掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

トップスペース

Sign by Danasoft - Get Your Free Sign


2010年08月23日
いたいーいたいー
最近、なんでも「いたい」と言う。
痒いのも「いたい」
かさぶたすら取れた過去の古いかすり傷をも「いたい」
ちょっと上手くいかないことも「いたい」
ちょっと転んで照れ隠しに「いたい」
ご飯をこぼして自分で拾えないのも「いたい」

そのたび「それは痛いんじゃなく痒いっていうんだよ」とか言い直しして教えてるけど、「いたい」という便利な言葉の前になかなかうまく伝わらないようす。
どんな言葉より、「いたい」と大騒ぎされると大人は何をしていても飛んで駆けつけ親身にあれやこれや状態把握しようと話しかけたり構うのをこのごろ分かってきたんじゃないかな、と予想。
どうしても緊急度と優先順位を反射的につけてしまって、「遊んで」「こっち来て」くらいだと今半端に手をつけてる家事をやってから、と後回しにしがちになるから、すぐに飛んでくる「いたい」を乱用してるのかなー、、、

ここにいたるまでの一連の流れやこどもの言葉の乱用の事情を知っている人ならいいけど、買い物に出たときやお出かけのときなど、ぱっと、その一場面しか居合わせていない人の前で「いたいー!いやー!」とえびぞり仰け反りされながら大ぐずりされるとかなり冷や汗とか変な動揺とかはんぱない。
[ 投稿者:きくらげ at 06:48 | ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年08月18日
自転車
吟味に吟味して買った高級車(電動なので、、、)が最近のメイン。
とても快適で、子供も私も大満足。
電動はすばらしい!!
電動の仕組み?が搭載されてる分、普通の自転車より車重はある。

微妙な例えだけど、自転車を漕いでる後ろから補助役の人にぐいぐいと押されてるときと似たような、常時なだらかな坂道を下っているような感覚に近い。踏み込む時に感じる負荷がひたすら軽い。
電動にしてからどんだけ長く乗ったり坂道登ったりしても、太ももが張ってきたり笑ったりしない。とにかく負担が少ない。
けだるく疲れる程度。
もう、高級なだけあるよなーと文句もでない状態。

ただ、使って気づいた大誤算があって、そこで若干後悔したりする。

購入前の検討ポイントは
・近〜中距離用
・私が運転しやすい
・なるべく電動(坂道多めなので)
・なるべく安い
子供が小柄とはいえ2歳なので、試用期間を考えて子乗せ専用車に固執せずに後付席でいいかなと軽く考えてた。専用にしたらそのうちイスの買い直しが発生するだろうし、どうせなら長く使えた方がいいんじゃないかな、と。

購入後の誤算、、、
・予想外にかなり子供が気に入り(初親子自転車)、距離関係なくすべて自転車で行きたがる
・そのせいか、やたら寝る
・自転車の振動に不慣れなせいか、歩道の段差乗り越えや舗装のつなぎ目を通るたび嫌がり痛がる

専用車だったらこの誤算の内容全部を解決できるかはわからないけど、専用車の座席は寝やすそうだから寝た後は子供が楽そうだなと思う。かなり。
最初後部座席をつけたものの、あまりにイタイイタイと浅座りになってまで痛がるから試しに前座席も用意して走りながらどちらかましな方に乗せるようにしてる。
補助イス用の座椅子クッションを買って見たものの大して変わらなかったようす。
自転車独特のがさつな振動はどうしようもないから「慣れ」を待つしかないんだろうけど、なんだかんだ文句は言っても子供の自転車大好きは崩れず、キャッキャ言いながら乗ってる。

後部座席は背もたれがあるから寝やすいかなと思いきや、座席が直角気味なのもあり、ヘルメットの厚みが邪魔になって体がよっかかりきれずなんとも寝にくそう。
背中側にクッションを入れたりして全体的によっかかり体勢を作れば、なんとか寝てるかなという感じ。
前座席は取ってに覆いかぶさるしかなくて、覆いかぶさったところで体は崩れ落ちそうになるしとにかく安定しなくてひたすら寝にくそう。
でも前後を比べればこれでも前座席の方が寝やすいみたい。


なんだかんだ色々やってみてはいるものの、名案は浮かばず、毎回その場しのぎ。
自転車をこいでる私の腕を枕代わりにするのを思いついたようで、よっかかるように寝るのが最近の主流になりかけてる。
トラベル枕?も用意してみたけど、体全体ぐらぐら船をこいでるように揺れるなかで枕をつけたところで意味なしだった。

起きてるときは本当にいいんだけど、寝た後が対応できない。
まさかこんなに気に入るなんて思ってもみなかった。
だったら電池の容量も子供の座席も重視したのになー、、、
といっても買ってしまった以上、何を言っても後の祭りだけど。
[ 投稿者:きくらげ at 22:57 | こども | コメント(0) | トラックバック(0) ]

いにょ!いーにょ!
日に何度もごねられる。
例えば
「まだ寝たくない→じゃあオムツはかなきゃいい!!→でも早く寝ないと明日シャキーン!見れなくなる→でもぶっちゃけかなり眠い→オムツはきたくないけどはかないと→でも本当は穿きたくないのにどうしよう→とにかくなんか眠いうわーん」
「(スーパーで買い物カートの)ガラガラ押したい→自分でやるから触らないで!!→(大きくて重くて思い通りに押せない)うわーん」

みたいな、よくわからないテンパリとぐずりが最近よくある。
なんなんだろう。
これがうわさにきくイヤイヤ期だろうか。
ひとつひとつ噛み砕いて困ってることを聞いて、うんうん聞いて共感したりあーだこーだ諭したり言ってるうちに通じたことで気が済むのか、ケロっとして何事もなかったかのように元に戻ってる。
しかし、まだ言葉が言葉になりきれてないから会話も手探り状態だから話を把握するのも難易度高し。
一生懸命言ってくるけどそれが私に通じてないときのイライラ具合がまたくらくらする。ヒートアップというか八つ当たりのような地団駄のような。

[ 投稿者:きくらげ at 10:14 | こども | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年07月02日
ことば@2歳0ヶ月
「ま、も」
 →窓
「か、こ」
 →交換(おむつ交換したいとき言う)、スカート
「っくぅ?っく?」
 →行く?(散歩とかに誘う時にやる)
「めぇも」
 →めがね
「ちぃじゅ」
 →チーズ
「かぁいー」
 →かわいい、おかえり
「こっこっこ」ジェスチャー付き
 →飲み物くれ
「あいしゅ」
 →アイス
「ぽ」
 →ポテト
「ぶーぶ、ぶんぶー」ジェスチャー付き
 →車(特に幼児語で話したことはなかったけど、車に行きたい、動かしてちょうだい のときにやる)
「ぱしぃ」
 →帽子
「ぷーん」
 →スプーン
「ほく」
 →フォーク
「にぎ」
 →おにぎり
「ちぃ」ジェスチャー付き
 →ちょっと
「いぱい、ぱい」ジェスチャー付き
 →いっぱい
「ちち」
 →おしっこ
「ない」
 →なくした、ない、いらない
「しゃき!」
 →シャキーン(NHKの番組。一歳頃から1番大好き。長いしノリがよりシュールだからか夜のシャキーンの方が食いつきがいい)
「しぱ」
 →スリッパ
「にゅに、にゅにゅ」
 →牛乳
「ばばいー」
 →バイバイ
「ぴちぃ」
 →水
「くちゅ」
 →靴
「ずぼ」
 →ズボン

特に転んだとき、単語を駆使して状況説明するようになった。
(ここ、でぃきでぃきでぃーん、いてー?、ここ、ぐるぐるぐる、いたいー と実際に転んだ場所と痛い所とどれくらい痛いかを一通り詳しく説明して、伝わったことに安心してようやく再べそをかく)

しかし、いくらかことばが形になってきたから言いたいことがすぐ分かる分、会話が面白い。
今も自分語がメインだから、分からないものもあるけど、いくらか形になってきたから探りやすい。

たまにことばを反復しているときたまミラクルが起こる。
「ごーはーん」
 「があも」
「ごっはっん」
 「うまい」
「ごはん」
 「まんま」
「ごーはーん」
 「ごあまむぴちぃむ!」
感想になったり文字が増えたり。
[ 投稿者:きくらげ at 01:27 | こども | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年06月10日
しゃぼんだま
100607_1714019C6BwEld.jpg

まだ出来ないだろうなと思っていたものの、出来た@1才11ヶ月。
最初はしゃぼんだまを追い掛けるのに夢中で、しゃぼんだまが次々出て飛んでく様子を不思議そうに見てた(というか、ストローの吹き出し口?を指で押さえて何とかしゃぼんだまを触ろうとしてた)。
そのうち、私の様子をじーっと見てて、力づくで横取り(笑)。

よく見てたのもあってか、上手にできてた。
液を飲むかな?と気がきじゃなかったけど、まだしゃぼんだまを飛ばす以外に気が回らなかったようで、黙々としゃぼんだま飛ばしてはこちらをちらりと見て照れ臭そうに嬉しそうに教えてきて、の繰り返し。
とにかく楽しくて嬉しい様子。

ただ、しゃぼん玉の容器を真っすぐに持ち続けるのが難しいようで、何回かに一回「じゃー」、気分変えてしゃがもうとするたび「じゃー」、こぼれてるのに慌てて立とうとするときに「じゃー」と、けっこうこぼしてて、あっという間に液が無くなってしまい、こどもは
「いっかい!んー、ん?いっかい、ないないー、ん?いっかい!ここ」
と、無くなったからここにしゃぼん液を入れてもう一回遊ばせろとぐずって怒りの抗議。
予備のボトルから継ぎ足した直後、立ち上がる瞬間に「じょー」とこぼし(本人は気づいてない)、立ってから大事そうに持ち直してた。
「今こぼしてたよ」
と教えるも他人事。澄まし顔でしゃぼんだまをしようとするもしゃぼん玉がでない。
そこでようやく「だましたな!入ってないよ」的なクレーム。
おいおいおい…と思いつつ、地面の何個もある黒々く湿ったとこを見せてこぼれたことを教えるも、イマイチ信じてもらえなかった。

やり取りが噛み合うというか通じるようになってきて、そこそこ駄々に手こずるものの毎日何かと楽しい。
[ 投稿者:きくらげ at 07:49 | こども | コメント(0) | トラックバック(0) ]