掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年07月30日
In Miracle Land
in miracle land

In Miracle Land/The Vines
(オーストラリア)◎
オルタナティヴロック
1曲目はグランジっぽいリフに60年代を思い起こさせるようなメロディとコーラス
2曲目はアコギとタムでが入ってぼんやりした浮遊感がある
ギターとボーカルのスキャットが絡むところはかなりエモーショナル
3曲目はぶつぶつブラッシングのあとコード弾きで盛り上がるタイプで雰囲気は暗い
4曲目は不協和音にも見えるイントロからきれいな歌メロを乗せてる
ふにゃふにゃした雰囲気でヘロヘロの奇声等が入ってたり
5曲目はピアノと歌で始まるバラード
6曲目はアコギとエレキのリフにタンバリンと90年代UKロックような雰囲気をにおわせる
テンポがゆっくり落ちるところは後ろでストリングスみたいなのが入っててコーラス含めてぼんやりした浮遊感がある
作りこみはこのアルバムの中ではかなりしている曲
7曲目グランジ的リフにタンバリンとノリをよくするタンバリンに手拍子など90年代っぽい
8曲目はとにかくラウドなギターリフにボーカルも違うテンションで力強く歌う
ここ最近のハードな曲では上位に入る曲なんじゃないかな
9曲目はアコギにクリーンギターのバラードで温かい雰囲気でコーラスとメロディがとても美しい
10曲目はテンポが早くなったり遅くなったりでまったりしてながら美しい
バンドサウンドが軽めでコーラスがかなり凝ってる
とてもひらけててさすがタイトル曲といったところ
11曲目は一転してかなり暗くゴリゴリしたベースが目立ち
12曲目はアコギで始まってかなり悲しい雰囲気で本当に沈み込みそうになるくらいここまで悲しい曲は今までなかった
最後の曲だけは異質の緊張感
90年代と60年代の雰囲気が入り混じってるところはまあいつものVines
曲の作りこみはここ最近だと1番しているんじゃないかと
エフェクト自体は普通だけど構造がしっかりして曲そのもの良くしてる
前作Wicked Natureをベースにしてそれをポップにしたうえで曲の構造を複雑にしてる感じ
曲数が少ない分質が上がってるけどごちゃごちゃしてるわけでもないのでさっぱり聞ける
これまでのアルバムの中ではかなりマイルドな方で音は1番ソフトかもしれない

とりあえず出てくれたことにほっとしたしとてもうれしいし感謝するしかない
正直経過を見てると立ち消えになるんじゃないかという不安があったし
そのうえで期待以上のものが来たんだから最高
特に好きな曲はHate the Sound,Broken Heart,Sky Gazer,Slide Away,Annie Jane,In Miracle Land,I Wanna Go Down,Gone Wonder
あとジャケットの絵は歴代作品で1番好き


[ 投稿者:akakad at 20:25 | 音楽作品(オーストラリア) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/64.90/a14323/0000556491.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/64.90/archives/0000556491.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら