掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年08月23日
シーガルのポピュレール FD−100
これからはタイトルを分かりやすく書こうと思うんですが、多分続きません。
シーガルは上海のカメラメーカーで、一眼レフはミノルタクローンを長年作り続けている老舗のカメラメーカーです。
シーガルは一眼レフよりも二眼レフとしてのイメージが強くありまして、二眼レフがOEMでTEXAR名で、ビックカメラではシーガルとしても売られていたのも懐かしいです。当時、まだヤシカが現行品でしたから古い話といえば古い話です。

シーガルはコラーニデザインのDF5000というモンスター一眼レフがあるので特別に印象深いメーカーですが、カメラとしてはこれといって魅力があるわけもなく手にすることもあるまい、と思っていたのですが「んんん!?」と思うものがまた一台出てきました。
DF−100、という機種で、露出計が省かれた1/2000シャッター搭載機です。
かつて、日本のメジャーブランドのフラグシップ(高級)機には露出計など機能を省いた廉価版、ポピュレールモデルがありました。
この廉価版は当時のハイアマチュア、カメラ通の人たちに人気があったそうで、そういうハイアマチュアは、いや批判するわけではないのですが、「露出計などに頼っていては写真が上手くならないんだよ」などと真剣に語っていたりしていたらしいです。そうです私の父です。
正直、うちのカメラは露出計がなかったので非常に不便でした。
まあ、話が逸れてしまいましたが、シーガルにもポピュレールがあり、それもかなり近年のものだというのがとても興味深く一筆書き留めておこうと思ったわけです。
DF−100の用途、目的、カタログの位置は不明ですが、天体観察などバルブ撮影には電池が入っていない非電動カメラの方が良いでしょうね。


シーガルともう一つ、Phoenix(鳳凰)はケンコーでもOEMがあり最終的にニコンマウントの1/4000シャッター(コパル)搭載機があったのは記憶に新しいところ。
街角のDPEの「写真屋さん45」でオリジナルのブランドをつけて売っていたこともありました。カメラを買うとずーっとフィルムがただになるという特典付きだった記憶ですが中古カメラ店でいくらでも中級機が安く買える日本で、随分勇気ある商展開でしたね。安いとはいってもレンズとセットだと結構なお値段だったはず。

[ 投稿者:山下全裸大将 at 20:28 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/50.70/a02423/0000557522.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/50.70/archives/0000557522.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら