掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月06日
(a)賃料への物上代位の弊害。
(a)賃料への物上代位の弊害。抵当権に基づく賃料への物上代位を広く認める判例法理に対しては,次のような実際上の問題点を指摘することができる。第一に,賃料による債務者の収益が全て抵当権者によって優先的に把握される結果,一般債権者への引当財産が減少し,過度に前者を優遇することになる。https://andorinhajp.com/real-estate/material-subrogation/
[ 投稿者:もし一戸建てに住むなら、今江戸川区の人気が凄いです at 17:41 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/65.21/a05327/0000561694.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/65.21/archives/0000561694.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら