掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

主な情報
調整中

2012年01月30日
あの夏で待ってるはずが雪の積もる時期に。その2
「あの夏で待ってるはずが雪の積もる時期に。その1」に引き続き。1/28取材分。
作中の順番で行くか探訪順で行くか悩みましたが、探訪順ということに。だいたい早朝から昼前にかけて。


街を歩いているとポスターの貼られているところもちらほらと。




※こちらの作品を引用しております:「あの夏で待ってる」公式ホームページ



まずは早朝の乙女駅。OPの柑菜シーン。



そのまま背後にある公園の遊歩道を通り抜けて乙女湖。OPの美桜シーン。



逆側からのアングル。1話前半、仏壇の写真。



上の写真の中央奥、土手の左手にある歩道。OPの柑菜&美桜シーン。





駅に戻って最初の写真奥に見える高架橋下。OPのイチカシーン。



同じ場所で1話の下校後。



先ほどまで撮っていたところの左手より。



乙女駅から小海線で2駅、小諸駅から駅前を歩いて相生町交差点。1話後半の町中シーン。



更に歩いて相生町2・3丁目交差点。OPの檸檬シーン。実際には左手にしかアーケードがない。



佐藤青果店さん。町で柑菜と七海が出会うシーン。



上の写真より少し駅寄りから。作中では上の逆からの構図になるが、こちらの方がそれっぽい?



もう少し道を進み、荒町1丁目交差点で左折して北国街道に入ってすぐ。OPのロケシーン。



そのまま北国街道を歩くとある「ほんまち町屋館」。OPの哲朗シーン。



さきほどの写真の右から左に撮った様子。OPの哲朗&美桜シーン。正面からじゃないのは撮影者が写り込むから。



更に後ろを向いたあたり。OPのりのんシーンはおそらくここだと思われる。



北国街道に戻り西へ向かってしなの鉄道(旧信越本線)との交点。


懐古園の入口を通り、突き当たりの位置。これが公式サイトのトップで使われているあの絵。



右手に折れてすぐ左手に折れ、そこで振り返るとここ。OPの全員シーン。


とりあえずここまでが小諸シーン。学校近辺など撮り忘れもいくつかありつつ佐久平へ。


蓼科口左手のモニュメントその1、幸せの鐘


蓼科口左手のモニュメントその2、満月の池(噴水)


佐久平駅蓼科口。27日にセンバツの代表校が決定して横断幕が付けられたというなんともなタイミング。


新幹線改札。


新幹線改札外の左手、蓼科口方面。


新幹線改札奥。






蓼科口階段付近。


小諸市内の各所については小諸市観光協会のこのマップが便利かと思います。
おおむね駅から右手に向かい、北国街道で上に折れてそのまましなの鉄道まで行き、学校は更にしなの鉄道に沿って上に向かい、懐古園を経由して戻るコース。

この時期はとても寒いので防寒対策はしっかりしましょう。この日は特に雪が降った後だったので寒いわ歩きにくいわで大変でした・・・

[ 投稿者:omi. at 22:41 | StageVisitation | コメント(1) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
引用
始めまして。
場面との比較写真も多くて、いいですね。

自分のブログで聖地巡礼について記事を書きましたが、貴サイトの写真を引用させていただきました。
投稿者: 紫陽花 at 2012-02-17 22:49:15

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/56.03/a13600/0000380645.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/56.03/archives/0000380645.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら