掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2007年04月03日
ブリックスファンドの中でも・・・
BRICs投資の中で人気のあるインド株投資や中国株投資。ロシア株投資はまだまだ知名度や人気は少ないのですが、大手証券会社より投資信託が設定されるなど徐々に注目が集まってきております。

ここ数日は原油価格の下落を背景にロシア株式市場は売り込まれましたが今後の見込みとしてはロシア株はとても面白いと思われます。

[ 投稿者:kabuo at 23:58 | インド株人気 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月13日
香港株 そしてインド株か中国株か?

中国株人気が復調の気配!
中国株の勢いが衰えません。香港H株指数は8200ポイントを軽々と突破しました。私は8000ポイントが目標になると思っていましたが、これは来春、10000ポイントを目指しているような感じがしてきました。

最近、株価が下落した日の市況解説には「高値警戒感」という言葉も登場しますが、翌日にはあっさりと反発して最高値を更新するという繰り返しです。その地合の強さに、出遅れ株を探そうにも、出遅れている銘柄さえ希少な存在になりつつあります。
[ 投稿者:kabuo at 10:10 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月11日
気になるインデックスファンド

インデックスファンドとは、市場全体の動きに連動することを目指す投資信託のことです。

たとえば日経平均株価(日経225)やTOPIX(東証株価指数)などの株価インデックスがあり、日経平均連動型であれば日経平均に連動しているということになります。単純に、日経平均株価が上がれば基準価額(1口当りいくらということ。

日々変動)は上がりますし、日経平均株価が下がれば、基準価額は下がります。指数に連動していますから、投資ビギナーにも非常にわかりやすい動きをする投資信託と言えます。
[ 投稿者:kabuo at 11:29 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月10日
ブリックスファンドの魅力
ブリックスファンドの魅力
ほとんどのBRICsファンドは、設定されて日が浅く、運用実績が半年や1年程度と短いのですが、中には設定以来の上昇率が40%超のファンドもあります。

 BRICsファンドは、高い経済成長を背景に高いリターン(収益)が期待できる一方、政治や社会情勢の変化によるカントリーリスクや流動性リスク、為替リスクが高い商品と言えます。ファンド選択の際は、自分の世界観と照らし合わせて、あくまでも余裕資金で行うことが大切です。

[ 投稿者:kabuo at 14:27 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月17日
JFグレート・アジア3・ファンド


新興国株式のファンドを探していて見つかったファンド。

JPモルガンの3つの機関投資家用ファンドに投資する
ファンドオブファンズで投資内訳は
・JF日本株アクティブオープン   40%
・JFインド株アクティブオープン  40%
・JF中国株アクティブオープン   20%

注目すべきは信託報酬が1.02%であること。
インド、中国に投資するファンドのほとんどは信託報酬が2%前後ですが、このファンドはその半分の信託報酬です。

日本株アクティブが40%を占めているところと購入時手数料3.15%が気になりますがインド、中国への投資を信託報酬1%程度でできるというところは検討に値します。
[ 投稿者:kabuo at 12:25 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月14日
インド株ファンドの価格

大きく相場が動いたインド株市場です。週の後半から反発してきたわけですがこの流れを持続できるかが注目されます。今後に期待していきたいですね。

インド株ファンドの1週間の動き。
○PCAインド・インフラ株式ファンドは5日が10,460円でしたが12日には10,475円となり15円の上昇。
○PCAインド株式オープンの5日は18,196円ですが12日には18,211円となりまして15円の上昇。
○HSBCインドオープンは5日が24,659円ですが12日には24,388円となり271円の下落。
○ドイチェ・インド株式ファンドは5日が14,150円でしたが12日には13,812円と338円の下落。
○野村インド株投資の5日は19,592円ですが12日が19,342円ですので250円の下落。
○ブラックロックインド株ファンドの5日が14,630円でしたが12日には14,493円となりまして137円の下落でした。
[ 投稿者:kabuo at 12:23 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月13日
インド株 上昇へ
インド株さらなる上昇へ
今週のインド株市場の全般ですが、週初こそ中国株香港市場をはじめとするアジアの証券相場の軟調さから利益確定売りが膨らみ急落してきました。そんな中、週末にかけて大きく反発し高値をとってきたインド株相場でした。
インド株指数は週末についに14000ポイントを突破し、窓を開けて株価指数が上昇しております。

インド株ファンドの基準価格には来週の反映になりますので楽しみでもあります。インド株をはじめとするBRICs市場は新興市場なだけに乱高下もありますが、成長性はバツグンですので一喜一憂せずにじっくりと投資するのが鉄則です。
[ 投稿者:kabuo at 12:21 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月11日
中国株 そしてインド株
中国株 そしてインド株
またファンドを一つ買ってしまいました。
中国株ファンドです。今保有しているファンドの一つが
中国関連株ファンドですので、中国株ファンドも
ひとつ買ってみようかと・・・

インド株ファンドがものすごい勢いで上昇してますので
なんか中国もいけるのかと思っています。
[ 投稿者:kabuo at 12:19 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年01月10日
香港株 そしてインド株か中国株か?
香港株 そしてインド株か中国株か?
中国株人気が復調の気配!
中国株の勢いが衰えません。香港H株指数は8200ポイントを軽々と突破しました。私は8000ポイントが目標になると思っていましたが、これは来春、10000ポイントを目指しているような感じがしてきました。

最近、株価が下落した日の市況解説には「高値警戒感」という言葉も登場しますが、翌日にはあっさりと反発して最高値を更新するという繰り返しです。その地合の強さに、出遅れ株を探そうにも、出遅れている銘柄さえ希少な存在になりつつあります。
[ 投稿者:kabuo at 12:15 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]