「皆で幸福に成ろうね!!」  "Don't worry,You can do it,Be happy!"「問題無い、大丈夫だよ、これからだ!」 "Nice One!"「いいね!」  

2017年11月12日
「罪と罰」
ドストエフスキーの此の作品は僕の若い頃からの愛読書の一冊です。

じゃあ長年月・経験を積んで清濁併せ飲んだ僕が、丸ごと善人に成れたかと言うとプラス・マイナス・ゼロかもしれない。

正義の通らない世間に義憤を感じたり、隠れた罪に怯えたり、冤罪の理不尽さに憤ったり・・・

知性インテリジェンスは必ずしも善人を為さず。

そういえばナチス・ドイツのユダヤ人収容所では、高尚なクラシック音楽を聴きながら毎日・残虐な大量殺戮が繰り返されていた。
[ 投稿者:koji at 16:54 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

幸福な人生
両親から生まれ育ち、結婚し子供が生まれ死ぬ。

これが生まれた人間の果たす最低限の義務コース権利か・・・

しかし生まれて死ぬだけの人も、生まれず消える人(?)も居る。

はたして何処までが幸せなのか上も下も際限が無い。

素晴らしい両親から恵まれた環境に生まれ、健康で美しく文武両道に優れて育ち、学歴も職業も家庭も恵まれ、子供達は自主独立し成功への道を輝かせ、孫達も夫々に将来を希望で膨らませ、曾孫は日々に可愛さを増し、僕は地域社会へも貢献しながら100歳まで死を遠ざけて居る。

美辞麗句を虚しく積み重ねればコレマタ切りが無い。
[ 投稿者:koji at 15:47 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月11日
ノーベル文学賞のカズオ・イシグロの作品
数日かけて「浮世の画家」「わたしたちが孤児だったころ」「わたしを離さないで」の日本語翻訳文庫本3冊・約1,300ページを読んだ。

近ごろ富に視力が衰え、脳の回転が悪くなってるので大変な作業だった。

ともかく優秀な作家は資料の収集力と構成力に長けてると感心した。
[ 投稿者:koji at 00:13 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月09日
サプリメントの嘘・有害性
一事が万事で、浜の真砂ほども有る「殆どのサプリメントは効果が無い」と厚生労働省は発表してて正しい判断だ。

「百害あって一利なし」なのだ。

たとえば「熊笹は薩摩芋の28倍の繊維質を含むから、整腸作用が優れ便秘を治す」と売り出してるが、本当に人間に適してるかは疑問だ。

2,000年前に水銀が不老長寿薬として上流社会で多用され、水銀中毒の蔓延で短命になり、逆に下層階級は高価な水銀を入手できず長寿を保ったという皮肉な歴史が在り、現代は其れに似ているんだ。
[ 投稿者:koji at 17:26 | 美容と健康 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月08日
生物学
最近は「動物・鉱物・植物」の分類が正しいか?という疑問が絶えず僕の脳中を渦巻いて居る。

仏法では昔から其の境界が無く平等なのに、キリスト教や現代科学ではハッキリ区分しようとする。

ところが数年前に東大の動物学科と植物学科は生物学科へ統合した。

その理由は遺伝子分析が進歩して来て、動物と植物が分類できないことが判明したためだ。

とくに昆布など海藻類は進化の過程で、動物性真菌類が葉緑体アメーバを取り込んで植物化したので、動物と植物の両面性栄養を備えている。

僕は予てより「海藻・穀物・野菜・肉」4本柱を健康食として提唱してきたけど、やはり其の第六感は当たっていたんだ。
[ 投稿者:koji at 23:18 | 美容と健康 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

