掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

abisの小舟





2008年06月26日
散歩道の猫ちゃん

08-06-26_19-198tAgXP2m.jpg

歩いていると、出会う猫に目がいきます。
↑は携帯からの投稿画像


neko01

↑パソコンに取り込んでアップした画像。
結構大きく撮れていますね。
どういう差なんだろうか???



[ 投稿者:abis at 19:25 | ペット | コメント(0) | トラックバック(0) ]

TEST
テスト投稿です。
[ 投稿者:abis at 19:11 | ペット | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年06月23日
泉谷淑夫先生の個展
平塚画廊で6月21日から29日まで開催中

izumiya

平塚画廊はここです


たくさんの作品の中から、私がとても気にいった
「円満」という題の猫の絵です。
円の中に満ちている猫。
独特の鼻の形、ちらっと見える牙。
猫好きにはこたえられない表情です。

あっ、泉谷先生は猫作家ではありませんので・・・

羊の作品も沢山ありますし、
気球も飛んでいたり・・・・
風を感じたり、雲が浮かんでたり・・・
懐かしい風景をカンバスに再現するということも
いっぱいありますし・・・
未来への不安が感じ取れたりしますし・・・

百聞は一見にしかず。
ぜひ見に行ってくださいね。

20年近く前から、チャンスがあれば見続けている画家です。
きっかけは読書会の講師をしてくださったことからでした。
切り口の鮮やかさと、口調のさわやかさ。
何より若き気概が印象的でした。
当時、横浜国大付属中学校の美術の先生でした。
今では岡山大学の教授です。

20年前と変わらない若さと感性に、なぜ?と問えば

「アトリエは僕にとって一種の龍宮城だと思うんです。そこで絵を描くことに夢中になっていると、時間が非常にゆっくりとしか流れないんじゃないでしょうか」

ふむふむ、熱中しましょう、自分の龍宮城を持ちましょう。

ホームページもありますから、訪問してね。

泉谷淑夫の不思議な絵画世界




[ 投稿者:abis at 11:12 | 叙事 | コメント(0) ]

2008年06月18日
尺取り虫
尺取虫って知っています?
細長い体の前と後ろ部分にしか足がないので、
体を伸ばしたり背中を丸くしたりして移動します。
まるで長さを測っているように見えるので、尺取虫。
緑の小さいのは、動きがかわいくていいのですが、
エダシャク(枝のような色で、おおきくなったの)は
いささか気味が悪いですよ。

ブルーベリーが今年もたくさんの実を付けてくれています。
毎朝水遣りをしながら、楽しみにしているのですが、
ある朝、鉢のまわりに毛虫の糞を見つけました。
さあ、どこにいるのか、虫探し。


shakutori2




無事に見つけて、退治してやりました。
尺取君、いくらうまく隠れても、枝から枝につながるような枝はないよ。



[ 投稿者:abis at 11:05 | 生き物 | コメント(0) ]

2008年06月01日
ラプソディー・イン・ディナー
今夜は無礼講っていうことで、
ひとつ気楽にやってね(by 飼い主)

neko03a


気楽にやれって言ったって、ね。
食べられるものが、ない。(by 猫ズ)


[ 投稿者:abis at 23:50 | ペット | コメント(0) | トラックバック(0) ]