掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ここが信州のアウトドアへの入口で
長野県南相木村トータルサービスがアウトドアスポーツ、田舎暮しをサポート致します。

2008年12月31日
かんじき体験ハイキング
z1

12/29、千葉県&東京からお越しの方々と“雪を楽しむスノーハイキング”にでかけてきました。寒気が通り過ぎたあとの穏やか日和で気温も高く春山のよう。最初は何も着けずツボ足歩行。手ごろな積雪で皆が自然と笑顔になります。周囲の展望が良い山頂で眺めを楽しみながら昼食を食べ、下山途中には通常の冬ルートから外れて樹林帯を抜け秘密の雪原へ遊びに行きました。そこは誰も行かない自分たちだけのスノーエリアです。

信州の田舎暮らし&アウトドアはこちら>


[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 10:30 | アウトドア(山 登山) ]

2008年12月26日
スターライトスノーハイキング
zz2

12/24、クリスマスイブ恒例のナイトハイキング。昨年は満月だったので“ムーンライト”でしたが今年は月はなく満天の星空の下での“スターライト”になりました。

23日深夜に事務所を出発。日付が変わった24日1午前1時すぎに登山口をスタート。カキーンと冷え込むなかを登ります。空はこれ以上の晴天はないというくらい透き通って、それはもう無数の星が輝いています。

登山口を出発して雪の中を登ること約3時間。森の中だけれども小広く開けた場所にて大休憩。クリスマスイブということで持参したシャンパンで乾杯。同行者さんが心を込めて作ってくれたクラムチャウダーをいただき身体を温め、食後のデザートは苺ショートケーキです。氷点下の山の中なので、のっている苺が凍りシャリシャリという食感。シャンパンもシャーベットみたいになりました。

大休憩も終わり、ほんのわずかですが空の明るさを感じ、そろそろ山の頂へ向かいます。あと1時間ほど登ります。それにしてもキンキンに冷え込んでいます。樹林帯を抜けるころには東の地平線が赤くなり始め、山の頂に到着し夜明けを迎えます。日の出は何度見ても神々しい光景で、皆無言で立ち尽くしじっと太陽が昇るのをみています。手を合わせるひとも。神聖な夜明けを感じることができました。感謝。

信州の田舎暮らし&アウトドアはこちら>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 17:17 | アウトドア(山 登山) ]

北八ヶ岳スノーハイキング
z3

12/20、カンジキで雪歩きをしたいという1名さんと北八ヶ岳でスノーハイキングを楽しんできました。このところ暖かく、ひところよりもかなり積雪が少なくなったようです。樹林帯下部は凍結が多くてツルツル。アイゼン持っているから着ければ楽なんですがが、細かい凸凹や少しでも柔らかいところを探してキックステップで登り、標高2000mあたりからやっとカンジキの出番となりました。

信州の田舎暮らし&アウトドアはこちら>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 17:11 | アウトドア(山 登山) ]

2008年12月18日
かんじき販売・通販
DSCN8623

登山やアウトドアのショップでは購入できないレア製品。樹脂製カンジキの草分け的存在の優れものです。雪山冬山登山のほか、自然観察、散策、スノーシュートレッキング、狩猟、スノーハイキング、春先の渓流釣り、バードウォッチング、その他、雪があるところでの作業など様々な雪状況に使えます。実際、登山者の方々には多数使っていただいて、「日本の山は急な登り降りがあるからスノーシューよりも使いやすい!」っとの評価をいただいて、ご愛用者も年々増えています。是非多くの方々に使っていただきたいと思っています。

かんじき通信販売はこちら>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 19:52 | 通信販売 ]

2008年12月15日
カンジキ体験で雪山へ
z5

12/14、カンジキ体験で雪山へ。ところは北八ヶ岳の勝手知ったる某所。前日夜からの降雪で新たに20cm以上の雪が積もり、ツボ足の歩きにくさ大変さを知り、次にカンジキつけて平坦地から急斜面の登り降り。パフパフ新雪の楽しさを感じていただきました。山頂に着く頃に頭上は青空が広がり爽快な山頂でした。

信州の田舎暮らし&アウトドアはこちら>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 16:04 | 自然体験 ]

登山サークルで南八ヶ岳へ
zz6

12/6、南八ヶ岳に登りにでかけました。樹林帯は雪深く、稜線に出てからは風を遮るものがないので強風に翻弄されます。風上に顔向けられません。よろけること度々。バランス崩さないように気をつかいながら進み、下山のタイムリミットぎりぎりに山頂に到着。とても休憩できるような状況ではないので、記念写真を数枚撮影して即下山です。山頂の気温マイナス20℃。強風考えたら体感温度はもっともっと低い(風速1mで1℃体感は低下します)です。無事下山後は、温泉で温まって身体をほぐして解散しました。

八ヶ岳山遊クラブはこちらから>


[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 15:46 | アウトドア(山 登山) ]

2008年12月09日
雪山登山かんじき通信販売
z1

アウトドアや登山の達人が実際に使ってみて「これはいける!」っと唸った“お勧めアイテム”です。とにかく軽くて装着しているのを忘れるくらい。同サイズのスノーシューに比較して半分の軽さで、手頃な大きさなので足さばきもたいへん楽です。とくに勾配のある斜面の登り下りには侮れない実力を発揮します。こんな“すぐれもの”なので、是非、皆さんに使っていただきたいと紹介します。冬山登山に最適です。また自然観察、バードウォッチング、渓流釣り、スノーシュートレッキング、狩猟、そのほか雪があるところでの作業など。きっとお役に立ちます。

カンジキ通信販売はこちら>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 19:22 | 通信販売 ]

2008年12月07日
雪山登山用カンジキ通販
z1

アウトドアや登山の達人が実際に使ってみて「これはいける!」っと唸った“お勧めアイテム”です。とにかく軽くて装着しているのを忘れるくらい。同サイズのスノーシューに比較して半分の軽さで、手頃な大きさなので足さばきもたいへん楽です。とくに勾配のある斜面の登り下りには侮れない実力を発揮します。こんな“すぐれもの”なので、是非、皆さんに使っていただきたいと紹介します。冬山登山に最適です。また自然観察、スノーシュートレッキング、狩猟、そのほか雪があるところでの作業など。きっとお役に立ちます。

カンジキ通信販売はこちら>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 13:10 | 通信販売 ]

2008年12月05日
登山サークル「八ヶ岳山遊クラブ」
z8

11/29、今回は八ヶ岳。時期柄、樹林帯の中は雪がたくさん。なんと先行者が誰もいません。自分たちでラッセルしてトレースつけるのは気持ちが良いですが、とっても疲れます。稜線直下の一番深いところ(風下だから)で股までありました。稜線に出ると烈風の歓迎。吹き飛ばされそうでした。なのでドカンときた風は両足踏ん張って堪えます。よろけながらしか歩けません。登りのルートは先行者無しだったので終始先頭ラッセル。そんなで時間を取られてしまい、下山のこと考えると当初の目的の山頂はタイムアウトで諦めるしかない。縦走で一つ手前のピークに立って引き返しました。

八ヶ岳山遊クラブはこちらから>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 16:10 | アウトドア(山 登山) ]

登山サークル「八ヶ岳山遊クラブ」
z7

11/26、2名の方々と今冬はじめてのスノーハイク。数日前に降雪があったばかりなので、それなら新雪歩きに出かけましょうということで、雪の浅間山を間近に眺めることができる黒斑山へとなりました。前日の情報では「スノーシューが使えるくらい降りました」ということで、ならば一応、念のためにカンジキなんかも持参しましたが、雪は樹林帯の深いところで20センチくらいで、結局最後までツボ足で済んじゃいました。積雪が膝くらいあれば出番もあったですがもうすこしってところです。

八ヶ岳山遊クラブはこちらから>

[ 投稿者:アウトドア倶楽部 at 16:07 | アウトドア(山 登山) ]