美と芸術
論理回路が分裂的で支離滅裂、起承転結は無視し、色も音も無い躁鬱な文章を許して貰いたい。

これは他人に読んでもらうためでなく、力で統一された自分宛の備忘録だから。

美と芸術が信(神)行(力)学(論理)や真善美の体系に通じる。

「美」とは「神様が羊を美味しく食べる力強さ」という意味です。

本質的に動植物が他者を捕食する生命輪廻を表現したもの。

生命活動は無機的な大地や宇宙へ帰り、やがて眼に見えないエネルギーが有機的な動植物に復元する。

そんなこんなを発表したもの。

だとすれば健康美を追求する医学医療も芸術の一部を構成しているんだな。
[ 投稿者:koji at 11:28 | 美容と健康 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月07日
日本ラグビーの将来を予言する
先日はオーストラリア代表63対30日本代表の2倍スコアーで負けたのが現状です。

これでも100対10で負けてた時代を思い出せば良い方なのですよ。

そして2年後に日本で開催される世界大会では、日本チームが必死に努力して、上と下から10点づつ縮まったとしても50対40で負けるでしょう。

ラグビーはフィジカル体格面が大きく左右し日本人アジア人に不利なスポーツだから、オイソレトハ差が縮まらず、欧米人や黒人には10〜20年後でも45対45の同等に戦える時代が来るとは思えません。

もし日本が世界の上位に進出するとすれば、それは2つの条件が揃った場合です。

一つ目はフィジカル主体の15人制が衰えて、スピリットや技術テクニックを生かせる7人制が盛んになり、二つ目は大男の弁慶に勝つ、小さいけど機敏で頭脳明晰な牛若丸のような選手を作り出し揃えられた時です。、
[ 投稿者:koji at 00:54 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月06日
ボクシングとボウリング
まったく下らないことに気が付き、驚いて嬉しい。

この2語は全く異なるスポーツなのに、共にカタカナ5文字で、始めのボと終りのング3文字は同じ、2・3番目のクシとウリも、50音表の上から3段目と2段目に位置している。

面白い。

何故こんな事に感動するかと言うと、「最近は感激することが少なくなってしまった」と親友に話したら「我々は人生を殆んど経験して、新鮮味が無くなったからだよ」との答えが返ってきた。

なるほど「無駄じゃムダじゃ」の人生では、もう先は短く知れてるね・・・

そこで知識欲に溢れ「なに?なぜ?」を頻発してた純白な幼少期の気持へ戻ってみた。

こうすれば楽しく明るく長寿を全う出来るかな。
[ 投稿者:koji at 09:04 | 中高年(シニア)の興味 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月02日
学問の勧め
僕の大学生時代は統制経済(国家予算拡大主義)ケインス学派が全盛だった。

自分で言うのも烏滸がましいけど、ほとんどの科目が100点満点に近かったのに、経済学の一部分だけはギリギリ最低合格60点しか取れなかった。

今になって自己弁護すれば、世界は自由経済学(国家予算縮少の方向)へ進歩発展したので、僕の優秀な頭脳は其れを先取りして、古いケインズ理論に反発したため成績が悪かったのだろうよ。

というのも僕は中学のIQテストで180は取れなくても、数学は全国で一位の100点満点だった。

しかし悲しいかな天才では無い故に、反発するに留まり、ケインズを乗り越える新理論を打ち出せず、経済学だけは成績の悪い学生という評価で卒業した。

もし大学院へ進学し、新理論を完成させる才能が有ったなら、今頃はノーベル経済学賞を受賞してるね。

バカ・狂人と天才は紙一重というが、常人の僕には理解し難い。

だからこそ永久に学ぶ姿勢が止められない。
[ 投稿者:koji at 15:18 | 中高年(シニア)の興味 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

孫娘の好意
毎月・曾孫の写真を送ってくれる。

彼の成長が分かり楽しみだ。

しかも今月の写真は孫娘・曾孫・僕の3人が一緒に写ってて嬉しい。

先日ご亭主と3人で遊びに来てくれた時のスナップだ。

ご亭主が映って無いのはチョッピリ残念だけど、前回来た時は4人で撮った物を送ってくれてる。
[ 投稿者:koji at 09:03 | 中高年(シニア)の興味 | コメント(0) | トラックバック(0) ]