掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

架空のFM局、FM-JDRKへようこそ。
チューナーを67.61MHzに合わせても聴けませんが(笑)、
パーソナリティのrubyconが、
読んだもの、聴いたもの、観たものなどについて不定期に発信しております。

番組表(という名のカテゴリリスト)はこちら→ エントリーナビ
(アイコンをクリックすると、別窓でタイトルとリンクが表示され、
目次のようにお使いいただけます)

このブログに対するご意見・ご感想・誤字脱字のご指摘は、謹んでお受け致します(連絡先は マイプロフィール にあります)。
しかしながら、誹謗中傷、公序良俗に反するサイトなどからのリンク、
文章・写真などの無断転載などは、固くお断り申し上げます。
以上、ご了解いただいたうえで放送をお楽しみ下さい。


2011年03月19日
「夜明けのロボット」(上・下)
「THE ROBOTS OF DAWN」
(アイザック・アシモフ ハヤカワ文庫SF 1994)読了。






ニューヨーク<シティ>の私服刑事、階級C-7のイライジャ・ベイリが、惑星ソラリアの事件(「はだかの太陽」)を解決してから2年。

イライジャは、非番の日には<そと>に出て、息子のベントリイを筆頭に開拓者志望の若者らを指揮し体力作りに励んでいた。
<スペーサー>諸国が作る宇宙国家連合に、地球人が再び開拓者として宇宙へ出て行くための許可を得ようと、惑星オーロラへの渡航を打診してはいたが、なしのつぶてである。

そんなある日、地球司法省の役人に呼び出されたイライジャは、惑星オーロラで行政長官のような地位にある友人、ハン・ファストルフ博士(「鋼鉄都市」に登場)にヒューマンフォームロボットを破壊した嫌疑がかけられていると聞き、驚きと怒りを禁じ得なかった。
ファストルフ博士は、イライジャにこの事件を解明し、疑いを晴らして欲しいと頼んできたのである。

宇宙船に乗り込んだイライジャは、思いがけずR・ダニール・オリヴォーと再会し喜ぶ。
ダニールは、ファストルフ博士の気遣いで、R・ジスカルド・レベントルフと共にイライジャを迎えに来る指令を受けてきたのだった。

オーロラに到着したイライジャは、早速調査に乗り出した。
当該のヒューマンフォームロボット、R・ジャンダー・パネルが仕えていた家に住んでいるのは・・・グレディアだったのだ。
<眺める>から<見る>へ苦心して順応したグレディアは、オーロラ人のあまりにあっさりしている性的な関係に落胆してもいた。
そして・・・ジャンダーと真実夫婦であったことを告白する。

悲嘆にくれるグレディア邸を後にしたイライジャは、反対派勢力について捜査を進める。
宇宙国家連合を率いる立場であれかしと考えるオーロラ人の中には、銀河系への更なる植民を推しすすめようとする<世界党>の一派がいる。
更にオーロラには、個人主義の<宇宙人>には珍しい、知識を共有する組織「ロボット工学研究所」が存在する。
自分たちの長寿命を、偶然の死の確率が高くなる開拓に使うなど以ての外だと考えた<世界党>は、ヒューマンフォームロボットを送り出し、環境が安定してから人間が移り住むというアイディアを出した。
しかし、研究所は未だにヒューマンフォームロボットの核心部分に迫れないでいた。
ファストルフ博士は、<宇宙人>にも地球人にも平等に植民の道は開かれるべきと考えており、故にヒューマンフォームロボットの詳細を自分ひとりの中に抱え込んでいるのである。

「ロボット工学研究所」に所属するヴァジリア博士(ファストルフ博士の実の娘だが、個人的な理由から父親を憎んでいる)、所長のケルドン・アマディロ博士(反地球派の急先鋒)に会見し、苦し紛れのはったりも交えつつ捜査を続けるイライジャは、アマディロ所長の真の狙いに気付く    

作中では2年くらいですが、「はだかの太陽」から実に26年を経て執筆された続編です。
この間にアシモフ先生は『ファウンデーション』シリーズを書き、その中で何故未来史にロボットが出てこないかの解答を自問した結果が、この作品だったという次第だそうです(巻末解説より)。
ラストにさらりと触れられる「心理歴史学」がキーワード。
先に『ロボット』シリーズを読んでから『ファウンデーション』に取りかかった方が良かったなあ・・・とちょっぴり後悔しましたが(^^;、あまり問題はないですよね。
両方読んで、いろいろな暗示がぴたりとはまりこんでいくのが気分爽快です。

あと、疑問がひとつ。
最初の方で、司法省のお役人さまが「宇宙船の中でふたりの数学者にまつわる事件を解決した」と言っているのは、作品として残っているのでしょうか。
ご存じの方がいらしたら、是非ご教示くださいませ。

≪シリーズ一覧≫
「鋼鉄都市」
「はだかの太陽」
「夜明けのロボット」
「ロボットと帝国」
[ 投稿者:rubycon at 16:15 | Books(A・アシモフ) | コメント(3) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
「宇宙船の中でふたりの数学者にまつわる事件を解決した」
ミラーイメージという短編です。
コンプリート・ロボットという本で読めます。
投稿者: 通りすがり at 2011-08-03 01:08:21
▽通りすがりさま
ご教示ありがとうございます。

>「コンプリート・ロボット」
きっと、アシモフ先生のロボットものをまとめ読みしたいと思っている方は多いのでしょうね。
早速私も探してみます!
投稿者: rubycon at 2011-08-03 08:11:33
▽通りすがりさま(追記)
ところで、先日のエントリ「植物?昆虫?」(http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000362406.html)にコメントを付けて下さった方とは別人でいらっしゃいます・・・よね?
投稿者: rubycon at 2011-08-03 22:47:09

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/67.61/a12805/0000354187.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000354187.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら