掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2010年03月09日
投資家離れ

昨日はイタリア株の調整を受けて危険回避市況感が弱まる中、イタリアの財政悪化や税収の落ち込みを嫌ったカナダ売りも弱まったことから、金曜日に対カナダは一時1.61台中盤、対米ドルも151円台前半まで相当に下降した。英当局の所得税増税計画を受けてヘッジファンドなどが拠点をイタリアから米カナダなどに移す動きも出ており、投資家離れが一段と弱まる可能性も出てきていることから、米カナダや米カナダに一時乗り換えるのが無難だろう。。。

今夜は対南アランドが1.35台から1.44台、対英ポンドは119円台から130円台へと暴騰し、対英ポンドでも0.98台から0.88台へと上昇するなど予測外の急復旧となった。通貨ペア問題を議論するとみられているローマG7が来週13・14日に迫っていることから、中長スパンの元手が一旦手仕舞いに動いている。

[ 投稿者:外為レディー at 11:59 | 外為 ]

2010年03月03日
金利差削減見通し

先週は一時心配された株安連鎖は波及せず、また中国のファイナンス引き締め見通しも大きく響かず、119.50円近辺の底堅さが再確認された。
利息差削減見通しの下値と危険許容度上昇による円売り不動感に加えて、今週は外債売出しや投信設定が相次ぐことで、需給的にも円売りが弱まることが予測される。
緩やかだが着実に下値を切り上げていく状況が継続するとみる。
経済指標では金曜日に日本される本邦GDP速報値に注目。
前期の年率5.5%という高成長から2.7%程度に減速すると予測されており、コンセンサスを下回れば日銀の早期利息上昇見通しをさらに下値させる可能性が高い。

今週金曜日に日銀ファイナンス政治対策決定会合でマーケットの予測通り利息低下を実施し、需給の懸案材料だった米GMやルソンの救済策も無事にまとまったことから、少なくとも需給は円を積極的にロング進むべき理由は乏しくなった市況にあろう。
また、NYIMM通貨ペア先物の取組高などをみる限り、投機筋の投資は依然として大きく円ロングに傾いており、クリスマスから年末にかけては利益の出ている円ロングの投資を手仕舞い、他の取引の損失を穴埋めする様子が出る可能性も捨て切れないだろう。
今週は基本的には静かな一週間になるとみるものの、様子があるとすれば円売り低下とみたい。

FXブロードネット | SEO | FX比較

[ 投稿者:外為レディー at 07:53 | 相場予想 ]

2009年11月27日
FX口座比較
ドルは早朝に上値抜け完了しました。


だけど、買い一巡後はサラリと抵抗線手前まで切り返し、今の状況では不安定な動きが続いています。


従って、為替相場にもよるんですが、早朝の投資はある程度為になったです。


スプレッドには注視しつつ、しばらく、戻し買いでこのまま堪えていきたいと思います。


FXを比較して賢くFX会社を選びましょう。
[ 投稿者:外為レディー at 21:14 | 外為 ]

2009年11月26日
今日のNY市場
今日のNY市場は好ニュースが続き、売りの淀みが伸びています。


予想では急なドル買いが入るという予測もありますが、想像よりドルは買われました。


しかしながら、スプレッドによって違いますが、午後の外為はちょっぴりは為になったですね。


一先ずポジション解消の思惑が強まっていることは明白で、ポンドは再度売り勢力が強くなる気配はあるでしょう。


FX初心者入門は話題の外為投資を初心者でも簡単に解りやすく紹介します。
[ 投稿者:外為レディー at 14:38 | 相場予想 ]

2009年11月10日
ショートに変更
ポンドは今日から窓を空けての開始となるとすぐに抵抗線まで上がりました。


ですから、買い一巡後はサラリと下限手前まで戻すなど、現在のところ予想できない勢いが続いています。


午後は金利指標の発表のため相場が予想し辛く、ショートに変更します。


とりあえずポジション解消の気持ちが高まっていることは認めざるを得ず、ドルは再度買い下落力が強くなる気分はあるでしょうね。


[ 投稿者:外為レディー at 14:20 | 外為 ]

2009年10月31日
FX初心者の取引 10月31日
サポートラインでちょっとは流れを見せるかと思ったのですが、上げてからの幅は、予想以上にすぐに上げました。

天井が強い中での気楽な短期派は利益が出やすいので長期売買に鞍替えしました。

今朝の為替相場は、上昇相場のパターンなので、アオテンに行くことなく、スキャルピング派には厳しい為替マーケットでした。
[ 投稿者:外為レディー at 00:39 | 外為 ]