掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年04月26日
他病院の協力も得て、洗浄清浄度と安全性を確認
今回開発されたケディクリーンは、超音波洗浄のみで汚れの完全除去が可能で、事前洗浄と汚れのブラッシング除去が必要ない。さらに、鋭利な医療器具にメッシュ容器への投入・取出しなどで直接触れる必要がなく、高い清浄効果が得られる。また、ケディクリーン TZKをベースにしたWD用無泡性洗浄剤であるケディクリーン EXを開発したことで、より幅広く洗浄機への対応が可能となった。根管長測定器

同洗浄剤の開発にあたっては、歯科生体材料学分野と共同研究を行い、洗浄対象材料への影響がないこと、洗剤の残渣のないこと、洗浄機の構成材料への影響がないことなど、多角的な調査を行い、データを蓄積。約3年を経て今回の販売に至った。その上で、洗浄剤の清浄度や洗剤残渣評価測定は、宮城県産業技術総合センターにおいても実施したという。また、東北大学病院での試用評価から全診療科の器具洗浄評価で良好な結果が得られたことから、ケディクリーンTZKは2016年12月より、ケディクリーンEXは2017年8月より定常使用している。さらに、同大病院での実績を基に、仙台市立病院、宮城県立がんセンター、他病院の協力を得て、WDと超音波洗浄機の洗浄評価を行い、洗浄清浄度と安全性を確認しているという。根管治療機器

同製品は、開発段階から宮城県内の病院での歯科洗浄剤ニーズや各社WDの使用状況調査を行い、製品化に協力している医療商社のシバタインテックが販売する。さらに、現在開発中の製品もあり、同大病院内で検証を続け、さまざまな用途に応じた製品を充実させていく予定としている。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219744865
[ 投稿者:uraeloe at 16:08 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月25日
Fラン歯・薬学部バカ高学費でも食えない
卒業後に国家試験を取得すれば十分に安定した収入が見込まれる歯学部・薬学部の学生。ところが、昨今は“定員割れ校”や“Fラン校”の存在が指摘され、高い学費を投入したにもかかわらず国家試験に合格できない学生も多い。「歯科医師、薬剤師の数が過剰でいずれ食べていけなくなる者が出るリスクもある」と医師の筒井冨美氏は語る。獣医学部を含む医療系ライセンス学部の将来展望やいかに--。口腔内カメラ
■30倍の人気 加計学園・獣医学部の学生の「暗雲」
3月に入り、2018年の医療系国家試験の合格発表があった。

●医師国家試験の合格率は90.1%、学校別合格率は77〜99%
●歯科医師国家試験の合格率は64.5%、学校別合格率は24〜95%
●獣医師国家試験の合格率は88.3%、学校別新卒者合格率は94〜100%

(2018年薬剤師国家試験の発表は本稿公開後の3月27日にあり、合格率は70.6%、学校別合格率は35〜98%だった) 根管長測定器

2018年2月、大騒動の末に認可された、岡山理科大学獣医学部(愛媛県今治市)の初年度一般入試が行われた。いわゆるモリカケ騒動の加計学園のほうである。「利権まみれの田舎の私大」「どうせFランでしょ」といった下馬評をよそに、推薦入試が約30倍、一般入試が21.5倍という超人気ぶりだった。

マンガ『動物のお医者さん』の大ヒットや、近年の資格取得の実学志向を反映して、獣医学科の人気は高く、国公立大学だとセンター試験の得点率が80%以上でないと合格できない難関である(センター試験全体の平均は例年60%強、医学部は85%程度と言われる)。

私大でも6年間で1200万〜1500万円という高額の学費にもかかわらず偏差値60以上のまま高止まりしており、岡山理科大獣医学部の入試偏差値も同レベルになると予想されている。

獣医学部は30年以上の間、政策的によって毎年の国内総定員を930名に固定されてきた。文部科学省も農林水産省も長らく「獣医の中でも家畜臨床や公衆衛生分野は人手不足が深刻だが、都市部の小動物臨床(いわゆるペット用動物病院)は余っている」として「総数は足りている」「偏在しているだけなので定員増は不必要」という判断で、学生数を抑制していた。獣医師界も定員抑制政策に協力しており、獣医学部の新設についても2010年に日本獣医師会として公式に反対声明を出している。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219703013
[ 投稿者:uraeloe at 12:50 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月24日
全国の歯科訪問診療サービスを集めた情報サイト高齢者の“口から食べる”を支えるために『おうちで歯科』サービス開始
 株式会社LIFULL(ライフル)(旧社名:株式会社ネクスト、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、在宅高齢者向けに自宅で歯科訪問診療・往診を行う歯科医院を集めたポータルサイト『おうちで歯科』のサービスを開始しました。根管長測定器

  『おうちで歯科』とは、ご高齢やお身体が不自由などの理由で、歯科医院に通う事が出来ない方が、おうち(自宅、入居中の施設など)で診療を行う歯科医院を探せるサービスです。根管治療機器

近年、誤嚥性肺炎の増加などにより介護の現場等でも口腔ケアの重要性が認知されるようになってきました。高齢者の口腔ケアはお口からの病気予防だけではなく、重症化の抑制、全身の健康維持、健康寿命の延伸といったQOL(生活の質)向上のためにも必要です。

現在、介護サービス受給者総数の約70%にあたる年間累計3,456万人(※)を含む、多くの高齢者が居宅サービスを利用していますが、一般的な介護サービス以外の情報を探すことは容易でなく、多くの方は「訪問歯科の存在」「口腔ケアの重要性」を知らないという現状です。

  LIFULLでは、自宅に来てくれる歯科医を必要としている方に、適切な情報を提供し、高齢者の“口から食べる”を支えたいという想いから、歯科訪問診療の情報サイトを立ち上げ、サービスを開始することにしました。

なお、本サービスは、新事業の立ち上げを目指すフィジビリティプロジェクトの中でスタートしています。コーポレートメッセージに掲げる「あらゆるLIFEを、FULLに。」の実現に向け、世の中の様々な不安・不満・不便を解消し、あらゆる人々の人生と暮らしをより豊かにするサービス開発・提供を行ってまいります。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219641459
[ 投稿者:uraeloe at 17:35 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月23日
歯科の関わりは、頭頸部のがんだけではない
全身麻酔手術では気管内にチューブを挿入するが、口の中の汚れが肺に押し込まれると肺炎の原因になる。抗がん剤治療をすると、口の中が荒れて食事が取りにくくなるほか、抵抗力が落ちて虫歯や親知らずなどから菌が入り込み、命に関わることもある。根管長測定器

 院内歯科が置かれる前は、手術前に歯科治療の必要性の高い患者だけ近隣の歯科医院に行ってもらっていたが、予約や治療に時間がかかると、がん治療の開始が遅れる要因にもなっていた。「一番不利益を被るのは患者さん。口が原因でがん治療が止まることはあってはならない」と石橋副部長は話す。根管治療機器

 センターの看護師は独自に口腔ケアを学んで対応してきたが、2013年にオーラルケアチームが置かれ、看護師、薬剤師と非常勤の歯科衛生士が週1回、肺炎のリスクの高い患者や放射線治療を受けた患者らの病棟巡回を始めた。歯科設置後は、巡回の情報を担当医や石橋副部長も共有し、医科と歯科の連携に万全を期す。

 地域の歯科医との連携にも力を入れる。石橋副部長によると、医科と歯科では、それぞれでは当たり前の略語が通じなかったり、文書だけでは依頼の意図がうまく伝わらなかったりすることがあるという。「在宅に移行した患者を診る地域の歯科医と、病院の医師の橋渡しが必要。つなぐのが病院歯科の役割だ」と話す。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219487385
[ 投稿者:uraeloe at 14:42 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月20日
日立と東京医歯大 AIでリウマチ早期発見
 日立製作所と東京医科歯科大学は19日、潰瘍性大腸炎やリウマチなど難病の早期発見を進める連携協定を結んだと発表した。患者の症状や検査結果を集めて人工知能(AI)で解析するなどして、必要な検査や治療をできるだけ早く始めるのが狙い。日立はAIや、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を駆使した医療機器などの開発につなげる。根管長測定器

 同日午前に東京医歯大(東京・文京)で開いた記者会見には、同大学の吉沢靖之学長と日立の渡部真也ヘルスケアビジネスユニット最高経営責任者(CEO)が出席。渡部CEOは「互いの強みを生かし、世界トップクラスの研究事業を進めたい」と話した。根管治療機器

 日本では高齢化や医療技術の進歩に伴い、医療費が増えている。潰瘍性大腸炎やリウマチ、パーキンソン病などの難病は国内に約50万人の患者がいるが、町の診療所などで他のありふれた病気だと判断され、必要ない検査や効果が無い投薬を患者が受けている可能性がある。

 日立と東京医歯大は診療所で問診した患者の自覚症状や磁気共鳴画像装置(MRI)、コンピューター断層撮影装置(CT)を使って撮影した患部の画像などをAIで解析したり、IoTで東京医歯大へ送って専門医が診断に使ったりするシステムを構築。難病の早期発見や治療につなげ、医療費抑制を目指す。

 東京医科歯科大が蓄積してきた難病研究の成果と、日立の画像技術などを持ち寄る。日立は難病発見に役立つ医療機器などを開発し、事業化を目指す。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219357969
[ 投稿者:uraeloe at 15:20 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月18日
小規模医療機関向けと市販薬事業は好調?
 ただ、アマゾンは医療事業の拡大を完全に諦めたわけではないとも伝えられている。報道によると、同社は将来、処方薬販売の分野に進出したい考え。また、同社には「1492」と呼ぶ、秘密の医療技術開発チームがある。ここで、電子カルテや遠隔治療などの研究を行っているほか、AI(人工知能)スピーカー「Amazon Echo」用の医療アプリの開発も行っていると、CNBCの別の記事は伝えている。根管長測定器

 一方、Amazon Businessは、すでに、歯科医院や診療所など、小規模医療機関に向けたeコマース事業を展開している。同社はそのための免許を米47州と首都ワシントンで取得。現在、血糖測定器や聴診器、注射器、ガーゼ、医療用手袋などを取り扱っている。根管治療機器

 このほか、アマゾンは昨夏、「Basic Care」と呼ぶ、市販薬のプライベートブランドを密かに立ち上げたとCNNが伝えている。米国サイトには、このブランドの専用ページがある。アマゾンはここで自社ブランドの解熱・鎮痛剤、消化薬、アレルギー薬、発毛剤などを販売している。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219295128
[ 投稿者:uraeloe at 11:44 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月17日
海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る
 姉妹漫才コンビ、海原やすよ・ともこと友近がこのほど、24日スタートのカンテレの新番組「やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です」(火曜午後7時57分、関西ローカル)の会見を行った。根管長測定器

 ゲストと「オンナのキメツケ」を好き勝手に楽しく話すトークバラエティー。会見は女子会のノリで職業のキメツケトークに発展した。根管治療機器

 友近が「歯科助手の人はコンパ率が高い」と話すと、やすよ、ともこも「あ〜」と納得の表情。看護師の衣装トークでは、ともこが「医院長の先生の趣味っていうよね。ピンク系かブルー系か白系か。ミニがひざ下か」と個人の感想を話した。

 やすよも看護師トークの参戦。「先生が看護師さんから普通にガーゼもらっているだけやのに『えっ!』、何かできているんちゃうか。こんなに息はぴったりなんて…。子どものころに勝手に想像した」。

 同番組はやすともと友近が17年に出演したトークバラエティー特番のレギュラー化。カンテレが火曜午後8時台に関西ローカルの番組を自社制作するのは57年ぶり。初回のゲストは天童よしみら。

 ともこは「大阪発のトークの面白さ。大阪っぽい空気感がある番組にしたい」と意気込んだ。友近も「ゲストには普段、東京では言わないけど、ここではついつい言ってしまう。そんな番組にしたい」と抱負を語った。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219238639
[ 投稿者:uraeloe at 12:03 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月16日
妊婦歯科健診 対象を拡充
 市は4月から全妊婦を対象にした「無料歯科健康診査」を開始した。これまでは初産の妊婦に対し行っていたサービスだったため、対象者が大幅に拡充したことになる。市と協力する「海老名市歯科医師会」は「妊婦時期の口腔内管理は重要。むし歯等の悪化や早産等の予防にもなる」と話す。根管長測定器

 妊娠期は女性ホルモンに変化がおき、歯肉が炎症を起こしやすくなるだけでなく、つわりによる歯磨き不足で口内が不衛生になりやすいため、むし歯や歯周病にかかりやすくなるという。また、母親のむし歯菌が赤ちゃんに感染する可能性や、重度の歯周病により早産・低体重児出産のリスクを高める可能性があるため、母親が進んで口内を清潔に保つことが重要となる。根管治療機器

 これに対し市はこれまで、妊娠5カ月から8カ月で初産の母親と父親を対象にした講話・実習教室「すこやかマタニティスクール」の利用者を対象に、無料の妊婦歯科健診の案内を行っていた。一方で市内の年間出産数は約1000件あるため、初産かつ同スクールに通う人だけでなく、2人目以降の出産時にも適用できるようにと、4月から対象を”すべての妊婦”に拡充し、サービス提供を始めた。

 対象となるのは受診当日に海老名市内に住民登録のある妊婦で、妊娠中に1回無料受診することができる。受診推奨期間は妊娠12週から27週が目安とされているため、27週以降の人は主治医に応相談。希望者は、母子健康手帳・保険証・妊婦歯科健康診査受診券を持参し、市が委託する指定歯科医療機関に予約の上受診を。指定歯科医療機関以外での受診は全額自己負担となる。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/219062823
[ 投稿者:uraeloe at 15:58 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月13日
乳児や親 予防接種を はしか拡大で医師、対策呼び掛け
 沖縄県内で猛威を振るっている麻疹(はしか)。最初の患者からうつった人が、さらに周囲の人に広げてしまう「三次感染」が始まっている。感染者は成人が主だが、最近は乳幼児の発症も目立っており、県や「はしか“0”プロジェクト委員会」が流行を食い止めようと対策を強く呼び掛けている。根管長測定器

 「最初のピークは越えた。二次感染が起点になり、さまざまなところで患者が発生する段階に来ている」。県保健医療部の糸数公保健衛生統括監が険しい表情で語った。11日、はしか“0”プロジェクト委員会との共同記者会見では、県民にはしかへの理解を求めることが強調された。根管治療機器

 沖縄では1998〜2001年にはしかが流行し、乳幼児9人が死亡した。当時は予防接種率が6〜7割と低かったことが一因とみられる。事態を深刻に受け止めた小児医療関係者らが01年に立ち上げたのが、はしか“0”プロジェクト委員会だ。これまで予防接種の推進などを行ってきた。

 感染が判明した0歳〜50代の男女38人を見ると、30代が10人、40代と20代がそれぞれ7人で成人が多い。ただ、今月に入り親やきょうだいから幼児に感染した例が確認されている。

 会見では、同委員会委員長の具志一男医師が緊急アピール文を読み上げ。6カ月〜1歳未満の乳児や、医療従事者や学校関係者、乳児の保護者、観光関連の仕事に就いている人などへ接種を勧めた。かかった場合には、熱が下がってから3日過ぎるまで自宅で療養することも求めた。

 県立中部病院感染症内科・地域ケア科の高山義浩医師は、感染が疑われる場合は公共交通機関の利用を避けることなどの注意点を挙げた。具志委員長は「一人一人が予防や感染拡大防止を理解して対策するようお願いする」などと述べた。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/218956308
[ 投稿者:uraeloe at 11:35 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]