掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2011年08月22日
デパ地下、ホテイチ、駅ナカ
こんにちは!

今日が初投稿です^^

私の日々の疑問。

世の中の仕組みってどうなっているのか?

どうやってお金をもうけているのか?

大企業は、どうやって大企業になったのか?

疑問に思うことってたくさんありますよね。


このブログを通して、そんな疑問を1つ1つ解決していけたらなと思います。


今日は、「売り場のいろいろについて」

デパ地下、ホテイチ、駅ナカ
この言葉って馴染みの言葉ですよね。

これらの言葉について改めて調べてみたのでご報告^^

■デパ地下
百貨店の食品売り場のことで、売り場が地下にあることから略して「デパ地下」と呼んでいます。
惣菜やデザートが人気を集めており、百貨店各社が売り場を工夫して集客増を図っています。

■ホテイチ
ホテルの1階で持ち帰り総菜を販売する店舗のこと。「デパ地下」に対抗して作られました。昼食・夕食用の商品が主流ですが、コンビニなみの500円以下の商品や、最高数万円の料理もあるそうです。今やホテルの主要施設の1つとまで成長しています。

■駅ナカ
駅の構内にもスーパーや惣菜店が進出してきました。これを「駅ナカ」といいます。
圧倒的な集客力を武器に駅の商業施設化は進んでいます。
駅ナカの一番最初は、JR大宮駅の「ecute(エキュート)」。
駅ナカは、食品・飲食店のほか、雑貨、衣料品、エステティックサロンまでが入居しており、駅が通過地から消費地に変わってきています。



[ 投稿者:こう at 16:56 | 社会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/64.29/a00406/0000367815.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/64.29/archives/0000367815.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら