掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年05月16日
整理しきれないいくつかのものごと
僕は今日テレビを捨てた。ラジオも捨てた。テレビゲームも全部売った、携帯からも全部消した。なにもなくなった。コタツはある、本もある。でも彼らがいなくなってしまったせいで、僕の生活からはほとんどなにもかもが消えてしまった。沈黙。部屋の98パーセントを沈黙が占めている。僕はその残りの2パーセントで息をしなければならない。そのせいだろうか、さっきから頭の一部分がしびれてきている。コーヒーはある、クッキーもある。でもコーヒーとクッキーを食べながら僕は誰の話を聞けばよいのだろうか、相づちを打てばよいのだろうか、反論を考えればよいのだろうか。沈黙。誰も話しかけてこない。ただ鳥の鳴く声が聞こえる。でも残念なことに、僕は鳥とはしゃべれない。とりとはしゃべれない。

コタツの上に座って頭を抱える。開けた窓から夜風が入ってくる。僕は少しづつ息を整える。ゆっくりと空気になれようとする。だんだんと心が落ち着いてくる。でも油断してはいけない。わずかでも集中が途切れれば、冷たくてかたい空気が僕の肺に入り込もうとする。白い蛍光灯の光。今日は上手く寝つけそうもない。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:hutakata at 00:57 | 作り話 | コメント(0) ]

2008年01月14日
コーヒーと夜の森、そしてカエルの住む池
どうにも目が離せなかった。見てはいけないと何度も念じた。それでもだめだった。首を横に向けても、彼女の視線はしっかりと僕の視線をつかみ、握り締め、強引に引き止めた。それで、僕の目の玉だけがそこに残されるかたちになってしまった。なんて吸引力。アリジゴクがアリを待つように、打っても打っても返ってくる水風船のように、彼女の黒い瞳は僕の注意を引きつけて離さなかった。まるでブラックホール。抵抗しようとしてもだめだ。きっとキミだってそうなる。一度視界に入ってしまうと、その瞳はどんな形をしているのかだとか、その黒さはどこまで深いのかだとか、そのことをどうしても知らずにはいられなくなって、もうその事しか考えられなくなってしまう。そしてそれを見極めようとすればするほど、それらはよりおぼろげになっていって、それでも追いかけようとすると、追いかけずにはいられないのだけれども、そのときには気付いたとしてももう遅い、すでに捕らわれている。逃げることはできない。彼女がその視線を自由にすることを許すか、そうでなかったら月まで行けるような高性能ロケットを使うかしなければ、とてもではないがその引力からはい出ることはできない。もし意識の一部分がそれでも正気を保っていて、本体にどんな大声でその危険を呼びかけたとしても、それは通じない。音は聞こえているのだけれども、意味を解することができない。彼女の瞳にはそうさせる力もあるらしい。

しかしそれでも、その瞳の芯の芯だけは決して見てはいけない。もし見てしまったら、そこで全てが終わってしまう。何が終わるのかということは具体的にはわからない。でも確かにそれは終わってしまって、取り返しが付かなくなってしまうということだけはわかる。本能が叫んでいる。だから僕は最後の抵抗をし続けなければいけない。絶対に勝てない勝負だとわかっていても、戦い続けなければいけないのだ。

まあ、そうはいっても僕と彼女の目が合った時間なんて、時計にしてみれば秒針がほんのちょっと動いたぐらいの間のことでしかなかったのであろう。彼女の方だってそれとそんなに変わらないぐらいの事であったのだと思う。でもそれは僕にしてみたら、まるで何度も何度も同じ廊下を歩かされているような気分がするほど長い時間のように感じた。出口が見つからない。ここかと思って扉を開けると、また見たことのあるような廊下が続いている。恐怖だ。針の進むスピードなんて全然問題じゃない。でも、まあ、とにかくそれが一目盛か二目盛かを刻む内に、彼女は僕を解放してくれた。ふっと瞳から精彩が消えたかと思うと、いやになるくらい自然に視線を机の上に落とした。きっと彼女にとっては0.01秒ぐらいのできことでしかなかったのだろう。ずるいね、不公平だよ。まったく。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:hutakata at 15:11 | 作り話 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月15日
悲しいロック先生の盗まれたギター
夜、あれは確か11時をまわっていたであろうか。僕は車で峠道を走っていた。やけに霧が濃くて、いくらライトで照らしても5m先の白線が精一杯見えるぐらいであった。そういうわけでほとんど感で走っていたような気がする。ましてや歩行者なんていようものなら確実にひいていただろう。静かな車内、真っ暗な内装は、着ている服がそうである様に、すでに僕の体の一部と化していた。ハンドルとアクセルは僕の手と足の延長で、そしてフロントガラスで区切られた世界が僕の視界だ。真っ暗な森の中を僕は走る、わずかに光る中央線だけを頼りにして、右に左にそっと体を傾けてやる。いつもは気にも留めないが、その日は、たまに向こうからやってくる信号機や街灯の光が幻想的に見えた。その一帯だけが赤や、黄色のぼんやりとした光に包まれていて、例えるなら雨の中のガソリンスタンドのような、それでいてなんだか当たってはいけない光に当たってしまっているような、そんな毒々しい気もした。そこを過ぎるとまた闇、深海の底を行く潜水艦、ライトの光はもうそこで水に持っていかれてしまう。そうやって光から光へ、まるで島から島へと渡り歩くような気分であった。前後に走る車はなく、たまに対向車が来る程度で、急いでもいなかったので時速40kmぐらいでゆっくりと潜行した。光、闇、光、闇。青、オレンジ、赤、そして霧。だんだん感覚が痺れてきた、今僕はどこを走っているんだろう。多分僕はそのとき、そういう自分の状態を意識できていたと思う。

僕はその当時、自分の部屋を飛び出して、外に自分の場所を欲しいと思っていた。強く希求していた。彼ら、真剣に生きようとするあまり、まともに生きることができない人々、その彼らにとって、無人化したボーリング場がマイグレイトプレイスであるのならば、その言葉を借りてマイフェイバリッドプレイスといったところであろうか。お気に入りの場所、何時間そこにいても誰からも気に留められることなく、自分もまた気に留めず、好きな時にコーヒーが飲めて、本が読めて、気が向いたらいつも窓際のテーブルに席を取る彼女、僕じゃない誰か、に声をかけて新しいストーリーをはじめる事ができる、そんな場所、そんな空間に僕は憧れを抱いていた。そのことに関しては、通俗的にいえば、ほとんどコンプレックスにさえ感じていた。それでも、どうしてもその住み慣れた穴ぐらから出ることは恐ろしかった。少しの孤独と、顕示欲さえ我慢さえすればそこでの生活は申し分のないものであった。しかしおずおずと顔を半分だけ出し、外の光を少しでも垣間見ようものなら、僕の僕を正しく生きさせようとする力がぐぐっと首をもたげて、耳の中にどうしても手の届かない痒みがあるときのように、どうにも身体を悶えさせるのであった。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:hutakata at 16:11 | 作り話 | コメント(0) | トラックバック(0) ]