掲示板お問い合わせランダムジャンプ

皆が健康な笑顔で元気,心身美容,幸福,信頼,挫折,絶望,退転,希望,愛,勇気,夢,誠実,感謝.  
o3_33 fuurin2    本物はウソをつきません。痛く無く、優しく気持ち良く癒し安全です。皆さま安心して御来院なさってます。    midori01_siawasehakobitai  midori07_yotuba  h1,1 整体で改善する病気や怪我は、肩こり・腰痛・不眠・ストレス・疲れ・心身の不調・痛み等。女性・外国人も安心安全に受療でき癒されます。 一回10,000円・高級ブランド治療のベテラン先生が診療、充実した施術内容なのに一回5,000円にサービスしてますから、必ず皆さまに御満足いただけます。 今年は創業97周年に成りますが、二代目の私は青年の気概で頑張ります。 ですから皆さまに御満足いただき「ありがとう」と言われる医療技術の匠(たくみ)として、なお一層、心技体と倫理の向上を目指しますので、宜しく御引き立てのほど御願い申し上げます。    "If you got well right away,what would you do first ?"「直ぐに治ったら、あなたは真っ先に何をしたいですか?」  "Of course,naturally,I just like to 〜!”「勿論、とうぜん直ぐに〜したいさ!」  ”Let's Change the Future!!"「さあ、一緒に幸福に成りましょうね!!」  "Never too late,never too early."「これからでも決して遅くない、今がチャンスだよね。」  "The future is yours. Never give up."「きっと良く為るよ。あきらめちゃダメだ。」   "Yes,we can!!"「皆で幸福に成ろうね!!」  "Don't worry,You can do it,Be happy!"「問題無い、大丈夫だよ、これからだ!」 "Nice One!"「いいね!」  

2006年11月30日
「チャングムの誓い」という
NHK人気ドラマが一つ終わった。
久しぶりに{為に為る}内容だった。
特に韓朝鮮半島の500年前の王様の重病を、優秀な女医が 鍼・整体・韓方薬・食事・運動で治す場面が、大いに参考になった。
温故知新とは、古くても優れたものは 現代・未来に生かして行くことだ。

そうなれば日本の、いな世界の医学が進歩して、全人類が救われ、治療医学中心の現代西洋医療が改善されて、予防医学も発達し 皆が健康になり、年間30数兆円の医療費が削減出来るのだが。

[ 投稿者:koji at 07:36 | 東洋医学(代替医療) | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年11月29日
マコちゃん誕生日
今日は愚妻もとい賢妻・愛妻の誕生祝(昨日は結婚記念日)で、{よこすか芸術劇場}へ行き、松井誠の娯楽時代劇・歌・女形日舞を堪能した。

松井は来年、NHK大河ドラマ「風林火山」に 北条氏康(ほうじょううじやす)役で出演する中堅の好男子だ。

2日間、良い夜を過ごせた。
[ 投稿者:koji at 23:14 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(1) | トラックバック(0) ]

灯台下暗し
s-450-200509231644pl281.jpg

人生は、正に ご縁のドラマである。

相性も・対抗心も・遠慮も・反発も在る。

単純な正義感から 視野が狭くなる。

信頼と不信も紙一重だ。

可愛さ余って 憎さ百倍。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。

でも一切を乗り越え 拘りを捨て去り、大きな広い心で

素直に無心になり、許さねば 解決出来ない問題も有

るのだ。

相手が悪いのは、自分に原因が有ると思えば・・・

そうしないと、いつも争いや戦争が起こってしまう。

[ 投稿者:koji at 22:59 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(2) | トラックバック(0) ]

医者は勉強嫌い
或る医師会の学術研究会に参加したら、学術部長が「出席者が少ない!」と怒っていた。

  私も東洋医学の学術部長をしてた時に、ご同様の経験が有る。

何処の社会にも、優れ者とダメ人間が居るものだ。
[ 投稿者:koji at 15:46 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

更年期障害
産婦人科の専門医が嘆いていた。「更年期の患者に間違った薬を出してる医者がとても多い」と。
一事が万事で、自分の専門外で間違った薬を出したり、手違いの手術をする医者達が多過ぎるのには閉口してしまう。
[ 投稿者:koji at 15:29 | 日本の医者の間違い | コメント(0) ]

2006年11月26日
アインシュタインは脳障害者
保存されてるアインシュタインの脳を調べたら、頭頂葉に傷害が在り、学校の成績は悪かった。
だから彼は科学の天才に成った。
常識を逸脱した逆説思考と、失敗に鈍感な粘着体質が、「相対性原理」を発見させたのだ。

レオナルド・ダ・ヴィンチもエジソンもアンデルセンもノーベルも田中耕一も、脳障害からくる失策と錯覚により 発見・発明している。
失敗こそ成功のもとだから、科学者も芸術家も 失敗できるほどに、頭が悪るく鈍いのである。

人類は生物界で 遺伝子的にも生存力が弱い片端者だから、失敗と敗退の歴史の中で 言葉と理性の文化を生み、地球に君臨した。

そこで人間の、そして欠点だらけで 至らぬ自分自身の、 限りない可能性を信じよう !

(森下伸也教授の説を要約した)
[ 投稿者:koji at 12:14 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(2) ]

「千の風になって」
kabegami1459-2.jpg

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を 吹きわたっています


秋には光になって 畑にふりそそぐ

冬はダイヤのように きらめく雪になる

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる

夜は星になって あなたを見守る


私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって

あの大きな空を 吹き渡っています

あの大きな空を 吹き渡っています

[ 投稿者:koji at 00:02 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2006年11月25日
ラグビー法関戦(リーグ戦グループ)
予想に反してリーグの雄・関東学院大が法政大に負けた。
シーズン通しての得失点差で関東学院が優勝となったが、こうなると やはり、全国大会で 吾が母校の優勝が見えて来た。

[ 投稿者:koji at 19:33 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年11月24日
English Blog Word
xoxo hand xxx CU

いま欧米のインターネットを飛び交っている 人気のブログ用語です。

「Kiss hug kiss hug」 「Have a nice day」 「Kiss kiss kiss」 「See you !」と云う意味です。

それぞれ単独で使ったり、組み合わせたりします。





[ 投稿者:koji at 23:33 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年11月23日
今日はラグビー早慶戦(対抗戦グループ)
w050215_14.jpg

いい試合だったが、後半は楽勝した。
この分だと、今年も早稲田が学生日本一だろうな。
[ 投稿者:koji at 19:26 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年11月22日
Livedoorという会社
yun_3448.jpg

インターネット関連に事業を絞って頑張っている。

いろいろ有ったが、ぜひ発展し 大きく羽ばたいて欲しいものだ。
[ 投稿者:koji at 16:30 | 政治・経済・行政・立法・司法・軍事・社会・平和など | トラックバック(0) ]

2006年11月21日
冬は鍛錬の季節、
シュプール.jpg

やがて躍動の春が来て、

情熱の夏が巡り、

そして知性の秋に想う。

そうだ!   私も

価値ある人生の四季を歩み出そう!!

[ 投稿者:koji at 08:43 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ガンは治療するな!
s-450-200602122219PL56586.jpg

1:カナダの医者は癌を治療しない

2:ガンは病気でなく、老化現象

3:タバコは薬

4:ガンには{がんもどき}が多い

5:治療するなら東洋医学で
--------------------------------------------------------------------------------
1:カナダのガン専門医にアンケートを取った。 


日本の医者達は、まともに答えないからだ。


「もし貴方自身がガンになったら、どうしますか?」という内容だ。


3,000人の90%が「何もしないのが一番よい」と答えた。


日本と同程度に現代医学が進歩しているカナダの専門家達の本音が見えてくる。


すなわち、いくら早期ガンを発見して、手術・抗癌剤・放射線を施しても無意味だという事を

物語っている。


まず診療の副作用や後遺症で体力が落ち、寿命を縮めるからだ。


悪性は早期発見以前に転移して悪化し 間に合わないし、良性は放置しても悪化しない。


しかも悪性は少なく、良性の{ガンもどき}が多い。


現代西洋医療には、完治し寿命を延ばす力は無い。


痛み・出血・不具合だけを、症状が出てから診療すれば良い。


もし如何しても治療したいなら、副作用や後遺症の無い代替医療(整体・鍼・漢方薬)を選択すべきだ。



2:人生50年と云われてたのは、つい この間で、皆 ガンに為る前に死んでた。


人間は寿命が来て、何時かは何かで死ぬものだ。


それが日本人は今、世界一 長生きな国民になった。


ガンが増えるのは、病気でなく老化だから、高齢化社会の当然な成り行きである。


老化防止には鍼整体その他 良い方法は色々有る。


なぜ私を含めて日本人は、こんなにガンを怖がるのだろう。


諸外国では、あまりガンを恐れない。


その理由は、世界中のほとんどの人が、何らかの信仰を持っている為だ。


それに引き換え私達は無神論者が多いせいか、「生に執着し 死を恐れ、遠ざけようとするからだ」 

と言われている。


その心理を巧妙に利用し、不安をあおり、保険会社と医師会が結託して儲けている。


でも どんなに頑張っても、あなたも私も100年後には 此の世に居ないのだ。


もっと有意義な人生観を持ちたい。


人生50年といわれた長い人類史の中で、飛躍的に平均寿命が延びた(女85歳、男78歳)ことに

感謝こそすれ、ガンを忌み嫌う理由は何もない。


痛み等を緩和して貰う方法は、適切なモルヒネや鍼・整体・漢方薬で十分に対応できる。



3:タバコには200種類の成分が含まれ、癌予防作用の良い物質も 癌発生因子の悪い物質も有る。


ようするに他の植物と同じであって、タバコの葉だけを悪者にしては可哀想だ。

精神を安定させストレス解消する作用もある。


だから中国では阿片(麻薬)を撲滅出来たし、日本ではマヤクの蔓延を食い止めている。


それに引き換え 禁煙法を制定したアメリカでは、子供達にまでマヤクが はびこり、

社会問題化してるのだ。


ちなみに煙草を吸う時は 自然に腹式深呼吸をしてるので、それも心身に良い。


ガンの本当の原因は、10人中9人まで、自動車の排気ガスと 工場の煤煙と アスベストと 

食品添加物と 紫外線 等である。


これらを無くせば、ほとんどのガンは無くなるが、ムリだろうな!?


ようするに、経済発展と便利さを求めれば、それに比例してガンは増加する訳だ。

ちなみに中国は世界一タバコを吸うのに 世界一肺ガンが少なく、経済発展と共にガンが増加して来た。


4:医者が「ガンだ」と云う時、その多くは良性のもので、何もしないで、ほって置いても

悪化しない。


これを{がんもどき}と言う。


日本で長寿社会を作り出した高齢の人々は、明治・大正時代に生まれ、若い時から医者に掛かれず、

タバコを吸った。


だから「ガンを体内に抱えながら 長生き出来て、100歳以上が35,000人を超えた」

とも考えられる。


5:くどい様だが、免疫能力・自然治癒力を高めて癌を縮小・治癒・再発予防し、

副作用・後遺症の無い東洋医学=日本医学(鍼・灸・指圧・整体・漢方薬)が最適である。
[ 投稿者:koji at 07:19 | 日本の医者の間違い | コメント(2) | トラックバック(2) ]

「ブラック ジャック に よろしく」
たかが漫画なのに私は、手塚 治 の無免許・外科名医物語り「ブラックジャック」から大いに影響を受けた。

最近では、佐藤 秀峰 のインターン物語り「ブラックジャックによろしく」(Say hello to BLACK JACK)から学んだ。
6チャンネルでテレビ化放映されたから、ご存知の方も多いだろう。

ただ、原作漫画は医学界の矛盾を、鋭く批判し えぐっているのに、テレビの方は 逆に美化してるところが有って、原作を歪めているから、騙されては いけない。

「〜〜よろしく」の原作マンガを、ガンに打ち ひしがれている患者さんに貸してあげたが、「読みながら泣いてしまった。」と言う。
[ 投稿者:koji at 06:29 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年11月20日
医療ミス死5万人/年
アメリカでは、企業が医療の質に介入するきっかけとなったのは、1999年の米国医学研究所(Institute of Medicine:IOM)が発表した「年間最大98,000人が医療ミスで死亡」という事実を報告したレポート。

このレポートが医療の質を向上させる活動への大きな原因となったといえる。
そして現代西洋医学の限界と欠点を無くす為に、代替医療(鍼・整体・漢方薬など)を多いに取り入れ 進歩している。

上記の数値を人口比率で日本に当てはめると、1年間に約5万人の患者さんが 医者に殺されて居る事になる!
交通事故死の5倍に当たるのだ。
ア〜恐ろしや〜〜〜〜〜

しかも日本では 未だに、医療ミスを無くそうとする 真剣で組織的な取り組みは聴かないし、医師が罰せられない。

先進諸国では、医師の{業務上過失致死}が 刑務所行きなのは常識なのに、我国は狂っている。
何時まともに為るんだろう?!

皆で協力して、一日も早く改革して行こう!!
[ 投稿者:koji at 15:06 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

インフルエンザ予防注射の害
インフ(ルエンザ予防)接種は 百害有って一利も無いから、世界中で実施してるのは日本だけだ。
全く効果が無く 具合悪くなり、毎年・死亡者が出ている。
それでも続ける理由は、医者と製薬会社が儲ける為だけである。
子供や高齢者は身体が弱いので、インフ注射の副作用で死亡する例が多い。

鳥インフルエンザの特効薬とされたタミフルも、日本で摂取後に子供が10数人も死んだ為に、ニューヨークタイムズが報道し、それを隠してた日本の厚生労働省と医師会が平謝りするオソマツが有ったばかりだ。

今 治療を受けに来院してる看護婦さんが、「イヤだけど立場上、予防注射を受けたら 案の定、体調が崩れて困っているので治して欲しい。」と云ってた。
[ 投稿者:koji at 13:19 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

早大一商学生委員会OB同期会
11・18日、日本橋で8人集まった。
1人は息子が車椅子を押して来た、善い親子だ。
皆 60年安保闘争の闘士だった。
[ 投稿者:koji at 12:03 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

朝日航洋OB会
s-バラPL.jpg


11・18日、東京で懐かしい連中に会った。
65歳までパイロット現役のヤツも居る。

なかには亡くなった方、病気欠席の人、国の叙勲を受けた人など様々だった。

心筋梗塞で入院中のOさんは、早速お見舞いしよう。

[ 投稿者:koji at 10:22 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2006年11月17日
或るベテラン外科医の告白
「外科手術は神を冒涜する仕事であるため、それが常に脳裏を離れない。

私に限らず 手術の成功例が少ないのは、きっと神の怒りだろう」と。

もって肝に銘ずべし、心有る人間は 父母から受けた大切な身体髪膚を、やたらに切ると罰が当たる事を知っている。
[ 投稿者:koji at 10:27 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

一人の医者だけが正しかった。
40年前にアメリカでは、アスベストの患者が問題になり、心ある医者達や医師会が主体になって国民の正しい意識を高め、国(政府)と企業を動かし、アスベストの製造販売を禁止して解決した。
同時に日本へも警告を発したが、これに耳を貸した医者は、残念ながら たった一人の医者だけだった。

その後 数人が行動を共にしたが、医師会や大学医学部は動かず、当然の成り行きで、我が国の政府(環境省や厚生労働省)も産業界(中核企業はクボタ)も、利潤追求の姿勢を崩さず、アスベスト被害を分かっていながら無視し、解決の手を打たなかった。

しかも日本のマスコミが未熟で、それらを報道せず、信頼できない事にもなる。

その結果、今は上皮腫ガン等のアスベスト被害で、一年に3,000人も死んでいる。
これは序の口で、10〜20年後には100万人単位で死亡すると予測される。
この大量殺人は30年前に防げた事なのだ。

国家は戦争で国民を殺し、企業は経営原理だけから善良な市民を殺す!
それを阻止すべき医者達が、逆に加担している!!
この世は とかく面白く出来ている。

「1億3千万人が幸せになるために」などと屁理屈をつけて、数100万人を人身御供にする古代思想と同じレベルなのだ。
誰が{お利口さん}なのか? よーく考えよう。
[ 投稿者:koji at 07:19 | 日本の医者の間違い | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年11月16日
健康を保つ4本柱
立派な家屋は四隅の柱が しっかりしている。
人間の体も同じこと。

1:現代医学の光と影

2:東洋医学(代替医学)を3割使用

3:自分自身で生活習慣を正す

4:生も死も考える

--------------------------------------------------------------------------------

1:進歩した現代西洋医学の光と影を理解しよう
もし私が病院の世話になるとすれば、それは2つしか考えません。
先進国のインテリや上流社会の考え方です。
1つは交通事故やスポーツその他で大怪我した時に外科へ掛かります。
要は、放って置けない出血や痛みだけです。
2つ目は重症の伝染病で内科へ掛かります。
他人に移しても いけませんから。
その他の病気や怪我で 医者に掛かるのは有害な場合が多いのです。
風邪でも 軽い怪我でも、胃腸病でも癌でも、脳心臓の血管病でも、診療所へ安易に行くのは良くありません。
「困った時の神頼み」の如く、未開の国の人々がする事です。
決して手遅れには為りません。
手術は後遺症が残り、薬は副作用が出ます。
そして症状は取れても、根本的に体質改善し、完治させる手当ては、ほとんどありません。
無力です。
そうなのに、最新医学で何でも治せるような錯覚を人々に与えている、医者達は間違っています。
極力、自分自身で治す努力と勉強をして、安易な病院通いは止めましょう。
ちなみに先進諸国では、小学校から家庭医学を教えているので 日本ほど医者に掛かりません。
100歳以上 長生きしてる人達は、ほとんど薬や手術に頼らず 自分で治している事実を 見習いましょう。

2:東洋医学の、はり灸あんま指圧・整体・漢方薬・その他、有効な種々の医学が世界中に在ります。
正しい診療は副作用も後遺症も有りません。
東洋医療にも名医と藪医者が居ますから、選択眼が必要ですが。
もっと古今東西の素晴らしい医療を知り、大いに利用しましょう。
現在、日本医療の中で、東洋医療は1%も利用されていないから、人々の病気が治らず、国民医療費は年間40兆円も負担しなければなりません。
東洋医学が医療の30%を受け持つように成れば、医療費が大幅に節約され、患者さん本位の 最善の手段が尽くされ、日本医学は理想の形に近ずくでしょう。
この事を、先進諸国同様に 国民の皆さんが理解して、10回に3回は東洋医療を受ければ良いのです。
現にアメリカ・フランス・中国・韓朝鮮半島では 鍼・整体に健康保険が適用されています。
ヨーロッパ・アジア・アフリカ・オーストラリア・南米諸国でも、日本より制度が進んでいます。
技術も学問も世界一の日本東洋医学が、医師会の反対で 保険適用されないのは残念でなりません。
健康保険適用を実現するには、国民 皆さん方の署名運動などの協力が ぜひ必要です。

3:自分の生活を正す方法は{快食・快眠・快便}の実行です。
A)食事のバランスは、やはり4本柱です。
ご飯&野菜&肉&海藻です。
特に海藻は毎日とる事が大切です。
朝食は摂らないか 少ない方が、胃腸にも脳神経にも良い。
B)快眠とは生活リズムを正すことで、ストレスを適当に受け、7時間眠ること、1日7時間以上眠ると病気になります。
C)快便とは、大小便を整えることと、適度の運動です。
一流のスポーツ選手で100歳以上、長生きしてる人は少ないですから、過ぎたるは及ばざるが如しなのです。

4:生(性)と死は共に楽しい
今どきの日本人は、まやかしの平和にドップリ浸かって、私も含めて皆が生(性)を謳歌し、死を真剣に見つめようとしない。
でも、時には死を間近に引き寄せて見ると、これも又、悲しくも楽しい事が分かる。

自殺願望を良しとする意味ではない。
死は必ず誰にも訪れるのだから、人それぞれの胸の内に、生と死の覚悟を抱きしめていると、ほのぼのと元気が湧いてくるものです。
これは、武士道や宗教に通じる考え方です。

今が臨終だと思えば、一瞬一瞬が大切で、おろそかに出来ず、人生が充実して来ます。


長寿・博学・博愛で有名な 聖路加医大病院の日野原先生が実践してる健康法は、{朝飯を食べない事}と{適度の夜更かし・徹夜}と{自動車に乗らず歩くこと}である。(良い事への追随者として)

さぁ中高年に 程よい運動(ラジオ体操と10分間の散歩ぐらい)をして、少しは心身ともに成長しようかな。
まだ間に合えばの話だが・・



[ 投稿者:koji at 05:49 | 東洋医学(代替医療) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

タミフルで死亡・意識障害
2006年11月15日

NHKニュースによれば、アメリカ食品医薬品局の発表で、「インフルエンザ治療薬タミフルの使用で、日本人の子供100数人が意識障害を起こしたので、注意を要する」とのこと。
なお先日、ニューヨークタイムズのニュースでは、「日本で10数人が死亡した」と伝えていた。

なぜ真っ先に日本の厚生労働省や医師会が発表しないのだろう?!
日本の医療界は完全に腐敗してしまったのだ!!!
ニュースでは 隠してた事実を、頭を下げて謝罪してたが、見っとも無いな。

一事が万事、インフルエンザ予防注射も「百害有って一利なし」だから、予防効果は全く無効で、死亡者・障害者も後遺症・副作用も多数出ている。
それ故に、小学校・中学校の集団予防摂取を禁止したのだ。

そのため儲からなくなった医師と製薬会社は、新手を編み出し、高齢者予防接種で儲けようとしている。
医者を信じたために犠牲にされる人々を、何だと思っているんだ!

  私の友人だったり来院してる 医師・看護師さん達からも本音のところは聞いている。
彼等は、不必要で過剰な診療をし 風邪薬を直ぐ出す人を「カゼ医者」と言って軽蔑してるそうである。


[ 投稿者:kojiroh at 06:44 | 日本の医者の間違い | コメント(2) | トラックバック(0) | 編集/削除 ]


この記事へのコメント
あんがとちゃん!( Thanks ! )

1、予防注射
毎年11月にインフルエンザの予防注射していましたが今年は止めます。その方が安全のようですね
投稿者: うま at 2006-11-15 21:42:07 [ IP : 61.26.199.48 ] [ 削除 ]

2、素直な性格ですね
  私の書いてる事にウソは有りません。
守って下されば、必ず元気に長生き出来ますよ!
投稿者: kojiroh at 2006-11-16 01:52:21 [ IP : 220.102.23.176 ] [ 削除 ]
[ 投稿者:koji at 04:43 | 日本の医者の間違い | コメント(2) ]

2006年11月14日
写真などの遍歴
s-富士山2.jpg

小学生時代にカメラを買って楽しさを知り、今まで何枚 撮り貯めたことか。
その後は8ミリムービー。
30年前からはビデオにも凝ったが、ことごとく物にならない。

自棄食いの序でに剣道・マラソン・水泳・ラグビー・登山家・スキー・スケート・写真家・庭園師・料理人・バイオリン・横笛・アコーディオン・書道・油絵・日本画・空と陸と海とのパイロット・映画演劇俳優・デザイナー・小説家・俳句・短歌・神父・僧侶・ピアノ・尺八・つづみ・ギター・クラシックバレー・社交ダンス・体操競技・ヨット・サーフィン・空手・柔道・ヨガ・太極拳・エアロビックス・詩吟・民謡・コーラス・英語・ドイツ語・スペイン語・中国語などにも興味を持って、全て見事に挫折し旅に出た。

そこでアキラメ人間の私は、現在 専ら他人の優れた所作を鑑賞する日々である。
剣道では、こういう行動を「見取り稽古」と言う。

だからブログの写真は、もっぱらフリーフォト等を利用させてもらってる。
この利点は鑑賞眼を養えることで、そのうち再び自分で撮る勇気も与えてくれるだろう。





[ 投稿者:koji at 07:16 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2006年11月12日
アメリカ人女性の患者さん
ほとんど日本語が話せない人なので、英語の勉強にはなる。
「英語が御上手ですね」と御上手を云ってくれた。

それよりも もっと嬉しかったのは、「病院で治らなかった難病が、段々と良くなってきてます。
今は とても幸せな気持ちです。」と美しく晴れやかな笑顔を見せてくれた事だ。
医者冥利に尽きる瞬間である。

明日からの私の診療に、自信と勇気を与えてくれた。
有り難うございます、Ms.〜〜。




[ 投稿者:koji at 22:48 | 佐々木整体療院 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年11月10日
銃猟期(11~2月)近づく
飛行機4.jpg

しかし鳥インフルエンザが怖くて、鳥は撃っても食べられないなぁ・・・

それにしても、大空を悠々と飛翔する鳥たちを観ていると、過ってパイロット試験に合格し 天翔けて胸膨らませた頃を思い出し、切なく懐かしい。

久しぶりに鳥達と一緒に、心行くまで飛び回ってみようかな、それも好い。

そういえば近々パイロット仲間と東京で会うが、航空談議に花が咲くことだろう。
[ 投稿者:koji at 22:58 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年11月08日
今日まで!
yun_2271北海道.jpg

そして明日から!!

人生は輝く!!!


寅さん曰く「今日も涙の日が落ちる」・・・
[ 投稿者:koji at 13:20 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年11月06日
プールの功罪
gf_0f0d4b555c5b1412_1_photo.jpg

東京オリンピック・水泳4位の木原美智子が云ってた、「水泳は体に良くないので、今は泳がずに 陸上でウォーキングしてる」と。

悪い事は風邪プール熱、水イボ、下痢、肌荒れ、浮力が原因の骨劣化(そしょう症)、滑って転倒事故、身体の冷え等々、枚挙に暇が無い。
筋力強化の効果は有っても、その数倍の害が有る。

ちなみに浮力の害は、無重力な宇宙旅行の後で 飛行士は、体中が傷んで居るのと同じだ。

そもそも人間は、魚や河馬(鯨と先祖が同じ)じゃないんだから、馬鹿な医者の妄言を信じ 水中リハビリを実行したら大変な事になる。

水中に長時間居れば、当然 体形はカバに似てきて、バカな事をしたと反省することに為るのだ。
面白いのは水泳選手には、指の間に{水掻き}が出来てくる。

リハビリテーションが陸上で 充分・効果的に出来る事は、怪我・病気の多い私自身が体験してる。

水泳が大好きで得意な私だけに、複雑な気持ちで残念だが、だから今は海で 偶にしか泳ぐ気にならない。
[ 投稿者:koji at 13:27 | 日本の医者の間違い | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2006年11月04日
読書家は
一生の間に5000冊の本を読むと聞いた。
あまり本を読まなかった私は一大発起し、取り返す決意で5000冊の読破を誓った。
それが やっと達成出来たのは3年前だった。
読書数だけから云えば、もう死んでも悔いない事に為るのだが。

6000冊よむと小説家に成れるそうだ。
あと数年で、もしかすると 売れない物書きが、誕生するかもしれないぞ。
[ 投稿者:koji at 08:56 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年11月03日
第54回全日本剣道選手権大会
1_ani.gif

今日、日本武道館で行われ、東京の内村5段が優勝した。
良い試合だった。

来月は台湾で、世界剣道選手権大会が有り、楽しみだ。

ところで朝には何時もの 仲良しトンビちゃんに会えたし、九月十三夜の月は綺麗だったなぁ。
[ 投稿者:koji at 23:22 | 文化・教育・スポーツなど | コメント(0) | トラックバック(0) ]