掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年05月05日
複製芸術が芸術土俵に上がるまで100年くらいかかる
メリエスの月世界旅行はオリジナルフィルムが無く、現存するフィルムにはいろいろなバージョンがあるというのだが、女工さんによる手彩色版がオリジナルであったのは恥ずかしながらさっき知った。
ハリウッドで突然流行って20年くらい前に廃れたCG彩色のモノクロ映画はメリエスを踏まえて観るとまた違った感想を持ったように思う。うっかりバカにしちゃったよ!
メリエスのカラー作品は筆と絵の具の手彩色で、しかも専門の300人態勢の女工さんによる結構な産業であったというのも驚きであった。だが、当時の世情には詳しくはないのだが、封切りしたとたん、あっというまにフィルムのコピーが氾濫してしまい、メリエス自身はあまり儲からなかった…という現代と同じような無許可コピー問題を抱えていたという…。

また、一代社長にありがちなのかもしれないが、自らの作り上げた方法論に固執して世の中の変化を見誤ってしまう。それを認めずに事業を拡大してしまったうえ、市の区画整理で拠点の劇場を失うという不運も重なったのである。
経営は傾き、ついには会社の破綻で映画製作に絶望したメリエスの手で全ての作品(フィルム)が燃やされたのだという。

とするとオリジナルフィルムは存在しないわけだが、現在コピーを含めて200本あまりの作品が残されているという。
おそらくメリエスの再評価のたびに、世界中で古道具屋や潰れた映画館、好事家の屋根裏などから発掘、発見されて200本にもなったのだろうが、オリジナルは燃やされてしまっているとすると、多くは当時のコピーフィルムなのであろう。皮肉にもメリエスを苦しめたとされるフィルムのコピーによってメリエスの作品が後世に残されたのだとすると皮肉というより寓話的であり、なんかもう色々考えされちゃいますね。

工業製品のカメラなども世界中でコピー製品が横行していたわけだが、とくにライカ型のカメラはドイツが戦争で負けてから著作権フリーとなり、世界中で堂々とコピー機が造られた。それが故に世界中に互換性のあるアクセサリー、交換レンズが潤沢に手に入り、最も汎用性のあるシステムになったといえる。
コピー製品のおかげで21世紀に入っても造られているというのは考えようによってはすばらしい話だ。

あともうひとつ蛇足、百鬼夜行図という、日本の中世に描かれた想像上のゴースト達のパレードを描いた傑作がある。
これは原本は消失しているが、世界中で百鬼夜行図は鑑賞されて展示保存されている。
それらはすべて原本からの模写、コピーなのである。

うーん深い話だった…。さて、メリエスに話を戻すと、メリエスの活動期間は実質16年だったという。
16年という時間は一人の男の人生の中では決して長くはないが、ひとつの流行のサイクルから見て大成功を収めた活動期間として16年は十分長いとも思える。
もしもの話だが…もしメリエスの劇場が現代に残っていたら、メリエスの子孫によって見世物小屋のようなスタイルを今でも守って営業していたのかもしれないな、などと想像するとちょっとわくわくした。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:山下全裸大将 at 21:21 | 本を読む | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年12月16日
本を読む、ページをめくる所作
10849723_769914689752169_4739448082685216090_n

昔スキャンした本のpdfファイルをプリントした。
買った本を画像ファイル化し、それを又紙に印刷すると出来上がった本は複製コピーになるんでしょうか?買った本なのにコピーっていわれるとなんか釈然としないですが、コピーなんでしょうねこれ。
オリジナルは大きく重いので一回り小さくしてみたら非常に快適。だが平体がかかってしまった…
新書版か文庫本サイズでもよかったかも。
[ 投稿者:山下全裸大将 at 17:15 | 本を読む | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月21日
マンガやDVDを友達に借りたら著作権侵害に なったらいやね
世界の独身貴族ことさとうさんが図説 世界の「最悪」クルマ大全を早速貸してくれた。ありがとう。

貴賎の差無くロールスロイスからインドのタッタまで世界中の自動車に噛み付いた狂犬のような本である。まったくイギリス人って奴は…
10数年程前、神足なんとかとさいばらりえこの恨ミシュランという、有名飲食店を当たるを幸いに次から次へとこき下ろし罵倒した本があったが、それに似た印象。

世間的に大人と見なされて30年近く経つが、有名レストランと呼ばれるところに入った事が無く、本に出てくる店という店、料理という料理全てまったく知らない残念な人生を送っているのだが、もともと食にあまり興味を持っていないからでもある。
適当にしょっぱければオッケーなのである。
でも恨ミシュランで取り上げられた店とメニューには、銀行かなんかにおいてある雑誌のグルメコラムよりもよっぽど興味が涌いたのは事実である。如何に貴重で厳選された食材でつくられ、それがどのように繊細な味わいであるか?なんて、ヒトによってはどーでもいいことなのである。ひどい。
よって高級ブランド品を見下し侮辱した恨ミシュランに快哉を送っていたのかもしれない。うーん、われながらゲス。

まあ、それはそれとして図説 世界の「最悪」クルマ大全、1車種2ページ見開きで、文章は片側1ページとパラ読みに最適、何処からでも読める。
一読して気がついたのだが、非常に地味、且つかっこわるい車がずらり並ぶのだが、なんとミニカー化されている車が多いのである、ざっと見た感じだが出ている車の半数以上だ。それもホワイトメタルなどではなくダイカスト、当時のメジャーなメーカーで。
少々デキが悪いほうが印象深いのか?
どんな理由でモデル化されたのであろうか?当時としても「何故これが?」というほのかな疑問は持ったものだが改めて実車の写真を見ると「よくもまあモデル化したなー。」というくらい不細工であったり地味であったり。
ミニカー化されたなかで一番不細工なのはマーコス・マンティスだろう。ミニカーも相当で薄っペラな赤メタリックのボディー、大きなスピードホイル、スケールも中途半端な大きさ、買った人が周りにいないのでちゃんと見た事が無いくらいマイナーであるが天下のコーギー製であった。実車の写真ははじめてみた。なんと4人乗り、マーコスのファミリーユースカーだった模様で、そこからして間違っているようにも思えるが、他にもいろいろマズかったため総生産数32台という、この失敗でマーコスは店を畳んだ由。それがなぜかメジャーでマスプロダクションのミニカーになって売られたわけである。これは酷い。
地味のチャンピオンは仏ディンキーの名品といってもいい出来のクライスラー180。ミニカーもたまらなく地味だが実車もこれでもか!という程地味である。実車の写真はこれもまたはじめて見たのだが、タイヤホイールとボディーのバランスがちょっと印象と違うものの質素な感じといいディティールといいディンキーのは実に名品。実車もそうだったようだが可もなく不可もなく、そこがいい。
PICT0771.jpg
なんでもコンバーチブル化するNewrayから
クライスラータービンカーは先の180ともども「少しは採算を考えろ」のコーナーに(ちなみにマーコスは「とにもかくにもひどい」のコーナー)。
この車、ジェット燃料を使うというのは知らなかった。そうかー、ジェット燃料じゃあねえ。
当時、一年のテスト後スクラップになった。という記事を見て「なんともったいない事を…」と思っていたのだが、絶版で売ってないフォーマットのフィルムを使うカメラのようなもので、使いたくても使えない代物だったのだ。
それにしても、これだけ子ども受けしそうなスタイルで、なおかつ有名な車にもかかわらず、当時なぜかダイカスト製ではモデル化されず、21世紀にようやくダイカストモデル化されたのは不思議だ。現役時代は意匠使用料とか著作権がアレだったのであろうか?
[ 投稿者:山下全裸大将 at 19:33 | 本を読む | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2010年09月29日
10月からが大変なんだ
何故そこまで、とも思うのだが、強力なキラーコンテンツとなったけいおん。最終話が無事臨時ニューステロップなく終わり「ああ、今年の夏が終わったのだ。」と云う気分を新たにさせてくれた。
おもえば夏になった頃、というか2期がはじまった7月、お茶の水楽器屋さんでお客のギター少年がジャラジャラと弾いていたのが2期、第一話冒頭シーンで唯が弾いていたフレーズであった。もちろんCDにもなっていない。
『こりゃそうとうだな。』と思ったものである。
ちなみに、その曲はたぶん6thかなんかでけっこう難しい。耳コピ挫折したままであった。またやろう。

けいおんはマンガ原作なのだが、原作がヒトアシ前に終了した。潔いというベキなのか、大人の事情なのかよく知らないのだが高校卒業とともに終わってしまった。夏なんだけども。

けいおんはもうひとつ同人のけいおんがある。同人世界には暗いのでよく知らなかったのだが、実力派の人気作家が描いている重たいけいおんの世界も、この夏にまた終わっている。
その作家の「みっくるんるん」という朝比奈ミクルを題材にした短編で初めて知ったのだが、いったんそれを読んで仕舞うと朝比奈さん、朝比奈さんは、もう朝比奈さん!アナタはどうしてそんなに朝比奈さんなんだ!?と思わず逆上してしまわずにはおれない程説得力があるのである。蛸壺屋は。

掲示板などでも「蛸壺屋を読んだせいでけいおんがけいおんじゃなくなってしまった」というような書き込みを見かける。
しかし、むしろそれが本当のけいおんなんじゃないか?蛸壺屋を読むとそんな風にも思えてくるのだ。
そう、蛸壺屋がそっくり重ね合わせた世界ではもう唯はいないのである。唯はひとりきりで失禁しながら死んでしまった。それはホテルのデジタル時計の数字だけが見ていたのである。
享年25歳だった。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:山下全裸大将 at 05:46 | 本を読む | コメント(0) | トラックバック(0) ]