掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ようこそ!!アフリカツメガエル研究室へ!!

アフリカツメガエルはゼノパスとも呼ばれています。
宇宙に行ったり、ペット、大学や研究施設などでいろいろな研究に活躍もしています。


新発見!アフリカツメガエルのエサ ゼノパスのおたまじゃくしにはスピルリナ粉末がいいですよ! 


2009年08月22日
アフリカツメガエルのおたまじゃくしのエサは、スピルリナがいいよ!
spi06

皆さんこんにちは!笑
今日は、アフリカツメガエル ゼノパスのエサについて書いてみます。

親カエルは、浮きえさでいけるのですがおたまじゃくしは、けっこういけてないのです。

アフリカツメガエルのおたまじゃくしには、いつもケール100%無農薬、無着色の粉末青汁をあげています。

が、もっといいエサがあるはずと探していました。
クロレラも候補にあがりましたが値段がちょっと高すぎ〜〜!

そこで、スピルリナの登場!! じゃじゃ〜ん!。
試しにおたまじゃくしにあげると、すごい 焼肉屋に入った中学生のように食べるのです。

そして、食べ終わったあと水を見るとまたびっくりきれいなのです。
後は、クロレラよりも消化吸収にすぐれている!

アフリカツメガエルのおたまじゃくしを飼っているひとは、一度スピルリナ試してみるといいですよ!

今は、6センチのおたまじゃくしを目指しています。

スピルリナを使ってみたい方には、1kgをお届けできますよ!

アフリカツメガエル研究室 本館 スピルリナのページ
[ 投稿者:ゼノパス at 12:59 | おたまじゃくしのエサ | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2009年08月18日
アフリカツメガエルたちも夏休み。ゼノパスの休日
090818u

アフリカツメガエルたちも孵化後、3ヶ月近くたちました。
ゼノパスのおたまじゃくしも足が出て、手が出てカエルに変身しました。

世間では、夏休みですね! カエル達にもアカムシのご馳走をあげました。

おたまじゃくしもいるので、ケールでつくった青汁もあげます。
あと1ヶ月するとみんなカエルになります。

たぶんすごいことになります。笑

アフリカツメガエル研究室

[ 投稿者:ゼノパス at 11:51 | アフリカツメガエル飼育記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月28日
ウサギみたいなアフリカツメガエルもいるよ。
090728u

アフリカツメガエルは、黒っぽいカエルが多いいけど、
ウサギみたいに真っ白なカエルもいるよ!
ちなみにアルビノといわれています。

エサをよく食べるので体長は7センチくらいになりました。
まだ、卵は産みません。
かわいいおたまじゃくしが早くみたい〜ひよこ

ゼノパスのアルビノを飼っている人いたらコメントくださいませ。
スイカ

アフリカツメガエル研究室 本館もよろしく!
[ 投稿者:ゼノパス at 17:14 | アフリカツメガエル | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月23日
おたまじゃくしからカエルになったよ!
090723

アフリカツメガエルは、ゼノパスとも呼ばれています。
おたまじゃくしからカエルになりました。
エサも青汁から固形の浮きエサに替えます。
両手を使ってパクパクと口にエサをほばります。
1年くらいすると卵を産めるようになります。ひよこ

飼育は、水の交換とエサをあげるだけなので
金魚並みに簡単です。
笑
[ 投稿者:ゼノパス at 16:41 | アフリカツメガエル飼育記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月10日
わが家のアフリカツメガエル ゼノパスたち 孵化後2ヶ月
090710bu

アフリカツメガエルの卵が孵化してから早いもので
約2ヶ月がたちました。
子ガエルたちは、冷凍アカムシをおいしそうに食べています。

このまま、大きくなったらにぎやかになりそうです。
晴れ

[ 投稿者:ゼノパス at 15:53 | ペット | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月06日
アフリカツメガエル ツボカビ マスコミ報道のあり方
アフリカツメガエルのツボカビについての報告がありました。

2009年6月
ツボカビ対策委員会の調査の結果
1) 日本国内には古来より多様なツボカビが広範囲において生息している可能性が極めて高いこと
2) 日本国内のほぼ全ての両生類が既に耐性を獲得している可能性が極めて高いこと
3) 過去にツメガエルが放流された自然池において、他の両生類の大量死の報告は存在しないこと
日本国内において、アフリカツメガエルがカエルツボカビ菌の媒介者として、他の多くの両生類の絶滅を導く可能性は極めて低いという結論に至りました。 今後とも、時期尚早な結果発表や行き過ぎた報道などにより、研究や教育に大きな被害をもたらすことが無いよう十分に注意を払う必要があります。

引用先アドレスhttp://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~ehkurod/xcij/news/tsubokabi.html
これから、アフリカツメガエルを安心して飼育できるようになりそうです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ゼノパス at 09:08 | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月02日
初投稿です~。
af

アフリカツメガエル研究室 別館 本日オープンしました。
皆さんよろしくお願いいたします。

アフリカツメガエル研究室

あおいフロッグショップ ゼノパス専門店
も別館同様よろしくお願いいたします。
[ 投稿者:ゼノパス at 14:40 | ペット | コメント(0) | トラックバック(0) ]