掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2017年11月17日
歯石を取ると虫歯になる!? 歯石取りのウソ・ホント!
最近では多くの歯科医院で定期的に歯石を取ることが一般的になってきましたが、まだまだ歯石取りに関する疑問や誤解が多く聞かれます。ここでは歯石取りのウソ・ホントを解説します。根管長測定器

■Q1. 歯石は食べカスが固まってできる?
歯磨きをしっかり行うと歯石があまり付かないのはご存じですよね? でも食べた際の食べカスが固まると歯石になると思っている人いませんか?根管治療機器

実は歯石は食べ物などが固まってできる訳ではなく、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が、少しずつ唾液の成分で石灰化を起こして固まってできます。歯磨きをしっかり行うと、歯石の元となるプラーク(歯垢)が毎日確実に取り除かれるために、歯石ができにくくなります。

→A.「うそ」

■Q2. 歯石を取った直後は出血しやすい?
歯石を取った直後に口をゆすぐと血が混じっているので、「もしかして、歯茎を傷つけられた?」と感じたことありませんか? 

歯石が歯に付着していると、その部分の歯茎がすでに炎症を起こしていることが多いため、僅かな刺激で出血しやすくなっています。特に歯石が歯と歯茎の奥の方(歯の根の方向)にある場合や、量が多い場合など、丁寧に歯石を取ったとしても、一時的に出血する場合があります。

→A.「本当」

http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40720913/
[ 投稿者:uraeloe at 12:13 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]