掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

とりとめのない画像と覚え書きです
内容に問題がありましたら,こちらへお知らせください
2004年5月から8月までの日記へ

2005年07月28日
ボデギータにミエル・クバーナを聴きにいく
恵比寿写真同好会の「キューバ現代写真研究会」と銘打って,参加者を募ったのだが,いつもの「はげでぶしらがめがね大会」になった。
Miel Cubanaとは,「キューバの蜂蜜」という意味だとボーカルの毛利真帆(もうり・みほ)さんから伺った。なるほど,サルサバンドかと思っていたのだが,そうではなく,ゆっくりとしたメロディー(ソンとかボレロ)が中心のバンドだった。グアンタナメラとか,ラビングユーとか,さとうきび畑とか,あと映画「ブエナビスタソーシャルクラブ」で歌われていた曲もあったり,真帆さんの声もソフトで心地よかった。(実はグルーポ・イラケレのインストルメンタルが好き。17年前,ハバナのレコード屋で1ペソでイラケレのLPをおみやげに買ったなあ。その後,文化村のライブに行ったのはいつだろう? 15年以上前,ニューヨークサルサのウイリー・コローンの大阪ライブにも行ったことあったなあ)。
リコーダーの直子さん,3本の笛をくわえさせてしまってごめんなさいm(__)m ハバナクラブがぶ飲みで,とても楽しい夜になりました。

050728_0429.jpg

050728_0487.jpg

050728_0505.jpg

恵比寿に店があった頃は,ちょくちょく行ったのだが,店が六本木に移ってから,初めて来た。場所は駅から少し離れていて静かなところだし,ここの料理,にんにくが効いていてうまいぜ。

[ 投稿者:trespesos at 01:51 | 飲み食い | コメント(1) | トラックバック(1) ]

この記事へのコメント
私もボデギータにいました
私もボデギータに7/28いました。『中南米マガジン』」を知り合いに売っていました。
今度は、顔合わせしたいものです。
私は81年にキューバに初めて行き、アラゴンのLPを買ってきました。
ミエル・クバーナはソンの原初的なイメージを持つバンドで、気持ちが癒されます。
投稿者: ますざわ at 2005-08-02 23:39:58

この記事へのトラックバック
イラケレ (Ira Kere)
イラケレ (Ira Kere)キューバ ラテンフュージョンユニット1967年結成の「オルケスタ・クバーナ・デ・ムシカ・モデルナ」 (キューバ現代音楽楽団)を母体として1973年に結成された、 ラテンフュージョングループ。ピアノのチューチョ・バルデスを 筆頭にパキート・デ・.....
投稿者: 楽しい音楽を聴く♪ at 2006-01-04 22:49:39

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/59.99/a01620/0000067294.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/59.99/archives/0000067294.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら