掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2012年01月29日
The Last Wave of Summer


The Last Wave of Summer/Cold Chisel

すげえ!
ブルースロックとオルタナの中間をついてコードが美しいってなにこれ
ギターの音がクリーンだから余計に
金切声でシャウトしまくりだけバンドサウンドはスマートで
古さと新しさを共に飲み込んで消化するセンスが半端じゃない
軸がぶれないのにどのアルバムもよくて
日本のバンドだとTHE HIGH-LOWSに近い感覚
70年代出身バンドではもっとも90年代後半の感覚になじんでるうちの1つかも
音圧もやや薄めなところから
好きなのはMr. Crown Prosecutor,The Things I Love In You,Never Stop Loving You,Red Sand,Water Into Wine,The Last Wave of Summer
[ 投稿者:akakad at 14:14 | 音楽作品(オーストラリア) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

More!More!!More!!!


More!More!!More!!!/ステレオポニー

前作に比べて音が乾いて渋くなった
クレジットを見るとmusicのところにAIMIとNAOTOって書いてある曲がいい
レンジも沖縄だからコラボはありうるって思ってたけど
6〜最後まではかなりいい
地味なギターポップでいい曲が多いところは相変わらずだな
それ以外だとビバラ・ビバラもV系っぽくっていい感じ
前半と後半が毛色で違う
[ 投稿者:akakad at 13:54 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Awesome Night!!


Awesome Night!!/Rolling Contact

トランスだけどハードな曲が多い
クラブ系だけどメロディが結構アレでなんていうか不思議な感じ
アレンジもかっこいいのと古臭くてバタ臭いのが混在してる
Hollwly Reliefがハードでかっこいい
ROADDOGGZもいい感じ
音がきれいだしメロディいいので聞きやすいと思う
ユーロビートになじんでる人にもツボなんじゃないかなと
一定のリズムのなんつーかズン!ズン!ズン!ズン!ていうのがそれっぽいかな
うろ覚えだけど
なんにせよとてもいいよこれ
[ 投稿者:akakad at 10:32 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

REACT
REACT

REACT/LUNKHEAD

既存の曲乗りテイク集
アルバム収録時より演奏がすごくうまくなってるのがわかる
音も乾いてて軽快
しかし何というかNUMBER GIRLの影響というだけでは片づけられないほど音程が和風だなと
アレンジは完全にオルタナなんだけどさ
今更だがおいしいとこどりしててやや地味だけどセンスのあるバンドだなと
中性的な(?)和風オルタナティブロック
プリズム、最後の種、月光少年、インディゴ、カナリアボックスが好き
[ 投稿者:akakad at 09:52 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Ringside


Ringside/Cold Chisel

とにかく音がきれいなライブベスト集
収録は00年代のもので音も古臭くない上ベテランなのにすごく元気がいい
演奏が盤石で歓声がなければスタジオ録音といわれても違和感がないほど
しかもスタジオ版超えてる曲もあるし
明るくてメロディもきれいでハードな曲でも聞いてて疲れにくい
生き生きしてて32曲も入ってて最高
The Things I Love In You,Khe Sanh,The Last Wave of Summer,Flame Trees,Water Into Wineがお気に入り
[ 投稿者:akakad at 08:51 | 音楽作品(オーストラリア) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年01月28日
孤島の音楽~南太平洋の島々
孤島の音楽

オセアニアとかその辺の民族音楽の詰め合わせ
インドネシアとフィジーのが良かったな
合唱が基本な感じ
クック諸島の曲は打楽器のテンポの緩急がすごかった
原理は多くのロックバンドが使ってるけど技術的にはほんとにうまくないとしんどそう
コード感みたいなものがない曲も多くていかに最近の音楽が凝ってるかが分かった
キーはオーストラリア以外全体的にに高め
ブックオフで500円で買えたのだがどの程度の価値があるかは知らない
[ 投稿者:akakad at 22:55 | 音楽作品(その他) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Discipline


Discipline/King Crimson

キンクリのスケール感は相変わらずだけど音がすごいポップになってる
ちょっとオルタナっぽいしリズムもテクノとかトランスっぽいとこもある
当時は衝撃だったろうな
らしさを残しながらミニマムでポップなサウンドを出したんだからな
バッシングは簡単に想像できる
最後のmatte kudasaiには和んだ
ものすごく聞きやすくて好き
[ 投稿者:akakad at 22:00 | 音楽作品(イギリス・アイルランド) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

名前をつけてやる


名前をつけてやる/スピッツ

今とはちょっと雰囲気が違うな
基本ポップな歌謡ロックな
エフェクトはHR/HM寄りのものとシューゲイザーよりのものに分かれる
プールは音作りがいかにもRideだけどみんな言うだけあって頭一つ抜けたいい曲
胸に咲いた黄色い花とあわが好き
[ 投稿者:akakad at 20:53 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Band on the Run


Band on the Run/Paul McCartney & Wings

ミニマムな曲から驚きの超展開まで様々な曲があった
一貫してあるのはポップさと古臭さなんだけど少しでも慣れてればハマるのは間違いない
ど真ん中にケバくてわかりやすいフレーズやリフを突っ込んでくるんだもん
ああ文句の言いようがないよ
[ 投稿者:akakad at 20:22 | 音楽作品(イギリス・アイルランド) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年01月20日
CDのジャケット
amazonアソシエイトにした
面倒はなるべく避けたいからね
amazonにない上にCDが手元になくてどうしようもないやつはそのまんまだけど
音源の入手経路は覚えてる限りamazon,iTunes,ブックオフ、同人ショップ、その他通販
[ 投稿者:akakad at 22:59 | いろいろ | コメント(0) | トラックバック(0) ]