掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月30日
Enigma,Pomp and Circumstance
Enigma,Pomp and Circumstance/E.W.Elger
(イギリス)◎


クラシック
通称エニグマ変奏曲と威風堂々が収められてる

エニグマ(op.36)
基本的には美しくたまに管楽器が大きな音を立ててる
終盤を除き0~2分台の小さな曲がたくさんつながってる
おおげさな名前がついてるけど印象としては組曲がでかくなった感じでそこまで構えることはない
小品がたくさんつながってる
色々仕掛けがあるみたいだけどそこを気にしなくても十分に楽しめるとてもいい曲

威風堂々(op.39)
原題のPomp and Circumstanceには式典、儀式における壮観、華麗、物々しさという意味がある
1番の出だしはまあまあ聞いたことある感じで中盤以降のあれは大体みんな知ってる
あれは1度聞いたら忘れられないしやっぱりキラキラしててすごくいい
この部分はイギリスだと希望と栄光の国と呼ばれてるらしい
エルガ-に手を出したのはこの曲目当てで曲名が分からず手探りで聞いてやっとたどり着いた
1番の出来はやっぱり飛ぶ抜けてて2番以降はちょっと地味な印象を受ける
4,5番はなかなか華やかでいいと思う

名曲を楽しめた
[ 投稿者:akakad at 21:15 | 音楽作品(イギリス・アイルランド) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/64.90/a14331/0000555037.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/64.90/archives/0000555037.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら