掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年12月22日
ワクチン不足のインフルエンザ予防にも口腔ケアが有効! その理由とは?

コンビニにはサプリメントや低カロリー食品が並び、本屋にはダイエットをはじめ様々な健康本が一角を占める。健康ブームの日本だが、意外と気にしていないのが「口の中」だ。

しかし、『歯は治療してはいけない! あなたの人生を変える歯の新常識』の著者で田北デンタルクリニック院長・日本歯学センター所長の田北行宏(たきた・ゆきひろ)氏は、歯周病など口の中のトラブルが様々な病気を引き起こすという。 超音波スケーラー

前編では心筋梗塞や動脈硬化、メタボリックシンドロームと歯周病の関係性、歯や口腔に対する意識=“デンタルIQ”の必要性を伺った。さらに、命に係わるような大病以外でも、寒くなったこの時期に流行り始める風邪やインフルエンザとも関係があるという。今回はその理由と、口の中のトラブルを起こさない予防法を教えてもらった。

「まず虫歯や歯周病、歯肉炎など口腔内の病気にかかっている時点で、そこに存在する細菌などを排除するため、体はかなりエネルギーを使っているんです。それを治すだけで体への負担も減ってすごく楽になります」 口腔内カメラ


病気になると通常、体内の病原菌を排除するため免疫機能が活性化して働くが、歯や口腔でも同じ。虫歯や歯周病を放置しておくと常に細菌と戦いを繰り広げている状態になるのだ。

「それから歯周病が悪化してくると喉に炎症が起きます。軽度歯肉炎の状態になると、歯茎から出血したり膿が出ます。それをずっと口から吸っているわけですよ。言ってしまえば、常に毒矢が刺さっている状態。当然、喉も荒れてきますよね」

http://athena.namjai.cc/e222137.html
[ 投稿者:uraeloe at 12:35 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/a00148/0000544269.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000544269.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら