掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2007年12月15日
悲しいロック先生の盗まれたギター
夜、あれは確か11時をまわっていたであろうか。僕は車で峠道を走っていた。やけに霧が濃くて、いくらライトで照らしても5m先の白線が精一杯見えるぐらいであった。そういうわけでほとんど感で走っていたような気がする。ましてや歩行者なんていようものなら確実にひいていただろう。静かな車内、真っ暗な内装は、着ている服がそうである様に、すでに僕の体の一部と化していた。ハンドルとアクセルは僕の手と足の延長で、そしてフロントガラスで区切られた世界が僕の視界だ。真っ暗な森の中を僕は走る、わずかに光る中央線だけを頼りにして、右に左にそっと体を傾けてやる。いつもは気にも留めないが、その日は、たまに向こうからやってくる信号機や街灯の光が幻想的に見えた。その一帯だけが赤や、黄色のぼんやりとした光に包まれていて、例えるなら雨の中のガソリンスタンドのような、それでいてなんだか当たってはいけない光に当たってしまっているような、そんな毒々しい気もした。そこを過ぎるとまた闇、深海の底を行く潜水艦、ライトの光はもうそこで水に持っていかれてしまう。そうやって光から光へ、まるで島から島へと渡り歩くような気分であった。前後に走る車はなく、たまに対向車が来る程度で、急いでもいなかったので時速40kmぐらいでゆっくりと潜行した。光、闇、光、闇。青、オレンジ、赤、そして霧。だんだん感覚が痺れてきた、今僕はどこを走っているんだろう。多分僕はそのとき、そういう自分の状態を意識できていたと思う。

僕はその当時、自分の部屋を飛び出して、外に自分の場所を欲しいと思っていた。強く希求していた。彼ら、真剣に生きようとするあまり、まともに生きることができない人々、その彼らにとって、無人化したボーリング場がマイグレイトプレイスであるのならば、その言葉を借りてマイフェイバリッドプレイスといったところであろうか。お気に入りの場所、何時間そこにいても誰からも気に留められることなく、自分もまた気に留めず、好きな時にコーヒーが飲めて、本が読めて、気が向いたらいつも窓際のテーブルに席を取る彼女、僕じゃない誰か、に声をかけて新しいストーリーをはじめる事ができる、そんな場所、そんな空間に僕は憧れを抱いていた。そのことに関しては、通俗的にいえば、ほとんどコンプレックスにさえ感じていた。それでも、どうしてもその住み慣れた穴ぐらから出ることは恐ろしかった。少しの孤独と、顕示欲さえ我慢さえすればそこでの生活は申し分のないものであった。しかしおずおずと顔を半分だけ出し、外の光を少しでも垣間見ようものなら、僕の僕を正しく生きさせようとする力がぐぐっと首をもたげて、耳の中にどうしても手の届かない痒みがあるときのように、どうにも身体を悶えさせるのであった。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:hutakata at 16:11 | 作り話 | コメント(0) | トラックバック(0) ]