掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

イラスト・画像に関しての注意
ブログ内で使われているイラストについては 水杜が㈱クラウドゲートのOMC 若しくは ㈱トミーウォーカーにて発注した物です。 イラストの使用権は発注者の水杜に、著作権は各絵師さまに 全ての権利は発注先の各会社に帰属しますので 無断転載、加工、配布など一切を禁じます。 尚、OMCのイラストに関してはソニックマートが転売している模様ですが そちらの商品は購入したパソコン内のみでの使用に留まり ウェブ上などでの使用は許可されておりません。←現在はどうなっているの??? 又、写真画像に着いては水杜が撮った物ですので 無断転用はご遠慮ください。

2013年11月30日
意外と体調は悪くない
同僚さんの入院でバタバタした一ヶ月でしたが
意外と体調は悪くなりませんでした
あ、時々お腹下したり、頭痛に悩まされるとかはありましたけどね
ついでに 今日喉の調子が良くなくて冷やりとしたり…
…十分ガタが来てるじゃないか。

まぁ思ったほどではないという事で。
家族や周りの人のサポート・気遣い在っての事ですので
それは本当に感謝しなければ。

あと、体調と言うより
今日の精神的な部分が何故かすっきりと落ち着いているというのも
あります。
これは自分でも驚いています。

単に開き直っているだけかも知れませんが
たまにはこんな気持ちが凪ぐ日があっても良いじゃないか。
また明日は落ち込んだり
絞られて泣いたりするかもしれないのですから(^ ^;)

日曜日に行く予定だった鎌倉は中止
お仕事いってきます
でも落ち着いたら何時か、何時か。

その前に喉の調子を整えて日曜日の放送です。
大して面白くもありませんが
声帯結節について振り返って喋ってみようと思います。
ご興味がありましたら
今週日曜日 22時10分過ぎから
ユーストリームまたは ねとらじ ”ことのねラジオ”で
お会いいたしましょう。

[ 投稿者:水杜 at 00:04 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月29日
どこまで どれくらい どんな
私も結構零す方なのですが

TLで沈んでいる方をお見かけして
何処まで どんな声をかけていいのか
結局飲み込んでしまう事が多いです。

気休めにもならないかなとか
掛けてほしい人や言葉じゃないかなとか…

自分のことを省みれば反応はどうであれ
誰かが見ている場所で零したい 
少しだけ吐き出したいのだろうと思い
今回はそっと眺めているに留めました

気が付けばお誘いしたイベシナで
娘が極々シンプルな言葉と行動で示しているじゃない
リプレイを見て少しでもにっこりして貰えたらいいねと願い
ご本人様も 少しお時間がたったら落ち着かれますようにと
お祈りす事しかできませんが。

ちゃんと寄り添う人が居て下さってよかった。
晴れ間が見えますように。


[ 投稿者:水杜 at 00:44 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月26日
PC語り。 不器用なシノビ
ずっと楽しみに待っていた羽流矢のノベルが来ました
格好いい…清顕さんが超格好良いいい男なのです。
羽流矢一瞬落ちそうだったもんなぁ…

二人の会話と空気と流れるような戦闘と
そう、こういうのが読みたかったんだと
理想そのままのSSでございました。
助けに割り入った忍犬の銀河のしぐさが可愛いしね

兎に角一度 お手合わせをお願いしたかったのです
人として開拓者として憧れの人だったので
越えたいとか其処までじゃなくて
ただただ 戦いたかったので
今回押しかけ襲撃者としてお誘いさせて頂きました。
そして 何と清顕さんの設定にも噛ませて貰ったり…
図々しいの境地ですが 快く受けて下さったPL様には
心からの感謝を。


えーと。 今の羽流矢は自分をどんどこ闇に沈めている状態です
中途半端な自分が嫌いだから
力も甘さも割り切る事も
何処にも行ききることが出来ない
(それが良いのか悪いのかは別として)

何時でも大事な人でも切り捨てられる様に。
それはとある人の言葉を穿き違えているのですが
でも、それを実践したからといって
一度望んだ場所にも戻れない

それも解っているけど
闇に沈み 沈みきれない自分の甘さを心の奥で
嘲笑う…か苦々しく笑っているのが 今の彼の様な気がします。

未だに自分と一線を引いたあちらの世界で生きる
(と彼が判断した人)人にはとても甘い奴です。

小さな頃は気のいい爺様が彼を可愛がっていて
所謂里のシノビにするには甘すぎる彼の性質を見抜いて
修行と称して開拓者にし、里から離したのかなと
今更ながら妄想。
でも、戻って 手を染めるのだと決めたのは彼。
でもそれは 里のためではなく、
何の為かを見失っている。

そんな事を今回のノベルを頼んで待って読んで
考えていました。

殴り書きで申し訳ない。

[ 投稿者:水杜 at 00:02 | AFOとか色々 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月24日
旦那さま お義姉さま おめでとうございます。
本日はお嫁に出した 柚李葉の旦那様、義姉さまのお誕生日です。

お誕生日おめでとうございますーー( ><)ノ

今日は華やかな宴でもあったでしょうか
それとも今日ばかりはとごくお身内だけで
ささやかなお祝いをされたでしょうか?

きっと隣で幸せそうに笑っているんだろうなと
想像して
ちょっと昨日から微妙に気力下降気味でしたので
ほんわりした気分になれた事に感謝しつつ。

良い一年でありますように(^^)

[ 投稿者:水杜 at 22:33 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月21日
人生色々 言葉も色々
同じ日になんとなく似たもやもや案件があったので 
ちょっと吐き出させて下さい。

2週間オーバー入院していた同僚さんが退院して
予定より半日早く復帰しました。
挨拶に来た時に担当してした経理の出納帳が日々合わないと
急遽代理で作業をしていた所長に言われて
自宅でチェックしていたら あまりにも帳簿の付け方がなってないと
これ以上放っておけないし、気になって眠れないと
ざっくりばっさり(上司が少し落ち込んでいた…)

…そりゃなっていないさ
突然倒れられて 資料も引継ぎも無くて
それでも必死に一応日々こなしていた所長を見ていたからさ…
その言い方は無いだろうと。
大変な事位 想像できるでしょうに。
まぁ 入院中気になってもどかしくて
案の定合わなくて きーーっとなってしまったのが
先に出たのでしょうけど
頑張ったという過程より 合っていると言う事実の方が
仕事上は大事なのも解るけどさ…と もやもやしたのが一つ。


もう一つはツイッター上のゲームのお話。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:水杜 at 21:53 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月15日
何とか…
週末の休日出勤を回避することが出来ました。

先週の日曜日の午後出勤も含めると
12連勤。 よく頑張った、私。

ご褒美に…明日のお昼はパンケーキにしようかな。
夕飯が遅くて差し入れも食べてしまうので
太る一方なのですが・・・。

はぁ ご褒美に体重へってくれないかしら。


後、OMCのノベルの納品が少し遅れ気味で心配
システムトラブルか
ライターさんが困っていないといいな…

閉じていた受注窓が開いているのがね、ちょっと。
とっても楽しみにしているので
早く納品が来ないかな・・・。

柚李葉も一度お里帰りのノベルとか頼んでみたいですね

[ 投稿者:水杜 at 23:35 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月10日
流石に無茶した・・・。
お久しぶりです。
今週頭に職場の同僚さんが腸閉塞で入院しまして
彼女は本当多くのお仕事を抱えていたのですが
それを分担して 私はまだ良いほうなのかも知れないのですが
帰りが何時も以上に遅く

土日も使わないと厳しいかな・・・と言うときに
久々の副業が先約で入っておりまして。

昨日今日と 片道約二時間を往復して副業と職場に行って着ました。
体力が無い私には辛かった…

けど、久しぶりに副業できてうれしかったですし
詩吟の実演を聞けて楽しかったので…
頑張る。 けど 来週持つかな…
今週ナレーションのお教室を休んだので行きたいし。
そしたら何連勤になるかなぁ…。

休みたい。
[ 投稿者:水杜 at 20:18 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月01日
生きてます
色々 頭の中で妄想は繰り広げているのに
何も書いておりませなんだ・・・。

そうだ お一人懐かしい方とコンタクトが取れました!
ほんの少しのやり取りでしたが
打って響いてくれたのが嬉しい。

多くを望まず 期待せず。
またそんな機会がありますように。

11月に久々に中継のお仕事もいただけました。
また頑張れるといいな

星回りはコミュニケーションとか広がりがテーマになっていますが
なかなか波に乗れて居ませんが
いい切欠になるように、頑張ろう。



☆ツイッターで呟こうとして結局呟かなくて
メモしておこうと思ったこと。

どうでもいいけれど
AFOのユリゼは長いこと旅をして 異世界まで行かせて
動かしていましたが 結局答えらしい答えは得ずに帰っていきました。
それでも彼女は満足だった訳で。
明確な答えは見出せなかったのですが 
”答えをみつけなくていい”と言うその時点での答えを見つけて
ずっと納得いっていなかった彼女の心に納得のいく落ち所を得たのかなと
会社の帰り道に、羽流矢のことを考えていて思いました。

羽流矢はどうなるのかな。 彼のことに関しては
ぽろぽろ零すかも知れません。
[ 投稿者:水杜 at 01:38 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]