掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

主な情報
調整中

2014年12月27日
コミケ2日目に出ます
コミックマーケット87、今回もスペースをいただきまして2日目(30日)の東ホールC04a「KRTF」にて新刊既刊の頒布を行います。

今回の新刊の表紙はこちらとなります。

長野県には海がないけど出身の海軍軍人だったり艦内神社の分霊元だったりはいろいろあるよねってことでそういったものを訪ねて回りました。
今回は特に調査不足の感は否めませんがよろしくお願いします。

ということでお品書き。
「KRTF」 2日目東C04a
新刊:「海無し県の海軍を訪ねる 長野県編」 200円
既刊:「艦艇ゆかりの地を巡る 浦賀船渠編」 300円
既刊:「艦艇ゆかりの地を巡る 藤永田造船所編」 400円

新刊:「UPFG艦艇史料研究会報 Vol.1」 300円

こちらは私とサークル「かんたんのゆめ」のNT/fiv氏サークル「鯉素庵」の青山正仁氏とで立ち上げた「UPFG艦艇史料研究会」の同人誌となります。
[ 投稿者:omi. at 10:55 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年11月08日
明日のこと
明日11月9日、横須賀市衣笠のはまゆう会館で行われる「衣笠だけど浦賀の会」に参加します。



こんな表紙で



こんな中身。いつも通りですね。



ということでお品書き。

新刊:「艦艇ゆかりの地を巡る 浦賀船渠編」 300円

既刊:「艦艇ゆかりの地を巡る 藤永田造船所編」 400円

委託:「艦娘地名録」(サークルかんたんのゆめ) 600円

委託:「鎮守府周辺案内」(サークルかんたんのゆめ) 700円



あと若干の資料の展示等を行おうと思っております。衣笠さんの進水記事とかそんなん。
[ 投稿者:omi. at 14:18 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年10月23日
藤永田お疲れさまでした
先日の「鎮守府に着任しました!〜藤永田ニ見ユル刻〜」、お疲れさまでした。当サークルのスペースも多くの方にお越しいただきまして感謝の念にたえません。
などと言いつつ。
突然ですが去年の冬に発行した「艦艇ゆかりの地を訪ねる」のPDF版を公開します。


というのも既に頒布終了して収録した内容に関して当面別の冊子に収録する予定もないためです。

注意点としては昨年末時点での情報を元にしているため現在の情報とは異なる点がある可能性が多分にある点。
あと今見ると非常に雑ですね。今も雑ですが。

当時はまだ情報も少なかったため手探りだった様子がよくわかります。情報は増えてきましたが未だに埋まらないピースも多数ありますが。


というのをちらつかせて若干の告知。
サークル「かんたんのゆめ」のNT/fiv氏サークル「鯉素庵」の青山正仁氏「UPFG艦艇史料研究会」なる組織を立ち上げて旧海軍艦艇に関する資料の収集や調査を行っています。
現在は艦内神社の調査が主となっています。巷に溢れる情報は玉石混淆であるため、艦艇の戦友会が発行した記念誌、あるいは戦前の書籍や新聞などを調査し、憶測による断定を避け正確な情報をまとめるよう尽力しております。
現時点での成果物はこちら。
艦内神社まとめ

今後こちらの研究会名義でサークル参加することもあると思いますのでその節はよろしくお願いします。


あ、次回は11月9日に横須賀で開催される「浦賀船渠ノ航跡」となります。藤永田で出したものに加えこちらでも新刊を用意すべく現在作業を進めておりますのでよろしくお願いします。
[ 投稿者:omi. at 16:42 | 同人 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2014年10月18日
10/19藤永田オンリー告知
ここの更新どんな感じでやってたか忘れました。「ろこどる」始まってました終わってました。

即売会の前に告知を出さないとこわい人におこられるという話があるらしいので更新します。


明日10月19日にCCOクリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)にて開催される艦これオンリーイベント「鎮守府に着任しました!〜藤永田ニ見ユル刻〜」に“ボーキ01”「KRTF」でスペースをいただきサークル参加します。
これまでに出した本がうまい具合に捌けた状態なので新刊をこしらえました。ついさっき。

表紙。

内容サンプル。


藤永田造船所で建造された艦艇は主に駆逐艦だったため艦名つながりの土地などを訪れるという普段のやり方が通じないためにほぼ慰霊碑巡りになっています。
とはいえそれだけでは既に先達がいるはずなのでなるべく建立までの経緯など艦艇とその関係者の戦後史に少しだけ立ち入る形を目指して作りました。

