掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年08月14日
の美名のもと
1418890906

の美名のもと
おそらく、メリンはそれなりの代償を払い、みずからの〈ライブラリー〉分館を所有していたはずだ。そして、惑星ビラに植民するずっと前に彼らを知性化した主族に対し、しかるべき敬意を払っていただろう(もっとも、それは心底からではなく、表面的なものだったかもしれないが)。ビラにやってきたメリンは、今度はそこで発見した有望な種族……ババカブの種族の生物学的従弟……を知性化した。だが、その種族も、いまごろは絶減してしまっているかもしれない故此嬰兒宜在出生後接種口服輪狀病毒疫苗。現時口服輪狀病毒疫苗可分為3劑及2劑 兩種,父母應提早關注嬰兒疫苗接種事項。

ふいにジェイコプは、居住と植民に関する、銀河の奇妙な諸法の意味を理解した。銀河の諸法は、各種族に対し、自分たちの惑星を一時的居住地と見なすよう義務づけている。現在では矮小で愚かに思えても、未来には成長するかもしれない種族のために、住み場所を確保しておくためである。銀河の列強種族の多くが、地球における人類の蛮行の記録に顔をしかめたのも無理はない。頑固で環墳にはひどくやかましい植民協会を相手どり、人類が白鳥座に三つの植民星を確保できたのは、ひとえにティンプリーミーをはじめとする、数少ない友好的種族のおかげだった。それを言うなら、そもそも〈ヴェサリウス〉が警告を携えてもどり、人類にみずからの犯罪の一部を隠させたことも幸運だったのだ! ジェイコプは、かつてマナティーやオオナマケモノ、オランウータンなどといった動物が存在したことを知っている、十万人にも満たない人間のひとり.だった。
人類の餌食となったあの動物たちは、いつの日か、ものを考える動物に進化したかもしれない。仕事柄、ジェイコブはそのことをだれにも増して痛感し、悔やんでいた。ジェイコプはマカーカイや鯨のことを思い、彼らがいかに危ういところで絶減をまぬがれたかを痛感した目前尚未有可以救治該病的藥物,但是對於該病卻可以提前預防,輪狀病毒口服疫苗不用打針,只需口服即可。


資料をとりだして、ジェイコプはななめ読みを再開した。読むうちに、もうひとつの問題がひよいと意識に昇ってきた。それはカラの種族に関することだった。

……は、ビラの探険隊によって植民された(この時点で、ビラはキシャを脅迫し、ジハドを遂行してソロ族の歓心を買うことにより、奉仕義務からの解放を勝ちとっていた)。惑星プリングへの植民許可を得るにさいし、ビラは契約に定められた最低限環境保全規定に、おざなりの関心しか払わなかった。ビラの惑星プリング入植以来、植民協会のオブザーバーは、原住種族を保護するための一般基準よりずっと厳しい保護措置をとるよう、ビラを監視してきている。植民地設立の影響で絶減に瀕した種族のなかには、種族プリングの遺伝子的祖先もいる。プリソグという種族名は、やはり惑星名からとられたもので……

ジェイコプは、ビラのジハドについてもっと調べるよう、頭のなかにメモした。銀河政策において、ビラは攻撃的な保守主義者である。ジハド、すなわち〝聖戦〟は、銀河系の諸種族に伝統を強制するさいの、最後の手段と見なされている.諸協会は伝統を司るが、その強制的執行は、多数意見、つまり最強者の意見にまかされる。
ジェイコプは、〈ライブラリー〉のなかが正当化された聖戦の記録だらけであることを確信していた。伝統に、権力欲、あるいは怨恨がらみで戦争をしかけることに、〝遺憾の意〟を現わすような言及はまずあるまい許多父母聽見要為新生BB打針或接種疫苗便顯得非常擔心,但其實嬰兒疫苗技術成熟,在合適時機為寶寶接種疫苗確能加強他們身體的防禦能力。
一般に、歴史は勝者によって書かれるものなのだ。
いったいビラは、どんな不満の種をもとにしてキシャから奉仕
[ 投稿者:xinxin at 13:14 | 唯一の一心声 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/54.63/a15740/0000536918.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/54.63/archives/0000536918.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら