掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年11月02日
アイコスカスタム編、その一
SE0323009

アイコスを自由にカスタムすることは、DIY魂が生きている証という人もいるが、私にはただの現状に物足りなさを感じることによって生じた行為だと思っております。
そんなカスタマイズには、なくではならないルールというのは存在するのだろうかという問題を目にしたことがあるが、正解に程遠い考えを持っている私にはとうてい答えることはできないが、アイコスをカスタムしたいという方にいくつかの素材を提供することはできるとおもいます。
アイコスを自由にカスタムすることは、DIY魂が生きている証という人もいるが、私にはただの現状に物足りなさを感じることによって生じた行為だと思っております。
そんなカスタマイズには、なくではならないルールというのは存在するのだろうかという問題を目にしたことがあるが、正解に程遠い考えを持っている私にはとうてい答えることはできないが、アイコスをカスタムしたいという方にいくつかの素材を提供することはできるとおもいます。

アイコス カスタマイズ ルイヴィトン アイコスシール ブランド 全面 デコ iqos カバー スキンシール ステッカー


こちらのヴィトンの最新とも言えるが、創業時のビンテージてきなデザインとも言えます。
なぜならルイヴィトンというブランドは客のトランクを加工することから始まったのですから。

アイコスシール 自作 ルイヴィトン アイコス カスタム ブランド 全面 ステッカー iqos デコシール フィルム


モノグラムのマルチカラー時代と言われているいまでは、カラフルなカジュアルを求める人のこころが読み取れます。

アイコス カスタム アイコスシール ルイヴィトン カバー スキンシール 全面 iqos デコ ステッカー


しかしホワイトがベースなものだけではなく、こうしたブラックバージョンものあります。

アイコスを自由にカスタムしたいかたはこちらのまとめ記事も読んでみてください。

ブランド アイコスシール アイコス カスタム カスタマイズ を楽しんでみよう


[ 投稿者:buranndocase at 18:17 | アイコスシール | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/60.33/a16022/0000541429.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/60.33/archives/0000541429.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら