掲示板お問い合わせランダムジャンプ

主な情報
調整中

2016年09月30日
修羅
「ガーリッシュナンバー」始まりますね。
ああ、こっちだった

TBS版の番宣がなんとも修羅寄りだったので期待してます。


で、

なんか見覚えあると思ったんですよ。


ここだわ。ちょうどいいアングルがなかったけど。
国会図書館からジョイフル行って駅に至るルート上にある感じ。

他の作中に出てくるシーンがこの辺かは知らん。
[ 投稿者:omi. at 20:37 | StageVisitation | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年09月13日
第十七駆逐隊オンリー即売会
ってのが来月あるんですよ
http://www.17dg.net/

一応それに出る予定です。これから申し込みます(14日〆切)
で、ちょろっとあれやこれや言っておこうと思います。

・公式の動きがなさすぎる
即売会の公式アカウントをTwitterでフォローしてるんですが、ツイート数が35、フォロワー数が60とまあほとんど告知できてないんですわ。
以前の告知ツイートを公式自身でリツイートすることが多いのですが、それだと既にリツイートしてる自分などはリツイート外してリツイートし直さないといけないので面倒になってしまうんですよね。

・サイトが見つからない
「17駆オンリー」とか「第十七駆逐隊」とかその辺のキーワードで検索をかけても公式サイトが引っかからない。
WiXでサイトを作るときにどうしたらいいのかってのをよく知らんのであまりあれこれ言えないんですがなんとかしていただきたい。というかちゃんとチェックしてくだしあ。

・表記がバラバラ
今気づいたんですが、サイトには「司令、笑ってるうちにやめような」と書いてあるのですがTwitterのスクリーンネームは「笑ってるうちにやめような」、bioだと「司令 笑ってるうちにやめような」でばらけてますね。

・会場アクセスがびみょい
板橋産連会館というところなんですが埼京線の板橋ではなくそこから三田線に乗った先、かつ駅と駅の中間くらいになります







とまあ文句ばかり垂れていてもしかたない。ということで行き方のアドバイスを。
最寄駅は都営三田線の板橋区役所前駅、次点で板橋本町駅なのですが、駅から歩いて少しあるので三田線が使いやすい人以外にはあまりおすすめできません。
じゃあおすすめはどういうルートかというと、池袋駅もしくは赤羽駅からのバスとなります。こちらだと会場のすぐ近くまで行けるので便利です。


国際興業バスの池袋駅西口バス停、5番のりば「池20 志村三丁目駅経由高島平操車場ゆき」か6番のりば「池21 舟渡町経由高島平駅ゆき」に乗車、「仲宿」バス停で下車してすぐ先の交差点を渡ると会場の板橋産連会館があります。
だいたい8〜9分に1本、2つの系統が交互に発車しているのでさして待たずに乗れます。


国際興業バスの赤羽駅西口バス停、4番のりば「赤51 池袋駅東口ゆき」「赤57 豊島病院経由日大病院ゆき」に乗車、「板橋三中」バス停で下車して少し戻った交差点を渡った先に会場があります。
こちらは12分に1本。

行先見てもわかりにくそうなので系統番号(池20/池21/赤51/赤57)を見て乗るといいかと思います。


バス停からの徒歩はこんな感じ。
[ 投稿者:omi. at 00:03 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年06月04日
艦艇公開メモ(20160606~)
20160604時点で公表されてる情報からまとめた艦艇公開。
なんとなく気が向いたので。

6月26日更新
6月6〜7日鹿児島(鹿児島県)ししじまhttp://www.mod.go.jp/pco/kagoshima/kachihon/event.html
6月11〜12日横須賀(神奈川県)未定https://www.cocoyoko.net/event/norimono-fes.html
6月12日神戸(兵庫県)なおしま
未定(えのしま型)
http://www.mod.go.jp/msdf/hanshin/info/news/nichiyo-ippan.html
6月12日呉(広島県)くろべhttp://www.mod.go.jp/msdf/kure/info/facilities/index.html#4
6月19日四日市(三重県)いせhttp://www.mod.go.jp/pco/mie/know/images/28.06.19_ise.pdf(※PDF)
6月19日神戸(兵庫県)しまゆきhttp://www.mod.go.jp/msdf/hanshin/info/news/6.17shimayuki.html
6月19日呉(広島県)とわだhttp://www.mod.go.jp/msdf/kure/info/facilities/index.html#4
6月21〜22日姫路(兵庫県)いせhttp://www.mod.go.jp/pco/hyogo/pdf/iseippannkoukai.pdf(※PDF)
6月25〜26日中城(沖縄県)みょうこうhttp://www.mod.go.jp/pco/okinawa/ivent/ivent.html
6月26日呉(広島県)さざなみhttp://www.mod.go.jp/msdf/kure/info/facilities/index.html#4
7月2〜3日鰺ヶ沢(青森県)YDT-02http://www.mod.go.jp/pco/aomori/event/28-06-06event.html
7月9日船橋(千葉県)はちじょう他http://www.mod.go.jp/pco/chiba/
7月9〜10日八戸(青森県)未定http://www.mod.go.jp/pco/aomori/boshu/280604oominato.pdf(※PDF)
7月9〜10日大洗(茨城県)ちくまhttp://www.mod.go.jp/pco/ibaraki/event.html
7月9〜10日鳥取(鳥取県)やまぎりhttp://www.mod.go.jp/pco/tottori/28.5.17kantei.jpg
7月9日(体験航海)
7月10日(一般公開)
松山(愛媛県)あぶくまhttp://www.mod.go.jp/pco/ehime/event.html
7月16日福井(福井県)やまぎりhttp://www.mod.go.jp/pco/fukui/event.html
7月16〜17日射水(富山県)ひうちhttp://www.mod.go.jp/pco/toyama/event/h28/28kantei.pdf(※PDF)
7月16〜17日津久見(大分県)おおたかhttps://twitter.com/oita_pco/status/746843090854371332
7月17日大井川港(静岡県)YDT-03http://www.mod.go.jp/pco/sizuoka/kouhou/event.html
7月17日能代(秋田県)YDT-02http://www.mod.go.jp/pco/akita/etc/28-1.html
7月17〜18日八戸(青森県)とわだhttp://www.mod.go.jp/pco/aomori/event/28-06-06event.html
7月17〜18日新潟(新潟県)しまかぜ
せとぎり
http://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/event-schedule.html
7月23〜24日伏木(富山県)せとぎり
しまかぜ
みょうこう
いせ
http://www.mod.go.jp/pco/toyama/event/h28/28kantei.pdf(※PDF)
7月23〜24日高知(高知県)あけぼのhttp://www.mod.go.jp/pco/kochi/files/5.30event.pdf(※PDF)
7月30〜31日秋田(秋田県)せとぎりhttp://www.mod.go.jp/pco/akita/etc/28-1.html
7月30〜31日別府(大分県)じんつうhttp://www.mod.go.jp/pco/oita/boueibousaiposuta.pdf(※PDF)
7月31〜8月1日八戸(青森県)うらが
はちじょう
はつしま
http://www.mod.go.jp/pco/aomori/event/28-06-06event.html
8月1〜2日村上(新潟県)いずしま
あいしま
http://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/event-schedule.html
8月6日横須賀(神奈川県)未定http://www.mod.go.jp/pco/kanagawa/ibennto/ibenntoitirann.html
8月6〜7日清水(静岡県)やまぎりhttp://www.minatokappore.jp/yotei.html
8月6〜7日須崎(高知県)なおしま(予定)http://www.mod.go.jp/pco/kochi/files/5.30event.pdf(※PDF)
8月9〜11日伊東(静岡県)未定http://www.mod.go.jp/pco/kanagawa/ibennto/ibenntoitirann.html
8月20〜21日下関(山口県)未定http://www.mod.go.jp/pco/yamaguchi/ivent_yamaguchi.html
8月27〜28日両津(新潟県)すがしまhttp://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/event-schedule.html
9月3〜4日寺泊(新潟県)すがしまhttp://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/event-schedule.html
9月24〜25日新潟(新潟県)ひゅうがhttp://www.mod.go.jp/pco/niigata/HP/event-schedule.html
9月中旬大分(大分県)未定http://www.mod.go.jp/pco/oita/09_gallery/ibentosaisin.pdf(※PDF)
[ 投稿者:omi. at 17:29 | 自分用メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年05月02日
魔女と船とカメラのありそうなところへ
4月になり『ふらいんぐうぃっち』の放送が始まりました。本屋で1巻を見かけて表紙買いしてから2年、まさかアニメ化されるとは思っていなかったので驚き。

そしてPVを見てまた驚き。とても綺麗に描かれており本当に30分アニメでこの品質を維持できるのだろうかと心配になるほど。

ということで弘前に行ってきた話。

地元も気合い入ってます。


ただし往路は東京経由なのです。こっちの方が安かったのと予定を直前まで決められなかったのと。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:omi. at 17:36 | StageVisitation | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年02月11日
カメラのレンズを持ち歩くやつ
これまでひょんなことから手に入れたCL-1020というニコン純正のレンズケースを使っていたんですよ。
ニコン純正のレンズケースはクッション材ではないので鞄の中での収まりがよく底板が入っているのでケース自体が立つようにできてるので個人的には使い勝手がよくていいのですが、それはサイズが合えばの話。
まあ要するに今までのは合ってなかったんですよ。どのくらいかというと縦に入れるはずのレンズが横倒しにしても入るくらい。
てことでレンズに合うケースを買った話。

最初はサードパーティーのを見たりしていたんですがクッション材だとかさばるなど次々と却下となり結局ニコンのが勝手がいいという結論に。
ここで問題がひとつ。ニコンのサイトを見てもレンズケースの内寸が載ってない。例えばCL-1020の商品説明。寸法が一切見当たらない。
てことで情報収集しつついくつか調達してみた。

と、その前に今回どのレンズのためにケースを調達したいかって話から。
まずニコン純正のAF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED。柱島に行ったときに調達した中古のレンズ。たしか8kくらい。
もう1本はAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。うちで唯一のナノクリレンズ。回送列車 -out of service-の中の人から譲渡を受けた一品。
肝心のレンズの大きさは18-70がだいたい径73mm×長さ100mm、60mmが径85mm×長さ115mm。公式にある寸法と違うじゃないかと言われそうですがメジャーで測ったものでキャップ類やフードの分がプラスされており。

で、実際に調達したケース。
まずCL-0815。商品説明のページすらなくてニコンダイレクトにリンクした。こっちが18-70用を想定。
もう一つがCL-0915。こちらは60mm用を想定。こっちの対応レンズとして18-70があるのですが、他に18-135があることに注目。こいつの寸法が73.5×86.5mm(公称)、60mmが73×89mm(公称)なのでおそらくいけるだろうと判断。18-70用にCL-0815選んだのもこれを見てもう一回り小さいのでいけるのではと思った次第。




まずは実物写真で比較。

左からCL-0815、CL-0915、CL-1020。明らかにCL-1020でかい。ちなみにこの時点で収納済み。つまりちゃんと入ったわけです。

次に内径比較。裏返して底板のサイズを見て大雑把に比べた。
CL-0815、約70mm

CL-0915、約80mm

CL-1020、約95mm


実際にレンズを入れてみた結果ですが、18-70とCL-0815は径は少し余裕があり長さはちょうどいい。ぴったりすぎるのでフードがついたら厳しいかもという感じ。
60mmとCL-0915、こちらも入るのですが、付属品のフードHB-42が若干引っかかります。そこさえ許容できれば径も長さもぴったりです。
んで余ったCL-1020はシグマの10-20mm F3.5 EX DC HSMにあてがう。長さはだいぶ余るが径はおおむねよい感じ。


こいつらが収まったわけです。本当なら商品情報から適切に選びたいのですが寸法が載ってないのが悪い。


ともかくこれで鞄の中のスペースが有効活用できる(空いた分はすぐ埋まる
[ 投稿者:omi. at 01:39 | 自分用メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年01月28日
タブレットで充電しつつUSB機器を使いたい話
タブレットに給電しつつUSB機器を使うためのやつを買ったんですよ。

そうこれこれ。



ヨドバシで。

まず中身を確認。

本体とUSBケーブルと簡単な説明書。

タブレットに繋ぐ方はケーブル直付け。こうなってるとここの耐久性≒製品の耐久性となってしまうのでUSBコネクタ用意してほしいところではあるが、コネクタ付けた分サイズが大きくなるしコストも上がるからしかたないところか。

さてテスト開始。付属の給電用ケーブル・・・は使わずにminiUSBケーブルからmicroUSBケーブルに変換したものを使ってみる。ケーブルによる相性とか出ないかの確認ね。

本体にある切替スイッチのうち、OTG onlyだとタブレットへの給電は行われない。うちで使ってるSi02BFだとAとBのモードのどちらでもタブレットへの給電が行われる。

実際にUSB機器を繋げてみる。

普段使ってる年代物のgigabeat氏にご登場願う。

ディスプレイの右下、ちゃんと充電しているのがわかる。「接続されました」の表示はPCとのMTP接続が行われていることを示している。

このあとスマホも繋いでみたが、こちらはUSB接続自体は問題ないものの充電に関しては若干不安定だった。
本体とタブレット、その上でUSB機器へも給電となると最大2AのUSB給電ではまかないきれないケースも発生するということで納得はいく。

あと微妙に気になった点。コネクタがしっかり収まらない。


実使用上問題ないのでいいのだがちょっと気になる。


各機器に確実に給電したいって向きにはこっちの方がいい。

問題点はルートアールのものより大きいのとACアダプタによる給電なので持ち歩くときにかさばるところ。

サイズ比較。

バッファローのはルートアールのものの3倍くらいのサイズ。といってもバッファローのがカードサイズなのでルートアールのがかなり小さいことになる。
ちなみに高さはルートアールのが1.5cm、バッファローのが2cm程度。どちらもケーブル直付けでなければポケットに入れて持ち歩くくらいの気軽さを発揮できるのだが。

投稿時点でバッファローのはタイムセール中なので買うならお早めに。

ルートアール:『充電可能4ポートスリムOTGハブ [RUH-OTGU4+C]』
バッファロー:『Windows / Androidタブレット用充電機能付きUSBハブ 4ポートセルフパワータイプ BSH4AMB03/N』

タブレットによってはうまく動かないケースがあるとかないとかって話なのである程度下調べしておくとよいかと。
[ 投稿者:omi. at 19:57 | 自分用メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年06月20日
別大麻の話、というかメモ
伊勢神宮の別大麻、ざっくり言うと伊勢神宮では御分霊の授与を行っていないことから御分霊の代わりのように用いられていたものですが、これについてのメモ。

神宮司庁発行の「神宮・明治百年史 上巻」(P428〜429)によると明治四十三年の神部署訓令を以て特別奉斎の願出があった場合に永久奉斎の大麻を授与することにしたといい、これが別大麻の始まりだという。
御分霊の代わりということで誰にでも授与していたわけではなく、当初は官公立学校、軍隊、公民団に限っていたという。大正14年神宮司庁達を以て別大麻は軍艦又は朝鮮、台湾、樺太及び海外の公民団等において特別奉斎の申請をした場合に限ることとなった。ここで学校が除外され軍艦が追加された。
でまあここに書いてあるように基本的には別大麻が奉斎されるのは軍艦か海外ということになる。

で、実際に奉斎された別大麻の数というのが同書に記されている。昭和43年発行なのでその時点までということになる。
学校 5
北海道 2
樺太 8
朝鮮 132
満州 136
蒙古 3
支那 30
南洋 5
その他海外 10
 北米 1
 ハワイ 4
 フィリピン 1
 スマトラ 1
 マレー半島 1
 リオ群島 1
 バタビア 1
軍艦 697
海軍関係 67
自衛艦 1
商船 1
その他 4
計 1101

このうち学校は先述の通り大正14年以前に奉斎されたものということになる。軍艦については大正14年以前にも奉斎されていた例があることが伊勢神宮の広報誌「瑞垣」で判明しているため、通達は現状を追認したものでもあると見られる。

次に今しがた出てきた「瑞垣」であるが、その5号と22号に別大麻を授与された艦艇と授与日が記されている。ここに記されているのは全部で75隻。艦艇への授与のうち1割ほどとなる。大多数が掲載されていない理由はいくつかあり、まず瑞垣のリストが昭和12年までしか掲載されていないこと、次に別大麻の奉斎が規則として明文化されたのが昭和15年であることが挙げられる。

もう一つの資料を提示する。国立国会図書館のデジタルコレクションで閲覧できる「神宮便覧」である。デジタルコレクションでは大正14年度昭和3年度昭和9年度昭和15年度昭和17年度の5冊が閲覧可能である。
この「神宮便覧」には概ね一昨年度の大麻暦製造高が記載されており別大麻の製造高も載っている。
大正12年度 6
昭和2年度 10
昭和7年度 9
昭和13年度 31
昭和17年度の神宮便覧には戦時下であることが影響しているのか別大麻製造高は記載されていない。

この別大麻製造高と瑞垣に記載された艦艇への奉斎とを比較してみると
大正12年度、製造6に対し奉斎0
昭和2年度、製造高10に対し奉斎0
昭和7年度、製造高9に対し奉斎8
昭和13年度、製造高31であるが瑞垣のリスト外につき奉斎数不明
となる。

とまあ今までに見つかった別大麻関連資料のことを並べ立ててみた。
[ 投稿者:omi. at 13:44 | 自分用メモ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年04月18日
艦娘まりんふぇすたに出ます。明日。
明日ポートメッセなごやで開催される艦娘まりんふぇすた改二に参加します。
スペースはロ-13「KRTF」となります。

本当なら新刊を用意する予定だったのですが間に合いませんでした。
既刊「艦艇ゆかりの地を巡る(川崎造船所編)」300円
既刊「艦艇ゆかりの地を巡る(浦賀船渠編)」300円
既刊「艦艇ゆかりの地を巡る(藤永田造船所編)」400円
これら3種の既刊と、
UPFG艦艇史料研究会「UPFG艦艇史料研究会会報」300円
かんたんのゆめ「鎮守府周辺案内」700円
かんたんのゆめ「艦娘地名録」600円
これら3種の委託本を用意しております。

できればペーパーを作りたい・・・
[ 投稿者:omi. at 17:12 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年02月22日
神戸かわさき造船これくしょん2、サークル参加します
kantei_kawasaki2_hyosi のコピー_1

今日となりましたが「神戸かわさき造船これくしょん2」に灘-8「UPFG艦艇史料研究会」で参加します。
UPFG艦艇史料研究会の会報のほか、KRTFとしては
新刊「艦艇ゆかりの地を巡る(川崎造船所編)」300円
既刊「海なし県の海軍を訪ねる(長野県編)」200円
既刊「艦艇ゆかりの地を巡る(浦賀船渠編)」300円
既刊「艦艇ゆかりの地を巡る(藤永田造船所編)」400円
の4種が出ます。
このほか研究会メンバーの「かんたんのゆめ」「鯉素庵」の本もスペースに置かれる予定です。
[ 投稿者:omi. at 00:32 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年01月26日
こみトレお疲れさまでした、あとアフィリエイトとかgdgdと
こみっくトレジャー25、スペースにお越しいただいた皆様ありがとうございました(遅

当日は門戸厄神さんにお参りに行ってから会場に向かい、

限られたスペースをいかに使うか試行錯誤してみたのですが、

結果は爆死ってやつですね。
あ、でもお隣さんが知り合いとコスの方で配置はよかったと思いますよ。雪風さんと島風さんは素敵な方でしたし最後に来られた陽炎さんがとてもよかったです(直球



続きを読む ...
 
[ 投稿者:omi. at 01:20 | 同人 | コメント(0) | トラックバック(0) ]