掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月04日
糖尿病いきいきレシピコンテスト」6月1日から募集開始~
公益社団法人 日本糖尿病協会(所在地:東京都千代田区麹町2-2-4、理事長:清野 裕・関西電力病院(総長)は、「第5回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」(後援予定:厚生労働省・文部科学省 等)の参加者を2018年6月1日(金)から7月25日(水)までの約2カ月間、日本全国から広く募集します。歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器


当協会では、「糖尿病の正しい知識の普及啓発」「患者や家族、予備群の方々への療養支援」「国民の糖尿病予防と健康増進への調査研究」「糖尿病の撲滅を目指す国際交流」の4つの事業を柱に、さまざまな取り組みを行っています。昨今の糖尿病発症の若年化を受け、国民の健康増進を目指す当協会は、さらに広範な世代へのアプローチが必要と考え、2014年から若い世代が参加する「チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」を開催しています。スリーウェイシリンジ

第1回が119件、第2回が223件、第3回が331件、第4回が387件と応募件数は年々増加しており、毎回、糖尿病予備群、糖尿病患者用のすぐれたアイデアレシピが誕生しています。5回目となる今年は、新たな試みとして、二次選考(実技審査)会場を全国3地区で開催することとしました。これは、東京以外の地域で開催することによる地域交流に結びつける狙いがあります。

応募対象は、日本在住で栄養士・管理栄養士を目指す全国の学生(専門、短大、大学)で、個人またはチーム(3名まで)で、一食分の献立を考えるものとします。一次選考(書類審査)を経て、二次選考で応募者本人が調理した作品の試食審査により、各地区の優秀賞を決定します。

このコンテストで生まれたレシピを広く一般に提供することで、糖尿病食事療法のイメージを向上させるとともに、患者さんやご家族、予備群の方々のQOL(生活の質)向上に貢献したいと考えます。また、本コンテストをキャリア教育、PBL(問題解決型授業)教育の一環として活用することで、未来の糖尿病療養支援を担う管理栄養士の育成を目指します。

http://athena.namjai.cc/e229040.html
[ 投稿者:uraeloe at 16:58 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/a00148/0000553252.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000553252.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら