掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年12月31日
名盤と良作2010






もう大晦日
今年は例年に比べて非常に騒々しい年でした
それでもCD収集はやめられない
そこに音源があるんですから
てなわけで今年もガンガンCDを聞いて来ました
その中でも特に気に入ったものをあげていきます
どこまでご存知でしょうか^^;

The Razors Edge/ AC/DC
Omega/Asia
Mellow Gold,Midnight Vultures/Beck
COSMONAUT/BUMP OF CHICKEN
The Bleeding/Cannibal Corps
Pendulum,Willy and the Poorboys/Creedence Clearwater Revival
からふるすまいる/COOL&CREATE
Crowded House,Farewell to the World,Time On Earth,Together Alone/Crowded House
Machinegun Etiquette/The Damned
Ⅰ,CAPSULE MONSTAR/FIELD OF VIEW
Can't Slow Down/Foreigner
GLAY/GLAY
American Idiot/Green Day
The Shepherd's Dog/Iron & Wine
1-2-3-4!/The Jeevas
Shaka Rock/Jet
Beat/King Crimson
Pilgrims Progress/Kula Shaker
ZEUS/La'cryma Christi
GO FOR IT,LAUGHIN'NOSE,ブットバセ/LAUGHIN’NOSE
Earth & Sun & Moon/Midnight Oil
The Will to Kill,Warkult/Malevolent Creation
Everything Is/Nine Black Alps
Bintang Di Surga/Peterpan
Pipeline Under the Ocean/Pluto
Living in Oz,Shock/Denial/Anger/Acceptance,Tao/Rick Springfield
Fate of Nations/Robert Plant
Down on the Upside/Soundgarden
Nobody's Heros/Stiff Little Fingers
Conditions/The Temper Trap
End of the Millennium Psychosis Blues,Manic Pop Thrill/That Petrol Emotion
Thunder and Lightning/Thin Lizzy
Tim Finn/Tim Finn
When the Eagle Flies/Traffic
Get What You Need/The Undertones
Highly Evolved,Vision Valley,Winning Days/The Vines
90125/Yes
Oi! Um bobo/ザ・クロマニヨンズ
つまんね、友だちを殺してまで。、みんな死ね/神聖かまってちゃん
OVER THE BORDER/ステレオポニー
とげまる/スピッツ
疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!!/人間椅子

大漁でした
今年は自分の中ではオーストラリアのThe Vines,Crowded House,Midnight Oil,The Temper Trap,Rick Springfield
ニュージーランドのPluto,Tim Finn
特にPlutoのPipeline Under the OceanはOasisの6枚目並にいいアルバムだと思った
多分今年1番の発見
英語圏なんだしDLでもいいけどもうちっと簡単にCD買えるようになればなぁ
インドネシアのPeterpanだったり
とにかく南半球が強かったなぁ
あと北アイルランドあたりのThe Undertones,That Petrol Emotion,Stiff Little Fingersみたいな初期パンク関連とか
イギリスはNine Black Alpsみたいなグランジ
アメリカはBeckやIron & Wineみたいなローファイがいい発見だった
Malevolent Creationみたいなメタル方面の発掘も出来たし

それにしても今年の邦楽は実に豊作だったと思います
BUMP OF CHICKEN、スピッツ、ステレオポニー、神聖かまってちゃん、人間椅子、ザ・クロマニヨンズ、GLAYと知ってるだけでもいい新作がゴロゴロしてるし
聴いてないの含めるともっとありそう
いい音楽は探す気になれば新しいものでも結構あるもんです

では、色々長くなりましたが良いお年を!
[ 投稿者:akakad at 16:49 | 今年の名盤もしくは良作 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年12月30日
Thrak


Thrak/King Crimson

暗くて薄味な感じの音でインストが多い
プログレもしくはインスト好きでないと?な印象だけ受けちゃうかも
じっくり聞き込むと細かい工夫が凝らされてるのが分かる
自分は結構大雑把なもんでBGMにしててぱっとしないなって思っちゃった
スケールのへんてこさが薄れてる気がしたせいかも
いい曲はほんとにいいんだけどさ3曲目とか
本当にクリムゾンが好きな人は聞けばいいかなと
[ 投稿者:akakad at 23:35 | 音楽作品(イギリス・アイルランド) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年12月23日
みんな死ね


みんな死ね/神聖かまってちゃん

負の感情が渦巻いてる
歌詞がなかなか凄い
メロディはやっぱり神聖かまってちゃん
なんか圧倒されるわ
メンタル的にロックって言えばいいんかな良くわからんが
口ずさめる様にが明るくてほっとした
[ 投稿者:akakad at 23:30 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

The Will to Kill


The Will to Kill/Malevolent Creation

メタルだけど比較的音にアクがないからハードな音楽が好きなら聞けると思う
このアルバムは当然いいしこのバンドの安定感も素晴らしいなって
4枚買ったけどハズレを引いてない
どの曲も似てるって言えばそうなんだけどそれを言うのはなんか野暮ったい気がする
そういうバンドだし
それでいていいもの作れてるんだからやっぱり素晴らしい
[ 投稿者:akakad at 19:23 | 音楽作品(アメリカ・カナダ) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Oi! Um bobo


Oi! Um bobo/ザ・クロマニヨンズ

アルバムとしてみれば過去最高かも
テンションの高さでは2ndのほうが上かも知んないけど
今まで比較的目立たなかった(そう見えただけかも)ベースやドラム構えに出てきてるような気がする
最後の軍歌(行進曲)?みたいな曲がツボで口ずさみたくなる
曲の平均点は多分クロマニヨンズのアルバムの中では1番
明るい気分になれる
[ 投稿者:akakad at 14:05 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

COSMONAUT


COSMONAUT/BUMP OF CHICKEN

ウェザーリポートには鳥肌
その他の曲もまあいいけど前作ほどの驚きはなかった
といってもどれもいいことに代わりがないが
前作で世界観を確立してその延長線上って感じ
ああ美しい
[ 投稿者:akakad at 12:51 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年12月22日
つまんね


つまんね/神聖かまってちゃん

80~90年代初頭のJ-POPっぽい
でも音が硬くてノイジーだしボーカルは相変わらず特徴的
キーボードのメロディが凄い美しいなと思った
汚いボーカルと対照的だなと
とりあえずスゲーとだけ言っとこ
[ 投稿者:akakad at 23:12 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年12月17日
Tim Finn


Tim Finn/Tim Finn

上質なポップスとでも言えばいいんかな
Steve Winwoodのソロみたいだな
でもそっちよりは音色が豊かで若々しい感じ
80年代AOR好きには結構いいかも
J-POPに似たようなごった煮
実はCrowded HouseのNeil Finnのお兄さんだったりする
[ 投稿者:akakad at 22:57 | 音楽作品(ニュージーランド) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年12月14日
疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!!


疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!!/人間椅子

音の分厚さがとにかく凄くてどのパートもしっかりと聞き取れる
音のよさだけ言えばZepのライブ盤に引けをとらないくらい凄い(ブートじゃない最近のだよ)
しかもライブのほうがCDの音源よりいいものもあるってことでこのバンドの凄さが分かる
タイトル通り怒涛の演奏だった
[ 投稿者:akakad at 22:27 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年12月13日
The Promise


The Promise/Bruce Speingsteen

ボスの新リリース
目新しい曲調のものはなく驚くこともないけど昔からのファンは安心できるかも
こってりした全盛期のノリまんまだから
でもさすがの音は現代の技術で洗練はされてるけど
ファンであれば買って損はない
[ 投稿者:akakad at 22:16 | 音楽作品(アメリカ・カナダ) | コメント(0) | トラックバック(0) ]