掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年09月01日
逆さに見るという風俗
いつものところでいつものように雲を見た。体が硬いので実際にはやんないが、逆さに見るとどうだろうか?
C1ver4_L1000249 2.jpg
地球の写真を思い出した。なるほど、逆さにすると地上から見た風景は上空から見たようになるんか。
そういえば!デッサンとか彫塑とかも、鏡に映して逆像を見てバランスを確かめたりするので、まあなんだ逆さに見てみるというのはなんかの知恵で、なんかの意味があるのじゃろう。
さらに、そういえば!ちょんまげの旅人風の男が、又のあいだから景色を見ている(らしい)小さな木彫りのお土産もんがあったのだが、家を壊したときに捨ててしまったようで見つからなかった。...ちょんまげの旅人にその秘密があるとも思えないからまあいいか。焼酎を飲んでしまってもう考えられない。
C1ver4_L1000257.jpg
ビルばっか
こう云うのを撮るとデジの情報量はフィルムよりもまだもう一歩足らないようなかんじ。
[ 投稿者:ぢ at 00:48 | 雲のファイル | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年08月29日
雷雲に神也、落雷に雷獣来る
C1ver4_L1000147.jpg
雷獣というのがいたそうで、雷が落ちたところに行ってみると言うとその獣が死んでいたと言う。
その昔に書かれた絵で見るとイタチのアレンジもののようであるが、現代ではコレはハクビシンではないか?というのである。
まだプレミアムカルピスも無い時代の子供の頃の図鑑では珍しい生き物のような扱いであった記憶もあるのだが、21世紀では人家の屋根裏で暴れてみたり、糞尿を大量に溜め込んで天井を腐らせてしまい、しまいには駆除されるような身近な動物になっておるらしい。
生態もふとしたことが判っていないとか、外来種であったのか在来種であったのか、はたまた分類も未だに論争のあるらしく、その辺にゴロゴロいるにしては不思議もかかえた生物のようである。
で、この間、女房が「かくかくしかじかな獣を見ましたよ、防衛庁の脇で。」というのである。それには「顔に白い筋があり、大変目立ったのです。」などともいう。
防衛庁の脇と言うと、ここで何度か書いた河童坂などもあり、昔っから狸、獺の類いが人を化かすというのだが、その昔にしたって紀州徳川藩の巨大施設があったところだから寂しいようなところとは思えない。まあ、見ました。と真顔で言うのだから、どうやらハクビシンはホントにいたのだろう。このあたりも案外何でもいるなあ、と感心した次第。

Ultron28mmf2
[ 投稿者:ぢ at 20:59 | 雲のファイル | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年08月28日
夏を惜しんでたものは正直に手を挙げろ
夏の終わりを惜しんでいたら久々にねっとりとした夜になった。暑い。うんざりザリガニ!ああ、メグちゃん32歳もこの夏限りだった、もう見ることが出来ないのだなあ。
しかしまあ全般、朝晩は過ごしやすくていい夏だった。
毎年同じところしか行かないが、今年の海もよかった。

環境はどんどん悪くなっている、もう死ぬ、おまえらは死ぬぞ、そら死んだ、と、何処を見ても恐ろしげなことばかりが目に入るのだが、とりあえず目の前の自然はヒトに優しい。朝、海にはいって腰の辺りのところをぶらぶら歩いていたら海藻が揺らめいている、よく見たらイカだった、じっと見ていたら目が合ったのでビックらこいた。初めて生イカを見た。
P8210150.JPG
それはそれとして、今日はカメラを持って出なかった、何となく後ろ髪を引かれていたのだが突発的な豪雨は怖いから持って出る気にならなかったのだ。
夕方、雨が上がって雲がすうっと晴れた。ほんの一時のことだった、何の気無し脇にそれて日銀の官舎の前に出ると建物と建物の間に入道雲が立ち上っていた。
積乱雲マニアに人気のある縦長でスタイルのランクはAA+、もりもりしたボリューム、粒だち、大きさも十分で高さは10000m級だ(たぶん)。
やはり積乱雲は雲の王様である、ギターでいうとギブソンスーパー400とかグレッチのホワイトファルコンであり、ティッシュでいうとクリネックス、飲み物でいうならプレミアムカルピスというところであろうか。写真が撮りたかったけど、目で海馬に記録すると脳内麻薬が出たらしくいい気分になった。
P8210158.jpg
このランクはB-。夕焼けになるともっとポイントが高くなるが...。
[ 投稿者:ぢ at 23:36 | 雲のファイル | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月28日
本日のショー:夕焼け  出演:雲 ゲスト:丹沢
二夜連続公演の気象現象ショーは客がいなくてガラガラ、さすがに初日のインパクトはない。
L1000183c1-4.jpg
M8が手元にあってよかった。偽ホロゴンは安心して撮れるし、1/8でブレてない写真が撮れるからなあ、これでシルエットがビルじゃなく、ボインの、おっとこんな時間か。
L1000197c1-4.jpg
Ultrawide 12mm
Orthostigmat 35mm
[ 投稿者:ぢ at 19:33 | 雲のファイル | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年06月06日
おれが本気だしたらこんなもんじゃねえとすごまれた
絞って使う季節がやってきた。ホコリ取りはマメに、逆光は程々に、だ。
L1002865c1-4.jpg
朝の晴れ間には粗暴な太陽が顔をのぞかせ、容赦なく脳天を灼かれるのだった。今夏は暑いという、それはもう熱いらしい。早朝までとは別人の本気の太陽さんはおっかないみたいである。
それはそれとして
最近のレンズを、このところ全く使っていないものだから、基準が常識的なところから大きく外れてしまっているのである。シャープだね、とか、せんが太いだのホソイだのの基準にしてるものってなんすか?
L1002852c1-4.jpg
L1002852c1-4 3.jpg
Aarauswitar 50mm / Steinheil Orthostigmat 35mm
[ 投稿者:ぢ at 13:56 | 雲のファイル | コメント(0) | トラックバック(0) ]