ということでお品書き。
新刊「艦艇ゆかりの地を巡る(藤永田造船所編)」400円
サークルかんたんのゆめ様より委託「艦娘地名録」600円
サークルかんたんのゆめ様より委託「鎮守府周辺案内」700円
その他、サークル鯉素庵様より「艦内神社拾遺 改二」を見本のみという形で置いていただくことになっております。
机の上が寂しいようならうちの本も見本として置くかもしれません。置かないかもしれません。
[ 投稿者:omi. at 19:51 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月24日
せっかくだし探訪記事でも書こうかと思った矢先にこれだ
「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」アニメ化ですと!?
ということで探訪してきた。

いや、行ったのは夏の盛りなんですがね。いつぞやのきんモザ探訪の翌日。

※こちらの作品を引用しております:「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」


続きを読む ...
 
[ 投稿者:omi. at 23:59 | StageVisitation | コメント(0) | トラックバック(3) ]

2014年01月19日
おまつり厄神さん
新年です(遅
この間に何があったかというと・・・

ちょっと個室のある列車に乗りたくなって乗ってきたり
#今なにげなく見たらちょうど回送さんが更新してますね

ちょっと温泉に行ってきたり、まあいつもとあまり変わりません。

ということで

近所の門戸厄神の厄除け大祭に行ってきた話。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:omi. at 02:02 | Transit | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年12月28日
はい、榛名は雑にすませます
既報の通りです。
追加情報として新刊300円、既刊の臼井実籾と竹原の本は200円です。
委託は鎮守府と艦内神社とムテポゥの本が置かれてるんじゃないでしょうかたぶん。
[ 投稿者:omi. at 23:59 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年11月23日
エクストリーム鎮守府巡り、その3
だいぶ時間が空いてしまいましたが艦これを本格的に始めたせいです。そうに違いない。
阿武隈さんを改まで引き上げたので他の子のレベル上げに精を出そうとしたところ建造可能になった初日に適当に資材投入したら出てきた熊野さんと組んずほぐれつです。
などと書いてから更にしばらく経ってます。長良型と陽炎型がだいぶ改になりました。長良さんだけ改になってない。鬼怒さん来ない。雪風さん最近来た。

ここで宣伝。明日(11月24日)の呉で行われる艦これオンリー「砲雷撃戦!よーい!五戦目」でのサークル「かんたんのゆめ」さんの新刊になんぼか協力ないしはお邪魔してます。

詳しくはこちらをご覧ください。
エクストリーム鎮守府のことを書いてますが出てくる頭が同じ都合上ここで書いてるのとだいたい似たようなものです。

目次はこちら。目次のつもりで用意したわけでもないですが。
その2、佐世保編の続きで呉です。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:omi. at 15:06 | Travel | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年10月07日
エクストリーム鎮守府巡り、その2
その1は舞鶴編でしたが、今回は佐世保編。

前回も書きましたが関西から長崎県へは陸路の他にスカイマークの神戸長崎便とpeachの関空長崎便がありまして、うちからだと圧倒的に神戸空港の方が近いのとpeachの午後便を使うと現地着が夕方になってしまうのでスカイマーク。
・・・なんですが、朝っぱら仕事してから行く予定でいたところ仕事が終わらない終わらない。
なんとか出航時刻30分前に着くことができたものの事前予約が基本の飛行機だとこういうとき厳しい。

てなわけで、三宮まで出てそこからポートライナー。

ポートライナーは神戸港の東側を走っており、対岸には榛名や摩耶などを建造してきた川崎重工の造船所が見える。今は潜水艦救難母艦の「ちよだ」が造船所入り。

三宮から神戸空港までは20分弱。案外あっさりと空港にたどり着きます。

新交通システムなのと線形がいまいちよくないので距離の割に時間がかかるのは難点ですが、都心部まで20分かからないのは十分魅力的ですし、10分に1本という地方空港の中では破格の頻度はもっと評価されるべき。
LCC入ってくれるともっと使うんだけどなぁ……

空港についてチェックインを済ませて展望デッキへ。

北を向くと神戸の街と山並みが。連絡橋の先のあたりにある頂が重巡の名の由来にもなった摩耶山。うちの鎮守府には実装されていないやつ。

南を向けば滑走路。空気の澄んだ日には関空もしっかり見えます。

ちょうどスカイマークの飛行機が着陸してエプロンへ向かってくる。この折り返しに乗る……ほどせわしなくはない。ちゃんとスタンバイしてる機材がいます。

遅れないように保安検査を通過して搭乗へ。

今回乗ったスカイマークの便はフリー7/フリー3/通常運賃と3種類の運賃に分かれてましたがポスターの話が出てからチェックした時点で一番安いフリー7(10k)は完売。しかたなくフリー3(12.8k)で。通常運賃でも13.8kなので十分安いんですが。

搭乗して誘導路で着陸便が滑走路から退くのを待つ。来たのはSNAのくまモンラッピング。離陸前なのでカメラで撮ることもできなかった無念。

この日のフライトは天気もよくとても気持ちよかったです。瀬戸大橋上空あたりまで外を眺めてその後少し仮眠。
彼杵上空から長崎空港へ降りていく眺めなどは素晴らしかったがここもカメラを使えないタイミングで残念。

予定通り14時着陸。長崎空港には鉄路が来ていないので基本的にバスを使うことになります。

が、佐世保方面行きは50分後。いまいち接続がよくない。
ここに颯爽と救世主が!

佐世保行き直行ジャンボタクシー
バスだと1時間半/1350円かかるところがこのジャンボタクシーだと55分/1300円だという。これは使うしか。

長崎空港も人工島の上にあり、橋を渡って九州本土へ。時間に余裕があれば空港で飛行機と海を眺めていても充実できそうな綺麗な海。

高速に入って飛ばす飛ばす。海沿いを走っていたかと思うとやや山がちな土地を抜けてJCTに差し掛かりまた海へと向かう。
大村から佐世保に行くのに武雄を経由するのでやや遠回りになるがそれでも下道よりはだいぶ早いはず。

そんなこんなで佐世保駅に到着。

高速ツアーバスから乗合バスに移行ということでユタカ交通のバス停標が。三宮2215発で佐世保駅8時半。
今は「あかつき」みたいな夜行列車もないので朝からがっつりという人にはいいかも。

で、この佐世保駅にてクインテッサ氏が出迎えるサプライズ。NT氏から情報提供を受けて急遽動いたとのことなのですがさすがに予想外の展開。
以降は長崎事情にも精通したクインテッサ氏の案内で動くことに。たいして予定決めずに来ていたので渡りに船。

ということでクインテッサ氏の後を付いていく。バスに乗り元町バス停で下車し、横断歩道を渡った先の目的地へ。

ここは水交社という海軍将校の社交場だった場所。

そこに近代化改修を施して史料館「セイルタワー」として面目を一新、旧海軍から海上自衛隊に至る様々な資料を展示しています。
金剛デースの断面図なんかもあって艦これで興味を持った人が卒倒してしまわないか心配。
個人的にはやはり佐世保と縁の深い米内閣下に関する展示に惹かれましたが。
残念なのは撮影禁止であるところ。OKな場所とNGな場所が入り混じると面倒なのはあるでしょうけどもったいない。目録とかもなかったですよね……
展示点数も多いし展示室も多いので1時間かそこらではまったく足りない。最低でも数時間取っておかないといけないところでした。
いずれまた訪れなければ。

閉館時間まで居座って外へ出ると既に日はかなり傾いており。

セイルタワーから道を挟んだ向かいにあるこの建物は旧海軍時代の佐世保鎮守府凱旋記念館。今は文化ホールとして使われているとか。

いいかげん#腹減ったので商店街方面へ歩いて飯のある場所へ。
入ったのは「BigMan」というお店。今調べたら高崎のヤマダ本店にも入ってるのか……

できたて熱々のをいただく。美味しゅうございました。

商店街を横切る鉄道が気になるので佐世保駅方面へ向かうからと使ってみることに。

ここが駅だというんですよ。

ここが駅だt(ry
市街地中心部なので新しいマンションなども周囲にはちらほらあるというのにこの駅である。
まあちゃんと現役の駅なので列車が来ればそれっぽく・・・

なんか来た!ビール!?
どうも団体列車の送り込みに鉢合わせた模様。この1両目には乗れず、通常営業の2両目に乗車。

その2両目がこちら・・・と言いたいところですが撮り忘れてましたはい。これは佐世保駅に停まってたやつ。

駅から海の方へ向かう。せっかくなので艦艇のひとつくらいは撮りたいなと。

旅客ターミナル近くから撮ってみた。せっかく三脚持ってきたのにクイックシュー忘れて使えなかったのでタイマーとストラップを駆使してブレを可能な限り軽減する。

さて。
本題はなんでしたっけ?

そうですね。龍田さんですね。

佐世保駅は東舞鶴駅と違って利用者全ての目に入る好立地。龍田さんずるい!

余談ですが龍田さんといえば

こちらの龍田大社(奈良県生駒郡三郷町)とか、

こちらの龍田神社(奈良県生駒郡斑鳩町)などと縁がありそうですが、実際どうなんでしょうね。
モミジだったり法隆寺と関連があったりと東方とはだいぶ縁がある感じですが。

それはそれとして再び佐世保駅。

こんな特急で佐世保を離脱することに。んでホームに行ったら、

おいお前何しとんねん。
普段はこんな貫通と非貫通で繋げることはないらしいんですがこのタイミングで来ますか。
なんてことを思ってるとですね・・・

お前もなんだよ。
とまあ妙にネタ分の高い佐世保駅を後にして本州方面へ。
[ 投稿者:omi. at 23:58 | Travel | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年10月06日
エクストリーム鎮守府巡り、その1
既報の通りやらかしたわけですが、きっかけはこいつ。
アイエエエエ!『艦これ』駅貼りポスター&「鎮守府生活のすゝめ」情報をお届け! - コミニー[Cominy]
>▼駅貼りポスター掲出期間
>・横須賀駅 9月26日(木)〜10月2日(水)
>・横須賀中央駅 9月27日(金)〜10月3日(木)
>・東舞鶴駅 9月27日(金)〜10月3日(木)
>・呉駅 9月26日(木)〜10月2日(水)
>・佐世保駅 9月27日(金)〜10月3日(木)
>・大湊駅 9月27日(金)〜10月3日(木)


最初は穏当に近場の東舞鶴駅か、あるいは呉駅にでも行くかなって。
でもまあせっかくならサプライズとして一番行きづらそうな大湊駅をあえて目指すのもありかなと。
そんな感じで調べているうちにpeachの関空〜長崎線とSKYMARKの神戸〜長崎線の存在に気付く。
あれ、こいつ使うと案外佐世保近いんじゃね?

そんな感じでプランが煮詰まっていき、その時を迎えるのだった。


つっても最初は近場から。

正直安く早くだと日本交通の大阪・神戸〜舞鶴線の方に分があるのですが、ちょうどいい時間のがなかったのでJRで。
鈍行でまったりです。たいした距離じゃないし。

そんなわけで、

東舞鶴駅。途中のあれこれを撮ろうともしないくらいには近場感が。

高架駅で改札は1階。とりあえずホームには見当たらないので下に降りましょう。

階段横にはKTRのポスターが。流行りの水戸岡氏デザイン。

なんて思っていると……

いた。階段の踊り場、降りるときには視界から外れる位置のような。


下から登ってくるときにはこういう感じに目の前に現れるのでどっちかというと地元の人向けな配置かな。
なんて甘いことを考えていると罠が待ってる。

ホーム直結の上り専用エスカレーター。これを使ってしまうとポスターの存在に気付かない恐れが。

ということで目的を達成。ついでにちょっと散策。

東舞鶴駅全景。立派な見た目ですが1面2線。

駅から街へ向かう。おっそーい!とか言われたのでアンソロ探しに。

その辺の通りには軍艦の名前が。

こっちにも。艦これに出てくる艦艇は第二次大戦時のものですが、ここの通りはそれより前のものから採られている様子。

町中で気になったもの。

どう見ても居酒屋だしどこかの映画館の広告というわけでもなく。土地柄?


本屋を数軒回ったもののアンソロもコンプも見つからず。
しかしさすがは軍港都市舞鶴、どの本屋もコミックと軍事の書籍が充実している。

街の本屋でこの2つの表紙が並んでるとか尋常ではない。

ということで本屋を回るだけ回って帰る。軍港的スポットも回りたかったのですが近場なので今度来ることに。
本当は重巡青葉の由来となった青葉山とか軽巡由良の由来となった由良川の河口近くにある由良神社とか行きたかったんだけど。


[ 投稿者:omi. at 23:35 | Travel | コメント(0) | トラックバック(0) ]