掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年08月06日
歯を守るマウスガード、既製品よりカスタムメイドを
 スポーツ中の他の人との接触や転倒時、歯や口の中をけがから守るうえで重要なマウスガード。スポーツ歯科に詳しい東京医科歯科大の上野俊明准教授(51)に現状を聞きました。歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器

 --スポーツ用マウスガードにはどんな役割がありますか?

 接触プレーや転倒時に歯や口の中のけがを防ぐのが1番の目的です。加えて、食いしばる習慣がある人は、歯やあごの障害を防げます。かみ合わせが安定し、プレー中の安心感にもつながります。スリーウェイシリンジ

 国際歯科連盟(FDI)は2008年、マウスガードの有用性を広めること、競技レベルにかかわらずあらゆるスポーツでマウスガードの装着を推奨する声明を発表しました。未装着の場合、装着した場合に比べてけがのリスクが1・6〜1・9倍高くなると言われています。

 FDIの声明が出る以前から日本国内ではマウスガードの利用は広まりつつありましたが、日本スポーツ歯科医学会として14年、標準的なマウスガードの製作方法に関する提言をまとめました。製作のための講習会も開いています。

http://athena.namjai.cc/e230124.html
[ 投稿者:uraeloe at 15:47 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/a00148/0000556754.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000556754.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら