掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2011年08月08日
成長
人が成長する時というのは、右肩上がりにまっすぐ成長を続けるというよりも、階段のように、まったく成長できない辛い時期があり、その後気が付くとぐんと成長していることが多いように思う。
辛いところを乗り越えると、一段レベルが上がっていくイメージ。

だから、現状、しばらく成長が止まっていて、何か壁を打破しないといけないと感じている時、それはつまりチャンスということ。
[ 投稿者:唐太郎 at 22:40 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年08月03日
道具にこだわらない?
弘法筆を選ばず、という有名なことわざがあるけど、実は結構このことわざ的を射た言葉なんじゃないかと思う。

今までお世話になったエース級の上司やビジネスの先輩を見てみても、皆さん道具を選ばないというか、どんな道具でもきちんと一流の仕事が出来る人が多い。

かといってこだわりがないかと言うと、こだわりがないわけではない。ビジネスの結果には、皆さん圧倒的にこだわる。だけど、ビジネスの道具に対して言うと、なんというか、こだわるけど執着はしないというイメージ。中庸に近いかも。中庸って、悪く言うとどっちつかずということになるのだけど、ビジネスの道具に対して中庸なのは、強みになるよなと思った。
[ 投稿者:唐太郎 at 22:50 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年07月25日
高い目線から考えるためには?
リーダーたる者、常に高い目線を持って行動し続けたい。
日々の仕事に追われていると、ついつい目線が現場レベルにまで下がってしまうもの。

もちろん現場レベルで必要な目線というのは必ずあるのだけど、経営者や管理職になると、それだけでは足りない。やはり3年先や10年先を見据えた高さの目線を持って考えないと、経営って成り立たないし、きちんとした価値を創造できないと思う。

木を見ず森を見る、という言葉は言い得て妙だなと思うけど、まさに森を見るような大局に立った目線というものを大事にしていきたい。
[ 投稿者:唐太郎 at 22:03 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年07月19日
スキューバダイビングする歯医者さん?
1237025026_f46a6257f7_z

私はダイビングが趣味なので、昔は暇さえあれば沖縄やパラオなど世界中のダイビングスポットに仲間を連れてダイビング旅行に行ったものです(最近は仕事が忙しくてあまり行けてませんが・・・)。

ダイビングはいいですよ。海の中だと、陸上では絶対見られない自然の美しさが満喫できますし、なにより海の中だとほんとに余計なこと考えなくなるので、気分転換にぴったりなのです。

この前、そんなダイビング好き同士で飲んでいたとき、面白いというか、かなりのダイビング好きな歯医者さんの話になりました。私は平均3本は潜って楽しんでいるのですが、それでも結構体力的に疲れます。が、なんとその歯医者さんは、私の2倍、つまり1日6本という記録をお持ちだそう!1日6本ですよ!6本!すごいですよね。

ダイビングをされない方はあまり感覚が掴めないかも知れませんが、普通は潜ると言っても1日2本、多くて3-4本くらいです。それを6本とは、、、本当にダイビングがお好きで、しかも相当肉体的にもタフな方なんだろうなぁ、と。。

あまりに興味深いので詳しく聞いたところ、どうやら品川の山手歯科クリニックの院長先生だそうです。恐らく斉藤先生?だと思います。

幸い、私自身は健康な歯を保っていますが、ちょっとそこまでのダイビング好きと聞いては、ダイビング話をするためだけに歯科医院まで伺ってしまいそうです。
[ 投稿者:唐太郎 at 20:16 | 趣味 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年07月14日
正しい戦略と正しい行動が勝利につながるとはかぎらない?
先日、ビジネスの先輩たちと会食する機会があり、そこでいろんな勉強をさせていただきました。
そこで考えさせられたのが「正しい戦略と正しい行動が勝利につながるとはかぎらない」ということ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:唐太郎 at 17:20 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年07月10日
おもてなしできる人間になるためには?
よく、昔の上司には「おもてなし上手になれ」と言われた。

それは気が利く人間になると言う意味ももちろんあるのだけど、それ以上に「お店に詳しくなれ」ということだったんだろうなと思う。

中華やフレンチなどいわゆる東京の老舗というお店はもちろん、変わり種のお店も沢山知っておく必要がある。たとえば取引先の営業の方って、普通のお店であれば大抵ご存知だし、そんなお店にお連れしてもあまり喜んでもらえない。そんなときのために、少し変わった雰囲気のお店だとか、話のネタになるようなお店を知っておくと、強い。

これからも、積極的にお店を開拓していこう。
[ 投稿者:唐太郎 at 18:04 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年07月01日
継続性をきちんと考える
継続なくして、成長なし。
趣味でもなんでも、ビジネスに限らず継続性は成長のための重要な要素。

3日しか続かない人もいれば、3年、10年と続けられる人もいる。
大事なのは、必ず続けるという強い意志と、続けた結果はかならずいい物に繋がる、と信じることだと思う。

ただ続けてるだけだと、それこそルーチンワークになってしまう。
でも、ルーチンワークのその先に素晴らしい結果や成長が待っていると思えば、毎日やり続けることも楽しくなってくる。

それこそ、一歩ずつ目標に近づいていく感じ。
継続性、大事にしていきたいです。
[ 投稿者:唐太郎 at 08:09 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年06月27日
嗅覚を磨く
直感には、二種類ある。経験則が無く本当に勘に近い部分の直感と、経験則がある上で勘のように閃く直感。

ビジネスでも色々と問題にぶつかることがあるけど、年や経験を重ねるに連れて、後者のような直感がそうした問題解決に活かされてくる。

難しいのは、その直感の理由を部下に伝えるとき。「なんとなく、こうなると思うんだよな」という説明しやすい問題であればいいのだけど、説明が難しいとこれは頭を悩ますことになる。

あまり悩んでいても仕方ないので、部下には自分の指示通りやってもらうのだけど、それだとナレッジトランスファー出来てないし、部下が同じ立場になったときに自分と同じ直感を持てない可能性がある。

直感を伝える・身につけさせるって、難しい。
[ 投稿者:唐太郎 at 06:56 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年06月21日
人は成長するために何をするべき?
人の成長について考えてみる。とくにビジネス面について

続きを読む ...
 
[ 投稿者:唐太郎 at 12:35 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年06月04日
おもむろに電車にのってみた
あたりまえだけど、通勤ってめんどくさいときがある

車は楽だけどお酒とか飲めないし、金曜日とか予定が入ってるときはもれなく電車なわけです。

で、おもむろに電車にのってみると、やはり疲れるね。しんどい。
いろんな人いるし。

いろんな人がいると楽しいけど、いろんな人がいるから疲れるっていうのもあるよね。

人ってわがままで難しい。(自分のことだけどね!)




[ 投稿者:唐太郎 at 10:25 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]