掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

主な情報
調整中

2012年12月02日
わんおふ1巻届きました更新しますかね
てことで後編?いや中編らしいですよ?

標高1900mはすばらっ!でした。



前編:『KRTF "True" Reports | わんおふ発売日ですねそういえば行ってきましたねって話』

※こちらの作品を引用しております:アニメ『わんおふ -oneoff-』公式サイト|佐藤順一×黒星紅白が贈る少女たちが輝く爽やかな初夏の物語

前回の続きということで、はんばの里から。

ところで「はんば」は「半場」と書くのですが、半場といえば半場友恵さんですよね。チェキ!

こちらのはんばの里からは地元の人による遊歩道が整備されており、歩いて10分ほどで目的地へ到着できます。

ほら来た!

まごうことないこの景色。わんおふの最初のPVの頃から見てきたつづら折りが眼前に。


ちょっと望遠をきかせて。前編で登ってきた細い道、上から見るとこんな風になっていたんですね。

ところで今立っているポイント、作中では春乃がレジャーシート広げていますが、

こんな風に木々の合間から見るようになっており、というか基本的に山林のただ中へと伸びている遊歩道なので現実はくつろぎ空間たりえないのです。

それにしても山間部に分け入ってここだけが拓けている不思議な光景。

最初にここへ住むことを決めた人は何を思ったのか。

絶景スポットは遊歩道の終点にあり、というかここまで来るための遊歩道なので来た道を引き返します。


このように。後ろを振り返りつつ撮ってますので奥は絶景スポット側になります。


さて、この後は今晩の宿へ直行することに。

すると道中にこんなものが。隕石が地球に飛来とな!?

山の斜面に痕跡が残っているということで車を降りてちょっと山並みを見てみましたが・・・中腹あたりに横に広がるそれっぽい凹みがある・・・かな?
ぶっちゃけよくわかりません。


再び車に乗り山道をぐねぐねしていると気がつけばかなり標高も高くなり・・・

見えてきました今宵の宿。

ハイランドしらびそ。標高1900mに位置する高原の宿です。

春乃の家のモデルとされる建物です。


ここまで来ると周囲の山々がむしろ眼下に望むようになります。


ともあれまずはお部屋へ。

とりたててこれといった特徴があるわけでもないですが、2面に窓があり明るい部屋。
部屋にいながらにして外の山並みを堪能できます。

ムニャ〜

せっかくなので聖地鑑賞会。

昨今の地デジ化によりたいていの宿泊施設に液晶テレビが設置され、HDMI接続で簡単に大画面で楽しめるようになったのはありがたいことです。

まだ日が暮れるまで少しありますので付近の散策を。

なぜかぽつんとある機関車+客車+貨車。これは先ほどの下栗の里の眼下、遠山川流域に敷設されていた遠山森林鉄道のもの。
さすがに標高1900mという高地を走っていたわけではありませんが、付近の山林で伐採された木材を輸送する役割を果たしていました。

ちなみにわんおふでも出てきます。

それにしても高地だけあって空が気持ちいい。

東の空はこのように。

西の空は夕焼け時・・・でしたが惜しくも太陽は雲に隠れ。
志摩さんがしきりに\サンセット!/と言っていたことだけが強く記憶に刻まれることに。

夕暮れのハイランドしらびそ。

宿に戻って夕食。写真は志摩さんが撮ってくれていますのでそちらを。
ところでこのお宿、さすがに携帯の電波状況はあまりよろしくないですが、

地元のCATVの協力でフリースポットが整備されています。
せっかくなので速度を計測してみたところ上り下りとも30Mbps程度という下界から隔絶された場所とは思えないほどの速さ。
食堂では安定していたものの残念ながら部屋では繋がらず。部屋ではかろうじて3Gが入りました。

というわけで部屋に戻って鑑賞会の続きを・・・

「サトジュンといったら『まほTai!』でしょ!」とは志摩さんの言。
話が進むにつれたつゆきさんが「┌(┌^o^)┐ホモォ...」と興奮していってどうしたものかと思いながら全6話を見ましたことをご報告申し上げます。


でまあ夜になったわけですが、せっかくこんな高地に来ているわけですし各々デジ一持ってきてるわけですし・・・

撮りに行かないとですね。満天にちりばめられた星空、天の川も肉眼でわかるほどの絶景。

ほら、彼らもやってますし。

ここまではっきりわかるのならと雪解け間近の北の空に向かい・・・

10分程度では回転が足りなかった感。バルブだけかけて一風呂浴びてくればちょうどよかったんじゃないのか。

ちなみに撮影風景。

三脚は私の、写ってるカメラは志摩さんの。肉眼でもこのくらいは星が見えました。

ただ、西に目を向けると・・・

このようにおそらく飯田市街地方面でしょう、若干の光害が。

そんなわけで夜も更けていき、後編へと続きます。
(※現在ハイランドしらびそは冬季閉鎖中です)


参考:
佐藤順一監督作「わんおふ -one off-」にも登場。長野県飯田市の『下栗の里』へ行ってきました : ムーンライトゆかりん
標高1,918mの宿泊施設。満点の星空を楽しめるハイランドしらびそに宿泊しました:ムーンライトゆかりん
回送列車 -out of service- » Blog Archive » 空よりも高く〜原付では行けない、わんおふ舞台探訪〜

[ 投稿者:omi. at 07:47 | StageVisitation | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/56.03/a13600/0000403425.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/56.03/archives/0000403425.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら