掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2017年08月21日
にアクセルを噴かすと
そのブオ〜ンという爆音と供にゲレンデワゴンを発進させる。

 どうやらその日、これといった渋滞も特になく関越はやけにスムーズに進んだようで、わたしたちは気づけばアッという間に軽井沢の標識が見えるエリアにまで来ていた。
 2時間とちょっとぐらい? 
 軽井沢って・・・、こんなに近かったっけか?
 するとチハルはいきなり
 「夜の宴会用の食い物がいるからさあ」
 と言って、別荘近くのスーパーの駐車場にクルマを寄せると、
 「3人でそれぞれ適当に今晩食べたい食材を選ぼうよ〜」
 なんてことになった。
 「で、ちなみにみんな何食べたい?」
とのチハルの質問に、
 「わたしはなんでも・・・、基本野菜があれば」
とヒカルさんが答え、
 「そうねえ・・・、わたしもそんなにヘビーなのはパスかな。
 ああこの空豆、炭火焼きにすると美味いよ」
と言ってわたしはさっそく空豆をカートに入れる。
 「おお! いいねえ!」
とチハルもどうやら軽めの野菜系に賛同のようで、その後はみんなで、
 「ああ、これこれ」
なんて言いながら、タマネギ、茄子、アスパラ、エリンギなどをランダムにピックアップし、どうやら今夜は野菜の炙り焼きをつまみにワインパーティー? なんてことになるらしい。

 その後わたしたちはひと通り買い物を済ますと、再びチハルの運転するゲレンデに乗り込み、すぐにクルマが小道を曲がって木立に囲まれた別荘地帯へとたどり着き、それからはもうほんの5分もしないうちにチハルの別荘前へと到着した。

 煙突付きで天井の高い木造の、見るからにいわゆる別荘? なんて感じの建物だ。
[ 投稿者:qoiutoznogn at 17:18 | てチハルはまさにその | コメント(0) | トラックバック(0) ]