掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年05月30日
Winning Days

Winning Days/The Vines

第一印象は全体的にきれいで小粒
ハードな曲とソフトな曲の落差が激しい
オーストラリアやニュージーランド特有の南国的爽やかさが全開
あのすがすがしくてほんのり甘い音はいったいどうやったら出るんだろう
タイトル曲のWinning Daysは本当に名曲
http://www.youtube.com/watch?v=HK4idNFNX3w

ネットで調べてたらなんかアルバムの評判が良くないみたいだけど以前からのリスナーから求められていたものとは違うものだったんだろうね多分
他の有名な曲を聞いてからだとその感覚は分かるけどこれは十分良作

追記2013/3/3
今思うとこれ以上ないまで好きなバンドを見つけた思い出となる1枚になってました
[ 投稿者:akakad at 23:57 | 音楽作品(オーストラリア) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

友だちを殺してまで。

友だちを殺してまで。/神聖かまってちゃん

すげえ
涙が出そうになったのは久しぶりだ
興奮することはあってもそういう感情が薄れてる中で見事だった
なんていうかグランジやシューゲイザーのギターにCOOL&CREATE(もしくは東方)のキーボードを乗せたような感じ
ボーカルの声が特徴的でとにかく人を選ぶだろうけど確かなセンスは感じる
2曲目のキーボードの使い方はThe Whoみたいだなーって思った
ロックンロールは鳴り止まないっ最高です
ネットに上がってる音質の悪いやつのほうが切羽詰った感じがして心に響く
目が離せない
[ 投稿者:akakad at 23:48 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Nobody's Heros


Nobody's Heros/Stiff Little Fingers

程よくポップほど良くハード
パンクが好きな人は多分好きになる
ボーカルの絶叫大好き
とりあえずGotta GettawayかNobody's Heroをどっかで試聴することをオススメします
どっちかが気に入れば大丈夫だと思うので
ボーカルのジェイク・バーンズはすごい人なんじゃないかと
このアルバムから感じるのはすさまじいエネルギー
[ 投稿者:akakad at 23:31 | 音楽作品(イギリス・アイルランド) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Mellow Gold


Mellow Gold/Beck

ダルさ最高
メロディがとにかく泥くさくてあまり気合が入ってない
混沌としていて脱力できてかつ暗い気分になれる
アクが強いけどつぼにはまったら抜け出せない
大好き
[ 投稿者:akakad at 23:26 | 音楽作品(アメリカ・カナダ) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年05月18日
Asiaのライブに行ってきた
客層はいままでで一番歳を召した方が多かったかと
メンバーは4人とも強烈なオンリーワンって印象を受けた
その中ではハウが一番存在感があってダウンズが地味だったような
新作のOmegaの曲を多くやっててしかもなかなか良かった
ハウのギターの音はやっぱりいいな
っていうかこの4人を生で見られたこと自体感動ものなんだが
パーマーのドラムソロは音も楽しめたし目でも楽しめたし
Goをこのメンバーで演奏してるところには感激した
ラストのHeat of the Momentではダウンズのショルダーキーボードが見れなくてちょっと残念だった
評判良くないみたいだけど個人的に面白くて大好きだったんだが
単純に最高級のロック
また新作聞いたりライブ見たりしたいな
長続きしますように
[ 投稿者:akakad at 22:42 | ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年05月02日
Plastic Tree8回目
新木場STUDIO COAST
なんかもう通いなれた気がしないでもない
LUNKHEADにThe MusicにCOOL & CREATEそして今回のPlastic Tree
数々の名演があったんだろうな
いろいろあってドナドナのツアーに参加できなかったり今日は遅刻だったり
1999はかなりよかったし今回の梟は音源化してくれーって思うほど良かったし
古い曲や昔やったカバーなどを披露してくれた
俺は古いファンじゃないからほとんどわかんなかったけどキュアーとかシューゲイザーとかサイケって言葉が頭に浮かんだ
あとサイコガーデンのグルーヴ感は相変わらず最高だった
会場の音響もかなりいいのかケンケンも慣れたのかまとまりが良かったし迫力以前と違った気がする
あとやっぱりアキラはガチで素晴らしかった
リラックスしたプラはすさまじい実力を見せ付けてくれました
[ 投稿者:akakad at 17:22 | ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

GO FOR IT


GO FOR IT/LAUGHIN'NOSE

まず音の太さと異様なテンションの高さに圧倒された
曲自体は結構シンプルでギターソロはこのバンドの中では控え目だと思う
これだ!って曲は見当たらないけどアルバム1枚がーっと聞いちゃうのがいいかも
収録時間短いしハードでテンポが速いし
[ 投稿者:akakad at 17:18 | 音楽作品(日本) | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Pendulum


Pendulum/Creedence Clearwater Revival

なんかThe Doorsみたい
でもあっちよりはアクがなくてとっつきやすい
最後の曲はちょっとサイケ
Have You Ever Seen the Rainは説明不要
聞けば好きになるかは別として分かりやすいとは思うんじゃなかろうか
70年代が好きならオススメ
[ 投稿者:akakad at 16:40 | 音楽作品(アメリカ・カナダ) | コメント(0) | トラックバック(0) ]