掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年04月11日
歯周病の元凶はプラーク
 記者は冷たいものを飲んで歯茎がしみたり、歯茎が腫れて痛かったりしたとき、「放置と痛み止め」でごまかしていたのだが、こうした歯周病の予兆があったときはなるべく早く歯科医院を訪ねたほうがいいという。歯周病が進行すればするほど治療に時間がかかり、治療の痛みも増えるし、場合によっては抜歯せざるをえなくなるからだ。根管長測定器

 歯肉溝のプラークに棲みついた歯周病菌が歯をグラグラにさせるのは、歯肉溝の下にあるセメント質や歯根膜へと侵蝕して、最終的に歯を支える骨(歯槽骨)を壊していくからだ。「つまり、歯周病の元凶は歯肉溝に溜まったプラークなんです。これを歯みがきでしっかり取り除けば、歯周病は防げるということになります」(前出の嶋田院長) 歯肉溝のプラークを取り除くことが、健康な歯を保つための歯みがき法なのだ。根管治療機器

https://uraelo.tian.yam.com/posts/218898441
[ 投稿者:uraeloe at 15:46 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/a00148/0000550375.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000550375.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら