掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

架空のFM局、FM-JDRKへようこそ。
チューナーを67.61MHzに合わせても聴けませんが(笑)、
パーソナリティのrubyconが、
読んだもの、聴いたもの、観たものなどについて不定期に発信しております。

番組表(という名のカテゴリリスト)はこちら→ エントリーナビ
(アイコンをクリックすると、別窓でタイトルとリンクが表示され、
目次のようにお使いいただけます)

このブログに対するご意見・ご感想・誤字脱字のご指摘は、謹んでお受け致します(連絡先は マイプロフィール にあります)。
しかしながら、誹謗中傷、公序良俗に反するサイトなどからのリンク、
文章・写真などの無断転載などは、固くお断り申し上げます。
以上、ご了解いただいたうえで放送をお楽しみ下さい。


2015年03月01日
冬の日本海
ホントに物凄い白波なんですね。


本日の『THE 鉄腕 DASH!!』、1本目は出張DASH村@山形県米沢市です。
小野小町ゆかりの美人の湯として知られる小野川温泉では、大豆のもやしが伝統的に栽培されています。

よく売られているもやしは緑豆が原料ですが、小野川豆もやしは大豆を発芽させて作ります。
雪深いこの地では冬期の貴重なビタミン源。
室へ案内されたリーダーと達也くんは床から立ち上る湯気に気づきます。

小野川豆もやしは温泉を利用して栽培しているのです。
60度ある源泉と川の水を混ぜ、もやしに最適な30度のお湯を流し、室の底に砂を敷きます。
そこへびっしりと隙間なく温泉に一晩浸けた豆を撒き軽く均して、遮光して1週間。
30cm(!)くらいに伸びたら収穫です。

温泉で温かいとはいえ幅45cmの室に入って中腰で掬い上げるのは腰にきます。
砂を落とすために軽く温泉でじゃぶじゃぶ、頭を揃えたらつやつやピカピカのもやしになり出荷されるのです。

さて。
小野川豆もやしはとにかく素晴らしい歯ごたえが持ち味(茹でてもしゃきっと)。
湯がいて胡麻油、塩でナムルにし、鶏そぼろとほうれん草、キムチとともに盛りつけ温泉卵を絡ませたらビビンバ…じゃなくてババンビ丼(温泉旅館の女将命名)。
豚肉や春雨を生姜ニンニクオイスタソースで味付けしもやしを加えて片栗粉のあんでとじ皮で巻いて揚げた春巻き。
さくさく豆もやしの掻き揚げは根っこの部分が香ばしく。
トドメは米沢牛のすき焼きで豆もやしを巻いて食べるという最終兵器(違)が投下され、美味しさのあまりリーダーも達也くんも悶絶でした。

2本目は0円食堂@石川県です。
雪吹きすさぶ荒れ模様の中、リーダーと長瀬くんは道の駅富来(とぎ)・海街道へやってきました。
いきなりのお出迎えはタラバガニ、この辺りでは加能(加賀+能登)ガニと呼ばれる名産品です。
他にも米どころならではの米菓各種、海の幸各種。

ふた手に別れ、長瀬くんは海苔を求めて集落へ向かうもひと気がなく静まり返っています。
(地域のイベントだったことが後に判明)
続いて漁港へ向かい、生け簀に残っていたシマエビ(甘エビと一緒の網にかかるが、小さいのは赤字になってしまうのであえて捨てるらしい)をゲット。
次の目的地能登牛の加工場へ…と、待ち構えていたのは先ほど漁港であった男性で、もしかしたらと待っていて下さったそうです。

素晴らしいサシの入った牛肉のカタマリで目の保養(笑)の後、長瀬くんはスライサーの下にあるカゴに吸い寄せられます。
筋が入ってたり、削ぎ落とした脂身を譲ってもらえました。

一方リーダーは米菓を作っている工場へ向かいます。
加工する際に切れ端は出ますが、試供品みたいな形で分けているためアウト。
でも、知人で長芋の生産者さんを紹介してくださり、気を取り直して向かいます。
畑での成長中に虫にやられ、鮫肌(違)になってしまった芋を分けてもらえました。
他にも椎茸農家さんからやや傷んだところのある椎茸を貰い受けます。

そんなこんなで本日のメニューは…。
長芋と牛肉のコロッケ、エビ殻の衣つき。
ダイス+すり下ろして揚げた長芋に、エビ、椎茸、豚の脂身(茹でてぷるぷるになってる)の醤油あんをじゅっと回しかけたおこげ風。

ただ…料理中と食事中、寒さが隠しきれてないのが辛そうでした。
[ 投稿者:rubycon at 20:45 | TV(DASH) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/67.61/a14067/0000460832.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000460832.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら