掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年09月25日
歲月的褶皺徘徊千年的渡口

  珠簾風吹,錦水睡蓮,紫陌粉塵,胭脂淚紅。瘦了容顏,肥了詩詞,一曲古箏,吟軒春月,滿地詩香,沁瓢如花甘露,若水三千,只取一瓢飲,輕捧宋詞,清照玉硯,雪影孤寂,桃花容,心窗冷,沈迷沈香,琴卿滿醉。
  吟音瀟瀟,紫煙裊裊,月下之舞醉清風。一抹微笑,輕靈雅逸,臨水悠然。紅塵如夢,踩著霓裳千載的詩行。一滴淚,紛然如昨,,洇開一片瀲灩,桃花陌上,盈盈不得語,花落花隨人茫茫。掬青露在手,挽白衣輕袖,獨步幽穀,若水凝煙知音遠。
  靜水流漣時,霞虹朦朧風。淡煙挽燕穿雲,彩屏艷花前,不醉清風,草隨玉田淑。樓宇居入鈴木深,雲雀別枝脆鳴人。露水晶瑩,雨林花開香,輕舞步,搖曳起夢寐紅袖。彩蝶戀花,翩芬芳,香薰醉人情。夕陽霞紅,清風撫寧溪。瀟瀟沐笛,靜夢醉雨花前,香不斷人意。
  指撚古卷,書香縈懷,窗前樹畔,風姿勝雪,著一身素衣,若柳拂風,氤氳在千裏煙波的江南,淺吟低唱中印的是一顆純真的心。執一支玉脂羊毫,墨畫塵世的心跡,憑欄畫橋,撫一曲淡淡的秋殤,踏著墨香字字,只影清瘦在朦朧煙雨,小樓一夜去春風。月影疏疏風雨樓,詩意人生幾許愁。
  流雲過,煙雨遙,空中有微塵曼舞。一袖清雅薄衣,天光微淺,沈醉了幾多軒墨,香痕詩裏字,淺淺筆畫魅影人。翩然而至,一語詩成,紫陌自生煙,攜幾分飄逸,帶幾分幽怨。一書墨痕,半卷清詞,荷盈曼妙,蝶舞翩躚。晶瑩心語,細膩如絲,花謝花開花滿天,煙雨聲裏數流年。夢語輕啜,一簾幽夢話黃粱;醉意深彌,憑欄買醉舞清影;落水桂蓮,一尺清香點漣漪;輕舟翠屏,一丈詩情描樊冥。
  時光如雨,我們都是在雨中行走的人,找到屬於自己的傘,朝前走,一直走到風停雨住,美好明天。陸小曼,娓娓道來。
  又是一季秋,又是一季秋尾,秋風蕭條,秋雨冷涼,秋蟲呢喃。天空不再高遠,雲朵不再輕淡。擡眼望去,滿目的霧氣。近處,行人匆匆;遠方,北雁飛南。無論風中,無論雨裏,都不會停留,或許是聽見冬的序曲了。
  就這樣,靜立在秋的末梢眼見時令走向冬首,總會生出某些情愫,或者淒冷,或者無奈,或者滄桑。這個季節的冷,終究是避免不了的,否者何來冬眠一說呢
  看路邊的野草,逐漸枯黃,落葉飄零,旋轉成堆。宿命歸宿風兒迷茫:歲月無情,行人匆匆,客過無痕。望著遠方,思緒瞬間被扯的很長,很疼……
  她從那個並不遙遠的年代走過,讀過私塾,尚未解放的中國,滿目荒蕪,可是她的父母卻是擁有百十畝土地的富農,過著衣食無憂的生活,天真的少女何等的幸福!在大躍進的年代裏,家裏的土地被收交集體,父母相繼被餓死,她被大伯家收養。到了婚嫁的年齡,她走進了我的家裏。父親當時是大隊裏的幹部,整天忙著工作,家裏的大事小事都落在了她的肩上。吃食堂,掙工分,還有照顧多病的奶奶爺爺,可想而知多累。屋漏又碰上連陰雨,那一場呼嘯邇來的洪水,淹沒了村莊,房子沒有了,過著顛簸流離的生活。洪水過後,重返家園的人們,蓋房子,修籬笆,父親是個不顧家的男人,於是這個家由她一手打理。房子,終於建起來了,一個七八口的人擠在了一起,這裏成了她一生的牽掛!
[ 投稿者:奇跡な夕日 at 16:08 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月13日
你可能不知道你其實是混合性皮膚

要問我們國家什麽膚質的人群最多,肯定就是混合性皮膚了。我不是針對誰,我是說在座的各位可能都是混合性皮膚。有很多人會把自己的皮膚當成是幹性皮膚或者油性皮膚,其實都是錯誤的,不然你那麽細心的護膚怎麽一點效果都沒有呢?
Pretty Renew 全程無推銷,感覺幾好,都快睡著了zzz。替我做膠原蛋白體驗的喬丹Jordan幾真認真,仲同我講咗唔少護膚的知識,小姑娘是護士出身,果然是比外面亂七八糟的美容店專業好,不錯哦!

護膚最講究的就是對癥下藥了,別看廣告上吹得天花亂墜,就狠狠的砸銀子,結果發現效果並不如評價上說得那麽好,不得不說,不根據膚質搭配護膚品真是耽誤人啊。
先確認自己是不是混合性皮膚
方法就是洗完澡之後什麽也不要用,靜坐一小時,然後觀察,如果T區已經開始出油了,而U區沒有油,甚至有些皮屑,那麽你一定就是混合性皮膚了。也可以到微信公眾號美膚幫幫忙發送2652測試下。

混合性皮膚不得不說的痛
1.用清爽型的,U區會幹燥起皮;用滋潤型的,T區就會油光滿面。
2.別人買一套護膚品就行了,你得買兩套,一套給T區用,一套給U區用。
Neo skin lab 全程無推銷,感覺幾好,都快睡著了zzz。替我做膠原蛋白體驗的喬丹Jordan幾真認真,仲同我講咗唔少護膚的知識,小姑娘是護士出身,果然是比外面亂七八糟的美容店專業好,不錯哦!
3.油性皮膚有的毛病T區都有,幹性皮膚有的U區都占。

混合性皮膚的保養方法
俗話說好馬費草,好車費油,好皮膚肯定是費護膚品的。
第1步:清潔要仔細
介於混合性皮膚復雜的特點,就不要選擇太強力的皂基,也不要太溫柔的氨基酸了。混合性皮膚用混合型洗面奶,皂基+氨基酸配方的!在T區多洗下,U區輕輕打圈按摩就好,早晚各一次不能再多了。
第2步:定期去角質
不管油皮幹皮,去角質是一定要做的。混合型皮膚既不像油皮那樣一周去一次,也不像幹皮那樣兩周一次,而是分區做!沒錯,混合皮就是矯情,T區1周1次,U區2周1次。

第3步:隔離防曬不能少
不管什麽膚質,保護自己的皮膚總不會錯,各種空氣汙染、紫外線難道不需要隔絕嗎?
第4步:化妝水要用對
如果你實在不想分兩套護膚品來護膚,那麽在用化妝水的時候一定不要用適合油皮的含酒精的水,對臉頰來說是一種傷害。如果只能選一種,那就保濕型的吧,補水總不會錯。
試做reenex 膠原自生療程之後, 兩頰泛紅即刻好好多,有D細微暗粒都退左,骨膠原仲會自己生!過程唔hard sell, 整體嚟講非常不錯!很多女人在年輕的時候沒有意識到保養的重要,就在三十歲的時候就凸顯除了很嚴重的肌膚問題,而reenex 膠原自生中心會幫助有著類似困擾的朋友來解決煩惱。



[ 投稿者:奇跡な夕日 at 13:21 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年08月30日
北極海の海氷域面積、410万平方キロメートルまで減少か



中国科学院が11日に発表した情報によると、中国科学院大気物理研究所は、北極海の海氷域面積は最小で約410万平方キロメートルとなり、観測記録開始以来、2番目の狭中小企卓越營商夥伴さになる可能性があると予想した。人民網が伝えた。

北極海の海氷域面積は1979年より毎年減少し、9月が通年で最も狭くなる。この数十年間で、50%ちかくも減少している。北極海の海氷域の急減は、世界から広く注目されており、中国の北極航路開拓にも重大な影響を及ぼしている。

同研究所の研究によると、秋季?冬季の北極海の海氷の異常な減少は、中?高緯度の偏西気流を弱めることで、冷たい空気を北極から中?高緯度の一部地域に進入させ、北極數碼通海の海氷の異常な減少を緩和できる。また北極の海氷の減少により、大量の局地的な水蒸気が海から大気中に移る。北極の温暖化により、大気に含まれる水蒸気が増える。これにより近年、東アジア、欧州、北米の大半の地域で冬季、低温や異常な降雪が発生している。また北極の秋季?冬季の海氷の大幅な減少は、大気の還流に影響を及ぼすことで、中国北方の大気拡散条件を弱める。これにより、汚染物の排出量が同じ程度であっても、大気品數碼通質がさらに下がることになる。




[ 投稿者:奇跡な夕日 at 16:17 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年08月15日
たではありに
田神は、長らく付き合ってきた恋人の茉希と間もなく結婚する。毎日、式の準備に追われているはずなのに、こうして連絡をくれるのは正樹を放っておけないからだろう。
相手の茉希は、幼馴染で正樹も顔を知っていた。快活で姉御肌の女性で、正樹にも親しく声をかけてく柏傲灣れる。幸せな二人を見ていると、気持ちが温かくなる。

「今日は、食事は付き合えないよ。この間の検診の結果を聞きに行かなきゃならないんだ。ほら、駅前の長浜病院」
「ああ。そういえばこの前、集団検診で、何かに引っかかったって話をしていたな。大丈夫なのか?」
「形だけのものだよ。僕が元気なのは田神だって知っているだろう?」
「そうだな。じゃ、また今度誘う」
「うん、また誘って。茉希ちゃんも一緒にね」

元々、正樹は線が細い。
大食漢ではないし、食べ過ぎるとすぐに腹をこわす。
いつもの事と捨て置いていたが、時折不調で食事が喉を通らないことがあった。
田神の胸で安堵して、正樹はひとしきり泣いた。氷の棘が刺さって、凍えていた胸がぽっと温かくなった気がする。

そして、本当に田神は柳瀨のクラスに乗り込み、凛々しく宣言した。

「ちょっといいですか。柳瀨さん」
「なんだ」
「正樹は俺のモノなので、手を引いてください。これ見よがしにあちこちマーキングされて不愉快です。正直、こっちも我慢の限界っす」
「なっ……」

手を出すなと男らしく宣言した柏傲灣田神は、本当に恋人同士なら皆の前で相良とキスをしてみろと言われてもひるまなかった。

「あてられても知りませんよ。おいで、正樹……」
「でも……みんなが」
「証人になってくれるってさ」

田神は衆人環視の中で本気のキスをした。
それは正樹も驚くような長いもので、どよめきの中、柳瀨はいらいらと席を立った。

「ふんっ、もういい。地に堕ちた聖少女を崇拝する気はない。せいぜい大切にすることだな」
「そうします.行くぞ、正樹」「どこに行ってしまったんだろう……あっ、いた!あの……っ!待ってください」

夕闇の中、去ってゆこうとする大きな背中に追いついて、頭を下げた。

「助けてくださってありがとうございました」
「どういたしまして。でも、わたしは余計なことをしたのではないですか?別れるとき、とても仲のいい友人に見えました」
「彼は今、事業に失敗して、とても苦しい状況にいるんです。だから僕は、手を振り払うことができなかったのです」
「それなら良かった」

正樹は、男が美術館で別れた時の格好だったのに気づいた。

「あの、もう遅いのに宿泊場所に行かれないんですか?」
「近くに安いホテルがないので、今夜はここで野宿します。公園の大きな遊具の下にスペースを見つけましたから、その下で一晩泊まるつもりです」
「公園って、あの滑り台の下?」

そこにあるのは、子供たちに人気の小山ほどもある大きなコンクリート製の滑り台で、下部には子柏傲灣供が走って抜けられるほどの広い空間があった。

「ええ。駅前のポリスに許可も貰いました。気候がいいので、きっと快適です。日本は治安がいいので、安心して眠ることができます」

にこやかに笑う男につられて、正樹もつい笑顔になる。

「でも、固いところで眠るのは、大変でしょう?」
「わたしはとても頑丈にできていますから」

胸を張った男には確かに、そんな心配は必要なさそうだ。
正樹は、胸板の厚い男との会話を楽しいと思ったが、明日また会えるだろうと思い直した。

「じゃあ、僕は帰ります。お気を付けて」

背を向けると、今度は向こうが声をかけてきた。

「あの……あなたを家まで送ってあげたいと思うのですが、失礼でしょうか?」
「え?」
「余計なことかもしれませんが、先程の彼が、あなたを襲ったように見えたので、心配になりました。……あなたは、出会ったときに美術館でも思ったのですが、とても可憐で花のようです」
「花……それは手折られるという意味なんでしょうか?」
「手折られる……?……それは、どういう?意味が分かりません」
「日本語の花を手折るという言葉には、女性を自分のものにするという意味があるのです。僕は女性ませんから、見た目を花に例えられるのは、余り嬉しくないです」
「わたしは褒めたつもりだったのです。でも、あな不愉快な思いをさせたのなら、謝ります」
「あ、僕の方こそ……助けてもらったのに、責めるようなことを言ってすみません。僕はこの容姿のせいで、嫌な目に何度も遭ったことがあります。だからつい過敏に反応してしまいました。決してあなたのせいではありません……」
「嫌な目?」
[ 投稿者:奇跡な夕日 at 16:17 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月19日
で怒るん
指差す先にあったのは、俺がベッドのそばにおいて日ごろから毎日のようにお世話になっている、重要機密書籍だった。
タイトル?『猫耳。ご主人さまが裸エプロンに萌えちゃった(はぁと)』

「似合いますか?亜由美さんは可愛いって言ってくれました。」

「あほう〜〜っ!勝手に部屋に入ってくるな!プライベートの侵害だ。」

「って、言うか。ぱんつ履けっ!」

「きゃあ。」

可愛い女の子ならともかく何で朝っぱらから、俺と同じものぶら下げたやつの裸エプロンなんぞ見なFoodWise BB用品きゃならないんだ。

???くそぉ???
確かに、綺麗な顔に白いレースのフリルのエプロンは恐ろしく似合ってたけど。
むしろ、眺めて居たかったけど。
不自然じゃないのが、不自然だった。

脳裏に焼きついた、澤田の姿は余りに強烈で、学校についても俺は毒気に当てられたようにぼうっとしていた。



脳内の澤田が俺に叱られて涙目でくすんと鼻を鳴らしたとき、誰かが素っ頓狂に叫ぶ声が聞こえた。

「すっげぇ!校庭突っ切って紙尿片邊隻好走ってくるあれ、裸エプロンじゃね?」

「おお〜〜〜〜、あれぞ、まさしく憧れの裸エプロン。本物が拝めるとは。」

「俺、写メ撮って置こうっと!」

裸エプロンと言う単語に嫌な予感がした俺は、窓に鈴なりになったクラスメイトをかき分けて窓枠を掴み思わず小さく叫んだ。

「げっ。あの、馬鹿っ???!」

対処方法が浮かぶわけもなく、内心激しく焦っていたが俺の動揺などお構い無しに、教室の扉が開いた。

「あ。柾く〜〜ん、居た〜。ほら〜、お弁当作って来たよ〜〜。」

脳天気なハイトーンヴォイス。
心臓に悪い、野郎の裸エプロンに、なんて言い訳をしようとしてチラ見したら、ちゃんとショートぱんつとタンクトップを着ているのに気がついて胸をなでおろした。
さすがに少しは常識が有ったらしい。

「ほら、忘れ物。お弁当ないと、困るでしょ?」

にこにこと差し出す手を、振り払うわけにも行かずしぶしぶ受け取った俺と澤田を友人達が取り囲む。

「可愛いね〜、柾の親戚か何か?」

「新婚の幼妻みたいだね。小さくて可愛い。」

「柾の母ちゃんが作る、人形みてぇ???モデルさん?」

「顔小さいねぇ???ねぇ、名前、教えてくれる?」

「あっ???あの。あの???」

これだから女に飢えた男子校のやつらは???あ〜あ、澤田、あれこれ質問されて真っ赤になってる。
見かねて人だかりの中から、細っこいのを引っ張り出した。

「弁当届けたんなら、もう用事無いだろ?授業が始まるから、さっさと帰れよ。」

周囲の空気が少し冷えたのは判紙尿片邊隻好ったが、俺は容赦なく素気無く告げた。
すごく傷ついた顔をしてじっと俺を見つめた澤田が、今にも夕べのように泣くんじゃないかと思った。

「あ???うん。そうだね???ごめんなさい。時間とらせちゃって。」

周囲は冷たいぞ〜とか、優しくしろよ〜と、散々俺に言ってきたが、無視した。
そのうち、しょんぼりと帰りかけた澤田の肩を抱いて誰かが聞いた。

「ねえ。柾との関係は何?親戚?恋人?」

ぱっと明るい声で、見あげた澤田が言いかけた。

「あ、ぼくは柾くんの、パ???」

「パート!」

「パートで働きに来てるんだよ。母ちゃんの仕事が忙しくなったから。な!?」

「???はい。」

それ以上言うなときつい視線でぐっさりと釘を刺し、俺は自分の席に戻った。
背中越しに肩が震えているのが分かる。

「あ〜あ???泣かせちゃった。可哀想に、大声鳴って、ひどい雇い主だなあ。」

「きつい言い方するなよ、可哀想に。」

完全無視を決め込んで、俺はそっぽを向いた。

「さっさと帰れよ。」

俺の領域に、ずかずかと入って来じゃねぇ。
[ 投稿者:奇跡な夕日 at 12:43 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月06日
はまことに
「ね、一衛。日新館から帰ったら、わたしと庭で稽古しようか。」
「直さまと……?江戸行きが決まって、お忙しいのでは?」
「時間ならどうとでもなるよ。一衛の父上のように武芸達者ではないけれど、わたしも少しは扱える。叔父上美股 即時 報價の代わりはできないが、練習相手位にはなるだろう。」
「あい。」
「それとね、わたしの意見だが、一衛の背が低いのは、決して悪いことではないと思う。小回りが利くのは、大柄の敵にしたら扱いにくいはずなんだ。短所だと思うなら、そこを長所に出来るように鍛練すればいい。獲物を小太刀に換えてみればどうかな。」
「小太刀ですか?」
「戦いになれば、相手がどんな得物を手にして戦うかはわからないだろう?持つ手札は多い方が良いと思う。何も槍だけに執着することはない。」
「あい。」
「それとね、大きな声では言えないが、一衛には言っておく。これからは洋式兵法の時代がきっと来る。新しく日新館に召し抱えになった砲術指南の川崎先生が言うには、西国の諸藩では、とうから新しい武器を買いあさっているという話飲水機推薦だよ。いつまでも刀槍に頼っていてはいけないともおっしゃっていた。」
「川崎先生のお話はとても面白くて、一衛も楽しみです。」
「そうだろう。川崎先生は他藩の事情にも広く通じていらっしゃるからな。上役の方々は、古い長沼流兵法にこだわって、這って的を撃つ鉄砲を卑しいものだと思っているようだが、鉄砲の威力はすごいんだ。一度一緒に砲術指南の山本さまのお宅を訪ねてみようか?一衛に手ほどきしてくださるよう御願いしてみよう。川崎先生は、山本さまのおうちに居候していらっしゃるんだ。」

鉄砲を一緒にやらないかと誘われて、一衛は顔を上げた。その表情は明るくなっている。
大好きな直正の誘いを、断るわけがなかった。
縁台から、とんと弾むように飛び降りた。

「直さま。鉄砲を初めて撃ったのは、いつごろですか?」
「ああ。去年の今頃だったかな。山本家の隣の秋月さまが軍事方で、砲術と一緒に鉄砲も習ってみろと言うので、わたしも手ほどきを受けたんだ。」
「一衛も直さまと一緒に行きたかった。直さ暗瘡治療まは以前、他の子をお連れになって一衛にお留守番をしていろとおっしゃいました。」
「そう言えば、一緒に行きたいと言って泣いたことが有ったな。意地悪をしたんじゃないんだよ。あの時は、一衛だ日新館にも上がっていなかったから、さすがに連れてはいけなかったんだ。鉄砲は撃つとすごい衝撃が来るから、踏ん張れないと吹き飛ばされてしまうんだよ。きちんと構えが出来ていないと、肩の骨が折れることもある。鉄砲の扱いはうっかり間違えると、大変ななるんだ。一衛に怪我をさせるわけにはいかないからね。」
[ 投稿者:奇跡な夕日 at 12:52 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月17日
しれなに入る
元服すら済んでいない息子を死地にやる哀しみに、胸が潰れそうだった。15歳以上の少年は、緊急招集されることになるだろうと直正の母に聞いていた。
今生の別れを前に、母は何とか気丈雲芝靈芝姬松茸に微笑むと、まだ前髪の息子の額に巻かれた鉢金を結わえなおしてやった。

「きっと父上が守ってくださいます。」
「あい。」

まだあどけない笑顔で手を振る息子の姿を、母は懸命に覚えておこうとしたが去りゆく背中が滲んだ。

「一衛……どこまでも、直さまの背中を追ってゆきなさい……一衛……!」
「うぅっ!」

振り向けば、祖父が腹を切り、死に装束を紅く染めていた。弱っているため傷は浅い。
苦しみながら喉を突こうとしていた。

「お待ちください、義父上。すぐ楽西聯匯款にして差し上げます。」

胸元をくつろげて、肋骨の浮く胸に小刀を押し当てた。
予定通り義父を介錯し、用意してあった辞世を仏前に揃えると、母もまた彼岸へと旅立った。城内に入った一衛は、まず直正を捜したが、城外で戦っているのか姿は見えなかった。
「直さまは、どこかにおいでになるのだろうか。それとも、城外で戦っているのだろうか……」

どこもかしこも人でごったがえして、何をしていいか分からない。不安だけが押し寄せてくる。
城を包囲した新政府軍の攻撃は休むことなく、頭上からばらばらと瓦が落ちてきた。

「一衛!」
「あっ、みんな!」
「良かった。皆を捜していたんだ。一衛は一人か?母上とお爺さまは?」
「家だ。別れは済ませて来た。」
「そうか……わたしの家も、わたしだけが城に入って、弟たちと母上は家に残っているんだ。父上は西郷さまの配下だから、白河口にいるのではないかと思うけど……」
「ここにいれば会えるかもいな。さあ、わたしたちはわたしたちのできる事をしよう。」
「うん。15歳以上は軍に配置されるかもしれないのだろう。いよいよ、初陣かな……あっ。」

そう言って立ち上がった一衛たちの目に飛提升輪廓び込んできたのは、各戦場から退却してきた驚くほどの数の傷病兵だった。
皆、ひどい傷を負い、野戦病院なり力尽きるものも多い。
[ 投稿者:奇跡な夕日 at 16:13 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月24日
れ味はまった


ついこのあいだは、
《泉谷しげる的気分》に浸っていたわけですが、


夜道をとぼとぼ歩いていると、
今度はどうも《忌野清志郎的気分》に
なってしまったようです。


『窓に君の影が ゆれるのが見えたから
僕は口笛に いつもの歌を吹く』


『夜の散歩をしないかね』ですね。
僕はこの歌が入っているアルバム
『シング治療禿頭ル?マン』が大好きなんですよね。
レコードの時代であったら
「磨り減るほど」と表現するくらいに

聴いています。


中でもなぜか
この『夜の散歩をしないかね』は
ふと口をついて出てきてしまう歌なんです。


『きれいな月だよ 出ておいでよ
今夜も二人で歩かないか』




いえ、
かなりの曇り空で月はでていませんね。


この曲は出だしのピアノもいいんですよね。
清志郎の歌声も素晴らしいです。
呻くような、囁くような歌い方なんですね。



月は出ていませんが桜は咲いていました。


夜の曇り空を背景に見る桜は
狂おしく思えます。
これは
僕の心が激しく乱れているからでしょうか?


『窓を開けて君のためらうような声が
ぼくの名前呼魚肝油んで何かささやいている』


この歌には
実際に女性の泣き声や囁き声が入ってもいます。
「ね、見て」などと。




いや、

夜に見る桜も綺麗ですね。
落ち着かない気分にさせられるくらい美しいです。
風がつっと吹くくらいで
いなくなるものに
なぜ
こんなにも心動かされるのでしょう?



とぼとぼと歩いてると、

こんな感じにとりとめもなく

いろんなことが浮かんでくるものです。


気が向いたら
薄手のコートを羽織って外に出てみて下さい。

夜、
誰もいない場所に咲く桜を見るのもいいものですよ。



というわけで、
『夜の散歩をしないかね』でした。












なんか変なんですよね。
ここのところ急激にブログ村の
《IN》と《OUT》が減っているんです。


ちょっと前まではだいたい200前後の
《IN》と《OUT》があったというのに
最近は30とかそれくらい。
まあ、
毀誉褒貶の大きなうねりというのはあるだろうと
考えてはいるのですけど、
やっぱり変だ。


いえ、
なんでもアメブロさん奶粉試用が常時くわかりませんが)、
バナーを換えろみたいなのは読んだし
(最近気づいたんですけど)、
実際にも換えてみたんですけどね
(そんなことに時間を奪われたくはなかったですが)。


だけど、全然駄目。
日に日に《IN》も《OUT》も減っていきます。

(↑ほら、こんな有様。今日時点ではどうなってることやら)


こういうのって不思議なものですね。
「ま、こういうのもやっときゃいいだろう」
くらいの気持ちではじめたものだったし、
最初のうちは全然数字が増えずにいても
気にならなかったというのに、
けっこう安定的に数字がもらえると
それが常態化してしまうんですね。

で、突然
数字が減ると
うろたえてしまうことになるわけです。


僕の場合、
このブログから小説を読んでもらう方へ
幾人かでも行ってもらえと目論んでいるわけで
(宣伝です。→『BCCKS』で読めますよ)、
そういった意味では重大事なんですよね。

[ 投稿者:奇跡な夕日 at 13:06 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月30日
に広いてい
東呉は屈託のない明るい笑顔を向けた。春からは身分を隠し、一般社員として系列会社に入社することになっている。

「その物言い。お前は、小学生の頃と何も変わらんな。」

「変わらないのは、じいちゃんの前でだけだよ。おれ、世間的には結構優秀らしいぞ。入社試験だって、実力you beauty 美容中心で通ったはずだよ。違う?人事に聞いてみてよ。」

「わしの孫だからな。出来のいいのは当然だ。そうだ、おまえに卒業祝いをやる約束だったな。」

「うん。何をくれるの?」

車椅子の当主がぱんと手を打つと、忠実な柳川が誰かを伴って会長室に入室した。

「会長。澄川石油の課長が報告に見えました。海底油田のプラントはわが社が単独入札だそうです。」

「おお、そうか。競合していると聞いたからどうかと思っていたが、さすがだな。東呉、課長は、産油国の王族ともパイプを持っているやり手でな。しばらく下について勉強させてもらうと良い。」

王族とパイプを持つ民間人が澄川の社内に……?
ふっと顔を見上げた東呉は、あっと声をあげそうになった。

あれから10年立つが、細い眼鏡の奥の涼やかな眼差しは変わらない。華奢な肢体に細身のスーツをまとった男に見覚えが有った。


予期せぬ出会いに立ちつくした東呉の頬を、不意に透明な滴がぱたぱたと転がり落ちた。くしゃと顔を歪めた東呉に近寄ると、青年は静かに視線を巡らせて当主と柳川の許しを得た。

「……背が伸びたね。あの頃には、ぼくの肩までしかなかったのに。」

「うっ……」

このお話しのベースは、雪華花魁を主人公にしたものでした。
境遇に負けることなく、花街できりりとyou beauty 美容中心好唔好生き抜く男女郎(おとこえし)の姿を書きたいと思っていました。

かなり前ですが、此花は違う名前を使用し、花魁の話を競作させていただいたことがあります。その時から、いつか違う話を書いてみたいと思っていました。

人間関係を勉強するなら、水商売に限るという話をよく聞きます。
大学で勉強するよりもバーテンダーをしたほうが良いという話をどこかで聞いて以来、いつか作品の中で成長する場面を入れてみたいと思っていました。実際の花魁の年齢は、場所にも依るのでしょうが17歳から21歳くらいだったようです。

設定がありえない割に時代色が強く、途中で煮詰まったりしましたが(しょっちゅう……)何とか完結いたしました。(〃???〃)
都市伝説で東京の地下には何かがある……という話が有ります。町が丸ごと入るような旧陸軍の大きなシェルターがあるとか、埋蔵金が埋まっているとか……想像力が刺激されて、巨大な花街があるという話ができました。

大江戸で「油屋の若旦那」と二つ名で呼ばれていた異国の青年は、今、機上の人となりながら水滴の走る窓に額を付けた。もう二度とこの国に降り立つことはないだろう。
愛する人を残して一人国許に帰る、それだけのことが今はたまらなく悲しい。
自分の心中を察した天が、共に泣る気がしていた。

「雪華……」

誰にも祝福されることの無い、報われぬ恋が終わりを告げる。
プライベートジェットのゆったりとした皮張りの椅子に、人払いをしたサクルは毛布を深く被り肩を震わせた。

これ程に人を愛したことはなかった。ただ一度、肌を合わせただけの美しい男女郎の姿が、ひらひらと蝶のように長い袖を翻してまぶたの裏で揺れた。

*****

「サクル。成人の披露目をしたくないと言ったそうだが?」

「あ、父上。今、お伺いするつもりでした。」

「王位継承権を持つそなたが、なぜ出席を拒む?王族に次期王の宣言をし、祝賀の宴を開いて、臣下万you beauty 脫毛 好唔好民く知らせる手はずになっておったのだが……?」

サクルは父王に似た精悍な顔を向けると、人好きのする顔をふっとほころばせた。
[ 投稿者:奇跡な夕日 at 13:03 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月16日
に打ち震らか
人魚は大きく目を見開いて、自分を押さえる王さまの腕を掴み必死で逃げようとした。傍目には首を絞めているかのように見えたかもしれない。ただ、そっと鰓孔を塞ぐと人魚は呼吸が出来ず苦痛に身悶えた。烈しく首を振って逃れdermes 激光脫毛ようとして抗っていたが、やがて気を失って固く目を閉じ浴槽の底に沈んでゆく。
小刻みに開く鰓孔が、弱った魚のように浅い呼吸を示していた。

「そうか、姿容は人と似ているが、魚と同じように、呼吸するのだな。」

意識を失った人魚のあちこちを、悪戯な子供のように好奇心を持って王さまは確かめた。
背中から腰下、足のふくらはぎの裏側には、薄く透明な背びれがそよいでいた。薄いオーガンジーでできたように、水の中で揺れる鰭は透き通り、儚く弱々しく見えた。
王さまは、連れてこられた敵国の王女や王子が夜伽に連れてこられる前に、身体を検(あらた)める浅い水槽へと人魚を運んだ。

どれほど幼いものでも、仇として王さまの首dermes 脫毛を狙うものは、これまでにも何人かいた。
王さまの閨房に侍る者は、必ず身体中の穴という穴を調べられる。

敗戦国の美姫たちは、敵国の閨房へ連れて行かれるのを覚悟すると、命を狙うため陰部に細い刃物を仕込んだり、後孔に毒の入った小袋を隱して王さまの前に現れた。
ある国の王妃を検めた陰部から、血まみれの短銃が見つかったときは、愛憎の深さにさすがの王さまも息を呑んだ。その場で舌を噛み自害した王妃の短銃には、二人分の命を奪う弾丸しか入っていなかった。隙あらば色仕掛けで寝首を掻こうとした気高い王妃の亡骸は、骸が散り果てるまで路傍に捨て置かれた。

だが、大抵の高貴な者たちの自尊心は、裸に剥かれ検めに遭うと、ことごとく痿えた。羞恥身体を隱すものと引き換えに永遠の従属と奉仕を口にした。むしろ、そういう高い身分にあるもの達の方が平然と、楽に生きる為、王さまの足に躊躇せず口づけし股をひらいた。
抜け落ちそうな重い手鎖に人魚を縛めたdermes 脫毛王さまは、意識の無い人魚の脚を開き何もない最奥を探った。柔な鱗の生えた足の奥、慎ましく細かな鱗に覆われている場所に王さまは指を埋めた。
[ 投稿者:奇跡な夕日 at 12:51 | 奇跡な夕日 | コメント(0) | トラックバック(0) ]