掲示板お問い合わせランダムジャンプ

皆が健康な笑顔で元気,心身美容,幸福,信頼,挫折,絶望,退転,希望,愛,勇気,夢,誠実,感謝.  
o3_33 fuurin2    本物はウソをつきません。痛く無く、優しく気持ち良く癒し安全です。皆さま安心して御来院なさってます。    midori01_siawasehakobitai  midori07_yotuba  h1,1 整体で改善する病気や怪我は、肩こり・腰痛・不眠・ストレス・疲れ・心身の不調・痛み等。女性・外国人も安心安全に受療でき癒されます。 一回10,000円・高級ブランド治療のベテラン先生が診療、充実した施術内容なのに一回5,000円にサービスしてますから、必ず皆さまに御満足いただけます。 今年は創業97周年に成りますが、二代目の私は青年の気概で頑張ります。 ですから皆さまに御満足いただき「ありがとう」と言われる医療技術の匠(たくみ)として、なお一層、心技体と倫理の向上を目指しますので、宜しく御引き立てのほど御願い申し上げます。    "If you got well right away,what would you do first ?"「直ぐに治ったら、あなたは真っ先に何をしたいですか?」  "Of course,naturally,I just like to 〜!”「勿論、とうぜん直ぐに〜したいさ!」  ”Let's Change the Future!!"「さあ、一緒に幸福に成りましょうね!!」  "Never too late,never too early."「これからでも決して遅くない、今がチャンスだよね。」  "The future is yours. Never give up."「きっと良く為るよ。あきらめちゃダメだ。」   "Yes,we can!!"「皆で幸福に成ろうね!!」  "Don't worry,You can do it,Be happy!"「問題無い、大丈夫だよ、これからだ!」 "Nice One!"「いいね!」  

2008年03月31日
正社員・管理職は 安月給で使い捨て
s-450-200509281626PL231

会社の経費削減・利益追求のために、フリーターを正社員・名ばかり管理職に仕立て上げて扱き使う。

フリーターの心(あせり・プライド)を上手く弄び、会社の成長のためには 社員の健康・生活をも犠牲にしてる。

[ 投稿者:koji at 22:17 | 政治・経済・行政・立法・司法・軍事・社会・平和など | コメント(0) | トラックバック(0) ]

歯を大事にする方法
歯を強く噛まない事が一番大切だ。

強く頻回に噛むことが最も悪い。

歯本体にも歯茎にも 過剰な負担を掛けて、虫歯や歯周病の原因に為るからだ。

心身のストレスから そうなる人が多い。

そして歯を食い縛ることの多い スポーツする人や、ストレスその他で 歯ぎしりの多い人も、一般的に歯が悪く為る。

ビンの蓋を歯で開けるなどは 以ての外だ。

現代は、歯磨き以上に 上記の注意が歯を守る秘訣である。

ところで歯科医療の分野も、確かに進歩している。

しかし、それは歯医者の思考・診療・患者に対する指導が 目まぐるしく変わり、まったく反対の事を言うようにも為る。

だから歯の健康は 自分自身で研究して守るしか無い。

「あまりゴシゴシ長時間かけて 歯磨きしない方が良い」と云う説も有力だ。

色々と理由はあるが 分かり易いのは、「歯磨き粉の中に含まれてる研磨剤 および硬く尖った歯ブラシが、歯と歯茎を傷める」ことです。

そこで、柔らかい歯ブラシに 重曹(炭酸水素ナトリウム;ベイキングソーダ)をつけて、軽く短時間だけ磨くのも良いですね。
[ 投稿者:koji at 21:00 | 日本の医者の間違い | コメント(2) | トラックバック(0) ]

食は毒にも薬にも成る
食の安全・安心てどんな風?

これも一種の健康ブームの風が吹いているのかな。

悪質商売のブーム利用に注意しようね。

[ 投稿者:koji at 17:06 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

世界の宗教人口
世界総人口60億人に対して、キリスト教20億人(33%・内カトリック17.4%)、イスラム教11億人(19.2%)、ヒンズー教9億人(15%)、仏教4億人、ユダヤ教1,500万人、儒教700万人、神道400万人が妥当な数字かな。

共産主義も信仰の一部とすれば、中国13億人と旧ソビエト圏3億人も入る。

統計数値に多少のダブリも有るが、他にも色んな信仰が存在してて、ともかく日本人のように、無神論=無宗教の人は ほとんど居ない。

だから世界へ出て 国際的な活動をしてみて分かるが、無宗教な人は 人格的に信用されず、仕事・商売や 個人的(プライベート)な人間関係が巧く行かないことが多い。

要するに、不信仰者は軽蔑されてしまうのだね。
[ 投稿者:koji at 15:05 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

親殺し子殺し
動く鯛2

そんな事件が頻発してる昨今 つい思い出してしまう。

それは生まれ故郷、旧満州国の悲劇である。

敗戦後、神国 日本へ逃げ帰るについて、手足まといで邪魔な 家族の女・子供・老人は、殺すか自殺したんだよ。

だから生きて中国に残留した人々は、可哀想だが まだ幸せなのだ。

戦争は地獄、未経験者には 理解し難いかもしれないが、本当にイヤ〜だよね。
[ 投稿者:koji at 13:01 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ロシア(旧ソヴィエト連邦)で武道が流行してる
ロシアン・ルーレット(死を賭けたピストル遊び)ならぬ、高級な格闘技がブームだ。

武道の得意なプーチン大統領に 柔道六段が授与された所為もあって、剣道・空手・合気道その他の日本武道熱が盛んである。

逆に日本人は、彼の優れた国から何を学び取る 能力と意欲が有るか、胸に手を当ててヨ〜ク考えようね。
[ 投稿者:koji at 11:58 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

人格を現わす言葉の意味
この野郎、馬鹿野郎、あほんだら、ぶん殴るぞ、死んじまえ、ぶっ殺すぞ、セックス、アダルト、無責任、fack、ぐたぐたに酔っ払い、ヒロポン、売買春、覚せい剤、裏切り、お金の亡者、盗み、やっちゃえ、暴力、革命、ヤクザ、でしゃばり、あっしにゃ かかわりのねぇ ことでござんす・・・

クソ食らえ、何も信じられねぇ、ウソで固めて他人を騙し、自分だけ楽しきゃ良いじゃん、勉強なんてバカがする事だ、・・・

もっともっと品格を落とそうと努力すれば 限りが無いなぁ。

有難う、すみません、ご馳走様、宜しくね、こんにちは、いかがですか、信じてます、楽しいですか、苦しいですか、お大事に、御免なさい、さようなら、じゃぁ又ね・・・
[ 投稿者:koji at 10:02 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

手術も投薬も必要悪だが・・
我が国の現状は 行き過ぎている。

もともと戦争によって発達した現代西洋医学だから、平和に発展した東洋医学と異なり、ずいぶん荒っぽくバッサリいくのは仕方ない。

百歩譲っても、短絡的に すぐ切開手術や劇薬使用に走るのは如何なものかね。

象徴的なのは ガン治療だよ。

西洋医学の先進諸国では、とっくに手術・劇薬から離れて、放射線治療や代替医療へと移行してるのに。

日本の患者さんは、頑迷な医者達の犠牲になって可愛そうだ。
[ 投稿者:koji at 04:04 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

悪い話し方
hw4

世界中の言葉の話し方に、良い悪いが有ると思う。

日本語では、「あの〜」・「え〜」・「本当に」などの連発は とても聞きずらい。

また丁寧すぎると慇懃無礼で、長ったらしく為ってしまう。

え〜 本当にを連発なさいますると、あの ですね、あのぉ 本当に それは本当でなくなりましてですねぇ、え〜 本当に ウソに聞えて来るので御座いますですよ。

この様に まったく聞きづらく、ウソっぽい話の内容に為る。

Englishでも well〜,let me see〜,you know〜,Oh,it's true. などなどの連発は 聞きづらいんじゃないの?!
[ 投稿者:koji at 03:16 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月30日
明日は 役所や会社の年度末
どうでも良いが、一応は 心の決算書でも書いてみようかな。

4月1日は年度始めのエイプリルフール。

さっそく嘘の年間計画でも立ててみようか。

[ 投稿者:koji at 17:00 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

(そう)うつ病(症)にも効果あり
神奈川県内の或る病院では、(躁)鬱病診療に薬物・通電療法の他に、鍼灸を実施して効果を挙げ始めた。

私共の処へも精神病関連の患者さんは、以前から多く来院され 効果を顕している。

ただ闇雲に自慢してるのではなく、うつ病は回復期に自殺する危険も承知の上で 慎重なカウンセリング診療体制が必要である。

分裂病(症)では、医者が患者に殺される危険まで有る。

リハビリテーションや痛み治療の領域では、今までも取り入れる病院が増えつつは有るが、まだまだ不十分な状況だ。

やっとの事だが、心身領域でも 現代西洋医学との連携が成される一歩が踏み出されたんだね。
[ 投稿者:koji at 08:12 | 佐々木整体療院 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月29日
東洋医学・代替医療(整体・針)で、何を治すの?
良く聞かれる質問だが、あらゆる病気や怪我に効果が有る。

特に、疲れてる、肩が凝る、腰が痛い、膝が痛い、手足が痺れる、ストレスが溜まる、心が重い、胸苦しい、眠れない、頭が痛い、胃腸の具合が悪い、生理が不順だ、太り過ぎで痩せたい(メタボリック・シンドローム) 、老化現象 等、心身の不調は とても良くなります。

この事実にケチを付け、治ると言わせない医者が居ますが、進歩した現代西洋医学しか見えない視野の狭い・心が狭い 勉強不足な人だから、「井の中の蛙」で時代に取り残されて とても気の毒な人です。

治療院とは、直す(治す)処という意味ですよ。

東洋医学には、それ程の実力と見識が備わって居ます。
[ 投稿者:koji at 10:14 | 佐々木整体療院 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月27日
煙草は是か非か?!
yun_4610

フランス人は エイズ・ヴィールスを最初に発見したり、非常に医学が進歩してて 誇り高く、アメリカが「タバコは 健康に有害だ」と力説しても 科学的・論理的に全く信用しない。

発ガンなど 空気汚染で有害なのは、工場の煤煙と 自動車の排気ガスなのだ。

米国は、自動車社会で 発ガン物質に満ち溢れて居るから、ずるくも煙草に責任を擦り付け 犯人に仕立て挙げ、利己的に経済発展して来た。

逆にフランスは、ストレス解消・ガン予防物質を含む・麻薬の蔓延を防ぐ等、煙草の有益性を考え 強調してる。

だから国民は好んで たばこ を吸うし、高級レストランやカフェには灰皿が テーブルごとに置いて有る。

ちなみに彼らは健康・長寿で、(肺)癌は少ないよ。

また煙草を善く吸う中国でも 肺ガンは少なく、アヘン等の麻薬を撲滅した。

そういえばアメリカでも、世界一のハーバード大学医学部では 皆が煙草を吸ってたなぁ・・

それに引き換え日本人は、なぜアメリカが言う事を 直ぐ鵜呑みにしてしまうのだろう?

素直なのか馬鹿なのか?!

「長いものには 巻かれろ」が 気楽で得するからだろうね。

皆もっと、清濁併せ呑む 広い心を持とうよ。

現に ヘビースモーカーで有名な、中国の鄧小平氏も 映画監督の市川昆氏も、95歳ぐらいまで長寿を まっとうしてるんだね。
[ 投稿者:koji at 13:57 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月25日
負(ふ=マイナス)の記憶
悪い記憶こそが 人生(観)を深める(実)力に成る。
[ 投稿者:koji at 23:59 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

太陽は善か悪か
全ては太陽によって育まれ、全ては太陽によって破壊される。
[ 投稿者:koji at 23:05 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

メンデルは実験を誤魔化した
メンデルは 遺伝(子)を証明する信念を持って、目的の為に手段を選ばず 実験結果をゴマカし、その御陰で遺伝学は大発展した。

信じる心の大切さと、「ウソも方便」の効用を示している。

そういえば最近 何処かで、実験を誤魔化して逮捕された学者が居たね。
[ 投稿者:koji at 22:25 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

最高の医者とは
s-12-1249634海空

医者には三つのランクが有る。

普通の医者=病気や怪我を治す。

上等な医者=病気を予防して、健康を保つ。

最高の医者=世の中を治し、平和を保つ。つまり善良な政治家のことを云うのだが、現在は皆 汚い政治屋に為り下がって、この存在を観かける事は 稀であるね。

なお、この外に番外として「藪医者」と「竹の子医者」が居る。

ヤブ医者=説明する必要も無く、諸々を悪化させる医者。

竹の子医者=本人の意思と関係なく、これから すくすくとヤブ医者へ育ちつつ在る人々のことを云う。

ああ!青年よ 大志を抱け!!

Oh ! Boys, be ambitious ! !
[ 投稿者:koji at 16:48 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

NHK会長の交代で 生まれ変われるか?
平成16年以来 インサイダー取引・女性問題その他の不祥事続きのNHKが、会長の交代によって 本当に構造・体質改善されるのか??

緊急災害放送・国際報道・地方再生・デジタル化・政治的公正中立など、本来の業務を 充分に遂行してるのか?

13,500名の職員全体が あんな高額の月給を貰ってて、本当に受信料の値下げが出来るのだろうか?

業務用(多台数使用)と個人契約の、受信料支払い不平等が 解消されるのだろうか?

真面目に払い続けた人に対する 割引は為されるのか?

子会社の利益配分・グループ経営・効率化は適正なのか?

年間700万件も寄せられる国民の意見に どう答えてるのか?

そもそも国会がNHK予算・決算を審議すべきなのか?

受信料不払いの人達も、納得できる改善が成されれば 多数の人々が支払う様に為るのだろう。

そしてメディアが発達した現在、はたして受信料という支払い方法が妥当なのか?

お手並みを拝見しようじゃないか。
[ 投稿者:koji at 03:00 | 政治・経済・行政・立法・司法・軍事・社会・平和など | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月24日
熱性痙攣に解熱鎮痙剤は不要
子供が時々おこす 高熱の全身痙攣は、薬を飲ませず 我慢して見守るのが、丈夫な子供を育てる 賢明な親の資格だと、小児専門医や外国人は言ってる。

知恵熱は 大体が自然に治まるし、逆に薬の副作用が怖いからだ。

ところが直ぐに病院へ連れて行くバカな親や、直ぐに解熱剤などを出す 儲け主義の医者が多いのは 日本だけだ。

もっとも片方の手か足など 身体の一部分だけが痙攣してる場合は、脳に傷害が起こる危険が有るので 直ちに専門医の受診を御勧めします。

要は冷静な観察と対処が必要です。
[ 投稿者:koji at 11:33 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ES細胞から病気を治す
マウスの実験で、ES細胞から作った神経細胞を脳に移植して、脳梗塞やアルツハイマー病が治った。

人体への応用が進めば善いと思う人と、神の領域へ人間が踏み込む悪であると思う人、どちらが正しいの?

[ 投稿者:koji at 10:07 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月23日
他人の悪口を言うと、自分が損する
アクティブ女性

天に唾すれば自分に掛かる。

分かっちゃ居るけど止められない、ちっぽけな正義感に振り回されてる性格です。

自殺する気遣いの無い私だから 早死にするとすれば、きっと何時か 非難した相手から殺し屋を派遣されるのかもな。

[ 投稿者:koji at 15:24 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

フランス映画「ランジェ公爵夫人」
文豪バルザックの小説を映画化したもの。

パリの秘密結社が絡む 「大悲恋物語」。

にも係わらず バルザックは、これを「人間喜劇」と名付ける へそ曲がり。

ともあれパリ社交界の{虚と実}は、東洋医学が重視する{虚実}にも似て 面白い。

どういう訳か、ふと ロシア文豪トルストイの「アンナ・カレニーナ」を思い出したが・・・
[ 投稿者:koji at 12:57 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

サプリメントは百害有って一利無し
1;本当は一番 栄養になる食事を、疎かにする様に為る欠点。

2;ビタミンA・B・C・D・E・K・Uその他は 風邪・癌に効果が無く、しかも過剰に摂取すれば病気になることは 世界中の多数の科学的論文で証明されてるが、マスコミ・メディア・商売人たちは 視聴率・売り上げが落ちて損するので、報道・宣伝しない。

要するに得する儲かる情報のみが 過剰に発信されている。

農薬・食品添加物に関しても同様で、内閣府食品安全委員会や厚労省でさえ 正しい姿勢とは云えない。

ともかく、あやしい健康情報とニセ科学には注意しよう。

このような「身体に効かない」と言う 新しく正しい情報を信じる人は、賢い人で きっと救われます。
[ 投稿者:koji at 12:06 | 美容と健康 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月20日
院内助産所の設置
今日は春分の日、万物が生まれ出づる時、奇しくも私の誕生月。

やっと日本の厚労省も医師会も 重い腰をあげて、欧米並みの助産所を真似しようと 動き出した。

つまり妊産婦の4分の3は自然分娩なので これは助産師が全面的に担当し、残り4分の1の異常分娩を産婦人科医が受け持つことにする、欧米式の責任分担システムの導入である。

「医師だけが医療を独占しない 君臨しないで、規制緩和・自由化する」という 当たり前の協力体制を始めた訳だが、産婦人科医の不足解消に役立つから 大いに進めて欲しい。

そして この動向が、あらゆる分野に波及し、やがて東洋医学・日本医学・代替医療が 正しい評価と地位を得られる日が、一日も早からん事を祈る、イヤ 努力しよう!
[ 投稿者:koji at 20:56 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

興味津々症(きょうみしんしんしょう)
yun_1212

面白い病名である。

「〜〜性(しょう)」なら性格的に 好奇心が強いという事だろう。

治らなくても良い病気かもしれないね。

だからといって頑張り過ぎないで 余裕を持って心を豊かにし、みんな それぞれ幸せに成ろうよ!

死ぬも生きるも 在るがままに・・

ところで細胞は絶えず生死生死で入れ替わり、7年間で人体内の全部が新しくなる。

細胞的には 全くの別人に為ってしまってる訳だね。

7年以上を生きることは、これを繰り返してるのだ。

つまり 永く生き続けるためには、いったん死んで また新しく生まれ変わることが、必要不可欠な条件です。

睡眠も一種の死だと考えれば、我々は毎日のように死んでは 生まれ変わってるんだね。
[ 投稿者:koji at 09:33 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月19日
食品の危機
東洋医学では昔から 医食同源(中国・日本)や薬食同源(韓朝鮮半島)と言い、(石油毒から造られる現代医学の化学薬品とは異なり)食物は漢方薬と同様で(草根木皮から作られるので)身体に良い物であると考える。

ところが現在 日本の食品業界全体が、偽装問題・毒入り食品などで悪徳に塗れ 全く混乱していて、それこそ毒食同源の状態だから 我々は何を食べれば安全・安心に生きられるのかね?!

まったく政府も官僚も頼りないから、しっかりしてくれよ!!
[ 投稿者:koji at 21:05 | 東洋医学(代替医療) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

フランス・パリのユネスコ本部で研究発表した
のは15年前だった。

「針・整体が 免疫機構・自然治癒力に及ぼす、多大な効果について」である。

この事は光栄にも 日本のマスコミで報道された。

それが縁で 単行本出版の話も来たが、忙しくて不精な私は お断りしてしまった。

論文やビデオ講座は出したが、単行本には思い入れが有るのです。

剣聖の宮本武蔵は 61歳の生涯の終期に、ただ一冊・名著「五輪の書」を残して 悠然と此の世を後にした。

そんな生き様に常日頃、憧れてる私なのです。
[ 投稿者:koji at 12:51 | 東洋医学(代替医療) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日本文化って何だろう?!
s-35980017 (本院のマーク)

花を愛でる心、生ま寿司を食う習慣、日本古来の詩歌を読み吟じ書き描き 踊り演じ計算し、古武道を鍛錬すること、日本思想を大切にし 医学に日本人の誇り・礼節・慎みを注入する事・・・・・温故知新ともいうか。

かって娘と息子が幼かった頃、アメリカへ嫁ぎ マンハッタンに住む妹の家へ、養子にやる話が持ち上がった。

今は亡き イギリス駐在の優秀な親友に相談したら、即座に反対された。

彼は「日本人の特質が身に付いてこそ 世界で活躍できる人材に成長するのだから、20歳を過ぎてからが良い。その前に日本を離れると、外国語は上手に為っても 本物の日本人(Local Person)では無くなって損だ。」と言うので、その忠告に従った。

38年前の開業時に 私がデザインした、当院のマークを あえて御紹介したのは、私自身の精神構造を考察する為である。

周りの五弁は、花びらと 手技・手当てする片手指5本(=整体・指圧と 鍼灸の押し手・刺し手)を表わし、中の S Y は佐々木雄次(Sasaki Yuji)のイニシアルを表す。

そしてSは灸の煙、Yは針(鍼)の 象形文字でも在る。

しかもSは Seitai & Shiatsu の頭文字で、「整体」がマークの中心思想です。

Y(鍼)は 花のガクと茎に当たり、全体をシッカリと支えて居る。

いろいろ凝ったつもりが 善いのか悪いのか、結局は和洋混交だ!

なお平安貴族の流れを汲み、1,000年の家系図を持つ 佐々木家の家紋は「花四つ菱」です。

治療院のマークが”beautiful flower”(綺麗な花) に見えれば お慰み・・
[ 投稿者:koji at 09:14 | 佐々木整体療院 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月17日
揺れるアメリカ
円高・株安と 日本への影響も大きい。

ドル10% ユーロ3%の下落は、輸出に悪いが 輸入や海外旅行には良い。

どちらにしても21世紀は、欧米が後退して アジア・中東・アフリカ・南米が躍進する前触れかな。

オーストラリア大陸は微妙な立場だね。

ただアメリカは今、代替医療を重視して 世界へ啓蒙する先頭を切ってるので、それに就いては力を抜いて欲しくないな。
[ 投稿者:koji at 21:06 | 政治・経済・行政・立法・司法・軍事・社会・平和など | コメント(0) | トラックバック(0) ]

本当か?インフルエンザ新ワクチン
yun_4104

注射せず、補助剤を使って 鼻から入れる新ワクチンの開発に、厚労省が成功したと云う。

今まで騙され続けたから 信じられないが、一応は注目していこう。

もっとも2010年に臨床試験を始める予定だから、有効で安全な物が、新型(鳥)インフルエンザ大流行に 間に合うかどうか判らない。

たとえ大惨事が起きた時の免罪符としたい研究であっても、良い方向で有れば認めよう。

頑張れよ、見守ってるぜ。
[ 投稿者:koji at 20:35 | 美容と健康 | コメント(0) | トラックバック(0) ]