掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2013年08月25日
中華民国と中華人民共和国
中華民国と中華人民共和国。
日本と地理的に近いことから、歴史的に古くからの交流がありました。
中華人民共和国は現在の中国の正式名称ということは分かります。
中華民国は名前は似ているけど、中国ではないということも分かります。
名前は似ているけど、何か違いはあるこの2つの国。
その違いはなんでしょうか?
中華民国は、現在の台湾を指しています。
1912年に辛亥革命において作られた、アジア最初の共和制国家で、戦前は現在の中華人民共和国が中華民国でありました。
しかし、1946年に南京国民政府と中国共産党による政治への見解の違いで国共内戦が起こり、南京国民政府が敗北しました。
南京国民政府は政府の拠点を台湾に移し、台湾国民政府を成立したことで、後の中華人民共和国と対立するようになり、現在でもその関係が続いております。
政治的な問題から台湾代表がオリンピックやW杯などの大会に参加する場合は、「中華民国」ではなく「中華台北」(チャイニーズ・タイペイ)と名乗って参加します。

中華人民共和国は日本でいう中国の正式名称です。
世界最大の人口と世界第3位の面積を持つ国として有名です。
黄河や長江などの主要河川があり、それぞれ黄河文明、長江文明があったことから歴史的にも古いと感じます。
しかし意外に国としての歴史が浅く、1930年から日中戦争をはさんで断続的に行なわれていた内戦で、中国人民解放軍が中華民国国軍に勝利をし、1949年に中国人民解放軍を指示していた中国共産党が、一党独裁国家である中華人民共和国を樹立したのが始まりです。
国内で何度か政治的混乱の時期がありましたが、沿海部の経済開放地区を中心に長い成長過程に入りそのまま持続して、現在では世界第2位の経済大国になりました。

中高年 元気
[ 投稿者:balance at 12:30 | 訊けない話 ]