掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2011年04月10日
orcd



orcd/ORANGE RANGE

とにかく音がとがってて攻めまくってる
彼らのイライラが伝わってくる
ハードな曲はほんとに怒涛の勢いを感じて凄い
インディーズなんで音が独特だから慣れるまで違和感があるかもしれないけど
今までORENGE RANGEが出したアルバムの中では一番好き
ハードなロックが好きでレンジに興味があるならコレ!
そういう曲以外にもヒップホップにポップにメロコアに色とりどり
それでも全体のトーンは統一されてるところもまた凄い
傑作!
[ 投稿者:akakad at 23:29 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

アンモナイト


アンモナイト/Plastic Tree

1曲目はもろシューゲイザー
不協和音がすげえ
それ以降はシロクロニクルやcell.の頃に似た感じの曲が多い
まあオルタナとV系の中間っていうか
音質がそんな感じだからか
音が淡いから造りこまれてても良く聞き取れないところがあるんでマニア向けって言うか
何度も聞き返していく内に気に入るスルメみたいなアルバムだと思う
非常に癖の強いスルメだが
ガツンと来るものはないけどまあやっぱプラだなって
このくらいのものをコンスタントに出してくれるならファンとしては満足
[ 投稿者:akakad at 22:40 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Four Moments

Four Moments/Sebastian Hardie

オーストラリアで70年代に活躍したプログレバンド
5大バンドで言えばGenesisに1倍近いかな
鍵盤の音が濃くて曲は長いけどきれいだからクラシックかじってるとはすんなり入れるかな
歌がほとんどないんで良質なインストとしても聞ける
逆にバリバリのギターはあんまし期待しないほうがいいかも
あとプログレバンドにありがちな暗さがないのも特徴的
アルバムの序盤では1フレーズへのこだわりを笑いそうなくらい感じる
[ 投稿者:akakad at 21:23 | 音楽作品(オーストラリア) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

PANIC FANCY


PANIC FANCY/ORANGE RANGE

音が小さいのでボリューム高め推奨
そうすると音がざらざらで硬くなってるのが分かると思う
今日もマイナーコードを入れた曲も出てきたりふつーのバンドに近づいたって言うか
結構おとなしくなったり
でも作りこみは相変わらずなんで何度か聞いてるうちに味が出てくるタイプ
要は以前に比べて地味でマニアックになってるんだよね
[ 投稿者:akakad at 20:28 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

あと10秒で


あと10秒で/ART-SCHOOL

典型的な日本のギターロックって感じ
もちろんクオリティは非常に高いのでご安心を
ロノキン系ったらああこんなのかなーって思い浮かべていいんだろうか
無難にいい邦楽バンド聞きたいなーって時はいいと思う
[ 投稿者:akakad at 17:03 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

My Way


My Way/Ian Brown

5曲目がORANGE RANGEのNAOTO作ってっことで買った
モロシューゲイザーでアルバムの中では異彩を放っていた
一番印象的でもあった
その他の曲はシンセや打ち込みみたいなのが多くて80年代っぽい古臭さを感じることも
それでもまずまずのクオリティなので興味のある方はぜひ
ただStone Rosesみたいなのを期待すると5曲目以外は肩透かしくらいます
[ 投稿者:akakad at 16:11 | 音楽作品(イギリス・アイルランド) | コメント(0) | トラックバック(0) ]