掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年01月14日
コーヒーと夜の森、そしてカエルの住む池
どうにも目が離せなかった。見てはいけないと何度も念じた。それでもだめだった。首を横に向けても、彼女の視線はしっかりと僕の視線をつかみ、握り締め、強引に引き止めた。それで、僕の目の玉だけがそこに残されるかたちになってしまった。なんて吸引力。アリジゴクがアリを待つように、打っても打っても返ってくる水風船のように、彼女の黒い瞳は僕の注意を引きつけて離さなかった。まるでブラックホール。抵抗しようとしてもだめだ。きっとキミだってそうなる。一度視界に入ってしまうと、その瞳はどんな形をしているのかだとか、その黒さはどこまで深いのかだとか、そのことをどうしても知らずにはいられなくなって、もうその事しか考えられなくなってしまう。そしてそれを見極めようとすればするほど、それらはよりおぼろげになっていって、それでも追いかけようとすると、追いかけずにはいられないのだけれども、そのときには気付いたとしてももう遅い、すでに捕らわれている。逃げることはできない。彼女がその視線を自由にすることを許すか、そうでなかったら月まで行けるような高性能ロケットを使うかしなければ、とてもではないがその引力からはい出ることはできない。もし意識の一部分がそれでも正気を保っていて、本体にどんな大声でその危険を呼びかけたとしても、それは通じない。音は聞こえているのだけれども、意味を解することができない。彼女の瞳にはそうさせる力もあるらしい。

しかしそれでも、その瞳の芯の芯だけは決して見てはいけない。もし見てしまったら、そこで全てが終わってしまう。何が終わるのかということは具体的にはわからない。でも確かにそれは終わってしまって、取り返しが付かなくなってしまうということだけはわかる。本能が叫んでいる。だから僕は最後の抵抗をし続けなければいけない。絶対に勝てない勝負だとわかっていても、戦い続けなければいけないのだ。

まあ、そうはいっても僕と彼女の目が合った時間なんて、時計にしてみれば秒針がほんのちょっと動いたぐらいの間のことでしかなかったのであろう。彼女の方だってそれとそんなに変わらないぐらいの事であったのだと思う。でもそれは僕にしてみたら、まるで何度も何度も同じ廊下を歩かされているような気分がするほど長い時間のように感じた。出口が見つからない。ここかと思って扉を開けると、また見たことのあるような廊下が続いている。恐怖だ。針の進むスピードなんて全然問題じゃない。でも、まあ、とにかくそれが一目盛か二目盛かを刻む内に、彼女は僕を解放してくれた。ふっと瞳から精彩が消えたかと思うと、いやになるくらい自然に視線を机の上に落とした。きっと彼女にとっては0.01秒ぐらいのできことでしかなかったのだろう。ずるいね、不公平だよ。まったく。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:hutakata at 15:11 | 作り話 | コメント(0) | トラックバック(0) ]