掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月30日
それでも
それでも/小高芳太郎
(日本)◎


1曲目はアコギから入って歌が始まりそのあとにバンドの音が入る
哀愁漂う歌謡曲で歌詞が生々しく心の疲れを表してる
2曲目はエモーショナルな空間系のエフェクトが目立つ
3曲目は最初のミニアルバムの東京にてのアコースティック
4曲目は一気に雰囲気がポップになり緩くなる
5曲目は横乗りを意識してる感じ
6曲目は4thアルバムの奇跡のアコースティック
7曲目はエコーがかなりかかってて轟音と語り
8曲目はアコギと歌
9曲目は哀愁を帯びているもの温かい雰囲気
本当に個人的感情を生々しく歌詞に書いてるし音にもそれが出てる
非常にどす黒いものもあるので好みは分かれてるけどそういうのもきっちり表現されてる

[ 投稿者:akakad at 21:08 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/64.90/a14320/0000564495.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/64.90/archives/0000564495.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら