掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年04月02日
Z会簿記2級の教材内容
全体像→部分理解へと進むわかりやすいカリキュラム。
商業簿記Ⅰ
1.簿記の全体像(1)
2.簿記の全体像(2)
3.勘定科目基礎〜仕分けの基本ルール〜
4.手形取引
5.その他の勘定科目と試算表
6.売上原価
7.棚卸資産と有価証券の評価
8.銀行勘定調整表
9.減価償却
10.経過勘定項目

商業簿記Ⅱ
11.社債
12.貸倒引当金
13.純損益の振替と余剰金の配当など
14.株式会社の設立・増資・合弁
15.特殊商品売買
16.伝票
17.本支店会計
18.特殊仕訳帳
19.仕訳問題応用1
20.仕訳問題応用2

工業簿記
21.原価計算入門
22.単純総合原価計算
23.製造間接費
24.費目別計算
25.部門費計算
26.総合原価計算応用と仕損・減損
27.製造原価報告書と本社工場会計
28.標準原価計算1
29.標準原価計算2
30・直接原価計算

全体を通して語りかけるような文体で読みやすい編集のテキスト
初学者が読み進めやすいように工夫された文体と文字の大きさ。より理解が進むように図表やイメージイラストを活用。1日に1章(15〜20ページ程度)の読解も、スムーズに。

テキストと同じ章立ての問題集は過去の類題が毎回1〜3題。
問題集はテキストと同じ30章の編集。テキストでインプットした内容の確認ができ、知識が定着。解答・解説には合格のために必要な解法のアプローチを掲載しています。

仕訳問題をオンラインで。確認テストはそのタームの確認に。
タームの最終日にトライする確認テストは、タームの学習内容から仕訳問題を5題出題。解答をマイページの解答フォームに入力して、判定ボタンを押すと即時判定され、解答・解説が表示されます。全問正解するまで再チャレンジできるので、全ターム終了後、あるいは毎回全問正解するまでチャレンジして、弱点補強できます。

最新の試験傾向に合わせた直前模試が提供できるのはWeb環境だからこそ。
次回の試験の1ヶ月前に、その傾向を踏まえた本番さながらの直前模試を3回分出題します。受講者一人ひとりに用意されるマイページからいつでもダウンロードできます。詳細な解説つきなので、学習の総仕上げとして、またリハーサルとしても最適です。
[ 投稿者:text at 03:05 | 日記 ]

Z会簿記2級教材の学習サイクル
1.テキストを3〜4章読解
2.問題集3〜4章分にトライ
3.オンラインの確認テストにトライ(1回)
×8ターム(8週間)
4.直前模試にトライ ×3回

1.テキストで講義解説と例題を読解。1日1章のペースで1タームあたり3〜4章分を学習。
商業簿記20章、工業簿記10章の計30章で構成されたテキスト。1日に1章分を学習します。語り口調なので初学者にも読み進めやすい内容になっています。

2.テキストの章に対応した問題集にトライ。エキスとで得た知識を確認。
テキストで学習した後、厳選された過去問の類似問題を掲載した問題集で学習内容を確認。テキストの章に対応し、1章分は大問1〜3題です。

3.各タームの最終日にオンラインの確認テストにトライ。学習した知識の定着に。(8回提出)
タームの最終日には、そのタームの学習内容から出題される確認テスト(1タームにつき5題)にトライ。オンラインで解答を送ると即時採点され、詳細な解説を見ることができ、解法などをまとめたポイントメールも届きます。送信が遅れると励ましのメールが届くので、よいペースメーカーにもなります。

4.総仕上げに、直前模試をダウンロードしてトライ。本番直前のリハーサルに。(試験前3回)
全8タームを終了したら、本番さながらの直前模試にトライ。次回の試験の傾向にあった問題を試験の1ヶ月前にマイページに3回分アップしますので、リハーサルとして取り組んでください。過去の模試6回分も含めて、詳細な解説がダウンロードできるので、実践演習は万全です。
[ 投稿者:text at 02:41 | 日記 ]

2009年03月17日
3級を飛ばしてダイレクトに2級を目指す!


初めて簿記を学習する方におすすめ!
簿記2級 2ヶ月完成講座 受講料(税込)26,000円
対象・レベル:簿記2級の短期合格を目指す初学者から既習者の方(3級を取得していなくてもOK)
標準学習期間:2か月(指導・マイページは1年間有効)
送付物:テキスト(商業簿記2冊・工業簿記1冊)/問題集/確認テスト問題冊子 ※教材は初回一括送付
課題提出回数:8回(オンラインテスト)
指導:Webでの即時採点、アドバイス

必要とされるのは即戦力。
昨今の企業が求める人材とはどんな人材でしょうか。以前は、企業もある程度年月をかけて新人を教育してきましたが、今や簡単に転職する時代ですから、企業としても教育する余裕もなく、すぐに使える即戦力を必要としています。つまり、「より使える」人材、そして「すぐに使える人材=即戦力となる人材」が求められているのです。即戦力を証明する手段・能力として、英語力・PCスキルとともに注目されているのが、「数字を読み取る力」、簿記の知識なのです。

2ヶ月で自宅でできる、従来の約3分の2のボリューム。
一般的な簿記資格対策用の参考書・問題集・過去問集は、どれもが3級、2級用と買いそろえると総ページ数は90ページ以上に!3級取得を飛ばして2級取得を狙うのも、やはり商簿・工簿それぞれが300ページ程度のものが主流です。Z会の簿記2級講座は、例えば3級には出題されても2級には出題されない商簿の範囲を省きつつ要点を押さえる、十分な過去問分析で必要最低限のポイントと例題に絞るといった方法で、多くなりがちな教材を、自分で無理なく学べるよう、約3分の2のボリュームに抑えました。

初学者でもダイレクトに2級を取得できる、学習サイクルと良質の教材。
社会で求められている、認められている会計知識のレベルは簿記2級レベル以上。だから簿記学習を始める人にも、はじめから2級を狙ってほしい、とZ会は考えました。だからテキストには、「全体像→部分理解」という編集、読み進めやすい語り口調の文体、詳しい解説など初学者でも2級合格を実現できる工夫がいっぱい。また、全30章を8タームに分け、タームの最終日にオンラインの確認テストをはさむことで、ペースを保ちながら標準2ヶ月で学べる学習サイクルは、最後まで続けられる工夫の1つ。このサイクルと質の高い教材が、初学者短期合格の秘訣です。



[ 投稿者:text at 19:48 | 日記 ]